« Winny裁判 高裁は逆転無罪 NHK京都局の記者が弁護妨害(その3)朝日・読売も報道 | トップページ | とんでもないところではまる »

2009-10-09

北朝鮮から中国との国境にサリン入りの風が吹く

何が起きている? 北朝鮮。
朝日より。


中朝国境でサリン検出 北朝鮮から風吹く時に2回

2009年10月9日3時5分

 【瀋陽=西村大輔、ソウル=牧野愛博】中国軍の特殊部隊が昨年11月と今年2月、遼寧省丹東周辺の北朝鮮国境付近で、空気中から猛毒のサリンを検出した。中国当局関係者が明らかにした。実験か事故があった可能性があるとみて、軍が監視を強めている。
 関係者によると、特殊部隊は演習を兼ねて、定期的に空気中の化学物質を調査していた。北朝鮮側から風が吹く時に調べていたところ、1立方メートルあたり0.015〜0.03マイクログラムのサリンが偶然検出された。中国軍が航空機で無毒化する薬品を散布したとの情報もある。
 サリンは戦前のドイツで化学兵器用に開発された神経ガスの一種。殺傷能力が極めて高い。95年のオウム真理教による地下鉄サリン事件では多くの死傷者を出した。
 毒性が強く、軍事演習での使用は考えにくいが、何らかの実験をしたか、保管もしくは移送中に事故が起きた可能性がある。丹東に近い北朝鮮・新義州には、軍事目的と疑われる化学工場がある。
 韓国の08年版国防白書によると、北朝鮮は80年代から生物化学兵器の生産を開始。現在、2500〜5千トンを貯蔵している。その詳細は不明だが、北朝鮮はサリンの原料となる化学物質を輸入したことがあり、米韓両国は北朝鮮がサリンを保有していると判断、対北朝鮮戦に備えた共同作戦計画に化学防護作戦を盛り込んでいるとされる。砲弾に仕込むのが一般的で、日本を射程に収める弾道ミサイル「ノドン」にも搭載できる。ただ、熱に弱いサリンを大気圏再突入時の熱から防ぐ技術は、現在の北朝鮮にはないとも言われている。

昨年11月〜今年2月の3カ月の間に
 偶然、2回もサリンが検出された
ってことだけど
 偶然2回
というのも変だし、
 それ以前も漏れていたのでは
と普通は考える。しかも
 中朝国境地域でこの程度のレベルが検出される
ということは
 北朝鮮国内にある発生源周辺の惨状
は、考えるだに恐ろしい。たぶん
 サリン漏れで、北朝鮮では多数の死傷者が出ていた
はずなんだが、北朝鮮の医療体制および
 秘密保持
ということを考えると、サリン被害者は
 まともに治療もされず、放置されて死亡
したのではないか。

|

« Winny裁判 高裁は逆転無罪 NHK京都局の記者が弁護妨害(その3)朝日・読売も報道 | トップページ | とんでもないところではまる »

コメント

「中国当局関係者がなぜリークしたのか?」も気になりますね。

投稿: Ikegami | 2009-10-09 11:21

昔松本サリン事件の時、発生させた当人の会社員が生き延びるはずが無いから犯人は北朝鮮の工作員に違いないと思った。結局オウム真理教が犯人だったと知れた暁には「おお北朝鮮、疑ってスマンかった」と思ったものだが、今回のニュースでなんだやっぱし疑われても当然だったのか、北朝鮮。あの時スマンとか思ってえらい損した。

投稿: 昭和の遺物 | 2009-10-11 23:59

実際に作ってるという証拠が出たわけだが、さて次はいまどきどこでどう使うつもりで作ってるのかが問題だな。最新のサリンテロ被害国としてはおおいに気になるところだ。

投稿: 昭和の遺物 | 2009-10-13 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46436229

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮から中国との国境にサリン入りの風が吹く:

« Winny裁判 高裁は逆転無罪 NHK京都局の記者が弁護妨害(その3)朝日・読売も報道 | トップページ | とんでもないところではまる »