« 台風18号でJR・近鉄止まる@奈良→順次運転を再開 | トップページ | キンレイ「和歌山中華そば 井出商店」の再現度 »

2009-10-08

Winny裁判 高裁は逆転無罪 NHK京都局の記者が弁護妨害 一審公判中に「弁護側は的外れでお前は間違いなく有罪になるだろうが、NHKに出して世間の同情を集めさせてやるから、単独インタビューに応じろ」→NHK京都管内の方、担当記者の名前をご存じだったらご教示下さい

47氏こと金子勇氏がWinnyを開発した廉で、
 著作権違反に問えるかどうか
が争われていた裁判の第二審で
 逆転無罪判決
がいいわたされた。ここは続くトンデモ事件と繋ぐ意味でも
 NHKニュース
より。


「ウィニー」開発者 逆転無罪

10月8日 12時37分
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を開発した東京大学大学院の元助手が、映画などの違法コピーを手助けした罪に問われた2審の裁判で、大阪高等裁判所は「元助手がソフトの悪用を勧めたとまでは言えない」として1審の有罪判決を取り消し、逆転で無罪を言い渡しました。
東京大学大学院の元助手、金子勇被告(39)は、ファイル交換ソフト「Winny」を開発し、ホームページで公開したことが、映画やゲームソフトの違法コピーを手助けしたことにあたるとして、著作権法違反のほう助の罪に問われました。金子元助手は「ソフトの悪用を開発者の責任にされたのでは技術開発ができなくなる」などと無罪を主張しましたが、1審の京都地方裁判所は3年前、罰金150万円の有罪を言い渡していました。8日の2審の判決で、大阪高等裁判所の小倉正三裁判長は「コンピューターソフトの提供が罪に問われるのは、違法な使用を積極的に勧めたような場合に限られる。金子元助手はソフトが悪用される可能性は認識していたが、悪用を勧めたとまでは言えない」として、1審の有罪判決を取り消し、逆転で無罪を言い渡しました。この事件をめぐっては「コンピューターソフトの開発者は悪用された場合の影響まで考える責任がある」といった意見がある一方、「どのような場合に罪に問われるのか基準があいまいで技術開発が萎縮(いしゅく)しかねない」といった声も上がっていました。無罪の判決を受けた金子元助手は会見で「事実を正確に認識した、いい判断だったと思う。この判決で開発者が罪に問われる基準を明確に示してもらい、わたしだけでなく、ほかの技術者も技術開発がしやすくなったと思う」と話していました。大阪高等検察庁の太田茂次席検事は「無罪判決は意外であり、きわめて遺憾。判決内容を精査し、適切に対応したい」というコメントを出しました。事件の捜査を行った京都府警察本部生活経済課の担当者は「高裁の判決にコメントする立場にないが、捜査は厳正に行われたと考えている」と話しています。

さて、この裁判の京都地裁での一審を取材して、上記記事にも関わったと思われる
 NHK京都局の記者
が、地裁で公判中の金子勇氏に対し
 弁護側の主張は間違っていて、「罪を免れないのは間違いない」けれども「NHKで釈明すれば、たぶん世間の同情を得られるから、単独インタビューに答えろ」
という、
 被告と弁護団との「離反をはかる」弁護妨害を行った
上に、
 NHKの利益のみを主張した無礼かつ世間的常識から著しく逸脱した手紙を金子勇氏に送っていた
ことが、担当された壇俊光弁護士のblog「Attorney-at-law」の、高裁判決を控えた10/6記事につぶさに書かれている。
この裁判に興味があり、かつ
 NHK京都局記者の非常識振りを知りたい
と思われる方は、是非以下をご参照下さい。
 2009年10月 6日 (火) ブログとメディアと

いや〜、
 NHK京都の担当記者
とんでもね〜。
 取材してるだけのくせに、自分が裁判官気取り
かよ。
で、
 厚顔無恥なこの記者は、この後も裁判の取材を平気で続け、地裁判決時も最前列で取材していた
そうだ。
 刑事被告人相手なら、何をしても許される
とでも、思い上がっているのか、NHK京都局記者。

で、NHK京都管内の方にお願いするのですが、この
 担当記者名
をご教示頂けると有り難いです。たぶん、
 夕方の「京いちにち ニュース610」でこの裁判の担当記者
として出てきた人物なのではないか、と思うのですが。
地裁判決から時間が経っているので
 NHK京都局の担当記者はひょっとするとAKにご栄転
しているかも知れない。
 弁護妨害になっても、取材することが一番重要で、それがNHKでの出世の要件
ならば、NHKは
 司法などは、報道より重要性が劣っているとして、平気で踏みにじっている「公共放送」
ということになる。
 

|

« 台風18号でJR・近鉄止まる@奈良→順次運転を再開 | トップページ | キンレイ「和歌山中華そば 井出商店」の再現度 »

コメント

これ、その気になれば、恐喝で告発できるんじゃないですかね?金子博士の担当弁護士さんが冷静かつ理知的な方でこの犬HK記者は本当に良かったね。

投稿: masamasa | 2009-10-08 19:31

このNHK記者絡みの強引な報道の問題

非常識な記者の手紙の写しとか顛末含めて
ネタに飢えてる週刊誌辺りに流してみればいいのに・・・。

相手はNHKだし容赦なく料理してくれるかもw

投稿: おばQ | 2009-10-08 21:38

この弁護士の先生のブログに追記が出てますね。
「特定のメディアを攻撃する気はない。こちらの労をねぎらってくださればよいです」という旨のお言葉が。いや、なんと心の広い方か・・・。こういう人に私はなりたい。

投稿: masamasa | 2009-10-09 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46429247

この記事へのトラックバック一覧です: Winny裁判 高裁は逆転無罪 NHK京都局の記者が弁護妨害 一審公判中に「弁護側は的外れでお前は間違いなく有罪になるだろうが、NHKに出して世間の同情を集めさせてやるから、単独インタビューに応じろ」→NHK京都管内の方、担当記者の名前をご存じだったらご教示下さい:

« 台風18号でJR・近鉄止まる@奈良→順次運転を再開 | トップページ | キンレイ「和歌山中華そば 井出商店」の再現度 »