« GPシリーズ ロシア杯 プルシェンコの帰還 浅田真央はGPFに出ない方が五輪シーズンには吉→NHKスポ報は現在進行している浅田真央のNスペ用密着取材を縁起が悪いから辞めてくれ | トップページ | 浜鍋@北海道 »

2009-10-31

ロシアに青森産品売り込み

北海道・津軽限定ネタ。
 津軽三年味噌
のCMを知らない人にはたぶん受けない。
河北新報より。


青森県産品、ロシアで人気集める

 青森県は、8~11日にロシア・ハバロフスク市で開かれた食品などの国際見本市「中小ビジネス2009」の出展結果をまとめた。展示即売した県産品のうち、完売する商品もあるなど好評だった。
 県内からは食品製造業「カネショウ」(弘前市)の「ハチミツ入りりんご酢」や、みそ醸造業「かねさ」(青森市)の「顆粒(かりゅう)みそ汁」など5品目を出展した。
 ハチミツ入りりんご酢は、500ミリリットル入りを日本円で約2700円で即売したところ、期間中に120本を完売。1食分当たり約90円の顆粒みそ汁は、用意した5000食分のうち、3500食分が売れた
 県は「予想以上に日本の食文化が浸透し、県産品も『安心できる』などと評判が良い。今後、輸出拡大が期待できる」と話している。

2009年10月31日土曜日

ポイントは
 「かねさ」の顆粒味噌汁を5000食分持ちこんだら、3500食分が売れた
って辺り。フリーズドライ味噌汁は、お湯を注ぐだけでいいから、簡単だし、袋から出さない限りは味噌のにおいもしないし。
「かねさ」といえば
 津軽三年味噌
である。最近は「津軽三年味噌」と言って売ってないみたいだけど。
で、この
 顆粒味噌汁
というのは、「かねさ」の沿革によると
 1978年 新製品「フリーズドライみそ汁」のテストプラント完成。
だそうで、以来30年以上の歴史がある。

長期熟成した津軽の赤味噌が「津軽三年味噌」なのだが、関西ではほとんど見掛けない。で、
 100円ショップに「かねさ」の商品が出ている
ことがある。関西で「かねさ」と言っても知らない人多数だから、そんなに売れてないみたいだけど、
 ふるさとの訛りなつかし
というわけで、見掛けたらたまに買っている。

「かねさ」のサイトで「三年」で商品検索すると、出てくるのは次の顆粒味噌汁だけと言うところが何だな。


 ひいふうみそ汁 わかめ 赤みそタイプ C52

三年間じっくり寝かせた赤味噌に豆味噌をブレンドしました。

家で昔使っていたのは、地元の醸造会社の味噌だったんだけど、火事で工場が焼けた後、復活しなかったかなんかで、しばらく次のメインの味噌が決まらなかった。「かねさ」の津軽三年味噌(いまは「無添加 元祖津軽味噌」として売ってるのがそうなんじゃないかな)は、メインの味噌に少量混ぜて使う味噌だったように記憶している。
 

|

« GPシリーズ ロシア杯 プルシェンコの帰還 浅田真央はGPFに出ない方が五輪シーズンには吉→NHKスポ報は現在進行している浅田真央のNスペ用密着取材を縁起が悪いから辞めてくれ | トップページ | 浜鍋@北海道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46629319

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに青森産品売り込み:

« GPシリーズ ロシア杯 プルシェンコの帰還 浅田真央はGPFに出ない方が五輪シーズンには吉→NHKスポ報は現在進行している浅田真央のNスペ用密着取材を縁起が悪いから辞めてくれ | トップページ | 浜鍋@北海道 »