« 季節性インフルエンザワクチンを接種する | トップページ | 博士宰相鳩山首相は「学術に理解」はウソ? 民主党概算要求見直しの余波 科研の2種目が締切目前の今になって募集停止 »

2009-10-17

涼香の季節

三条通りのJAのアンテナショップには、今の時期、果物がたくさん廉い値段で置いてある。
いま気に入ってるのは
 和歌山産蜜柑1袋150円
で、Sサイズの蜜柑がぎっしり入っていて、うっかりすると、すぐ食べきってしまう。

蜜柑の横に
 涼香の季節
という見慣れない、ネーミングセンスが今一の青森産の林檎があった。なんか、源氏名みたいな変な名前の林檎だな。
わたしが一番好きな林檎は
 サン陸奥
なんだけど、林檎が破壊的に不味い関西では、最近全然見掛けない。林檎の色としては袋掛けで育った陸奥のピンク色が一番好きだ。関西は梨(サンドペア)と柑橘類はおいしいんだけど、なんであんな酷い林檎をみんな平気で食べているか謎である。林檎は、囓るとバキッと音がして、口の中に果汁が迸る鮮度じゃないとなあ。

ググってみると、涼香の季節は1999年に品種として届けられた偶発実生の林檎だそうで、品種として確立してからまだ10年目、林檎不毛の地関西で見掛けないのは当然かも。
Szk
三条通りのJAでは1袋200円で4個入っていたので、試しに買ってみた。
色は、袋掛け陸奥のピンク色をもっと濃くしたような紅色、肉質は堅い。味は中途半端だな〜。たぶん、買った林檎の肥料のやり方の問題かと思う。枝で熟させると蜜が入りやすい品種らしい。

|

« 季節性インフルエンザワクチンを接種する | トップページ | 博士宰相鳩山首相は「学術に理解」はウソ? 民主党概算要求見直しの余波 科研の2種目が締切目前の今になって募集停止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46507630

この記事へのトラックバック一覧です: 涼香の季節:

« 季節性インフルエンザワクチンを接種する | トップページ | 博士宰相鳩山首相は「学術に理解」はウソ? 民主党概算要求見直しの余波 科研の2種目が締切目前の今になって募集停止 »