« 民主党の驕り 後期高齢者でご闘病中の「天皇陛下を政治利用」中共の「皇太子」習近平との会見をごり押し(その2)「関係各所に電話してみました」@12/11 | トップページ | 小沢一郎、訪韓時に「日本古代の支配者は朝鮮半島から来た」といまだに騎馬民族征服説信者であることを告白@12/13付韓国・中央日報 »

2009-12-14

民主党の驕り 後期高齢者でご闘病中の「天皇陛下を政治利用」中共の「皇太子」習近平との会見をごり押し(その3)宮内庁「陛下のご体調がすぐれない」と断ったのを小沢訪中の「手土産」としてごり押し 中国側は「1カ月ルール」破りを認める 露払いは習近平夫人率いる人民解放軍歌舞団オペラだった→鳩(兄)「天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく」と体調不良を伝えた宮内庁をガン無視

やはり
 ご高齢で治療を続けられている陛下のご健康を損なってでも「小沢一郎の利権を守る」ための「会見ごり押し」
だった模様。
共同より。宮内庁は
 陛下のご体調がすぐれない
と、断っていたのをごり押しした。


天皇会見、いったん困難と伝達 小沢氏訪中控え転換か

 天皇陛下と中国の習近平国家副主席との15日の特例会見をめぐり、会見発表の2日前にあたる9日の時点で、日本政府が中国側に「陛下のご健康がすぐれず、会見に応じるのは難しい」と伝えていたことが分かった。複数の日中関係筋が14日、明らかにした。首相官邸は陛下のご体調に配慮していったん見送りの方向になったが、急きょ転換した。訪中を控えた民主党の小沢一郎幹事長らの意向が反映された可能性もある。

 7日に羽毛田信吾宮内庁長官が平野博文官房長官からの会見設定の要請を断った後、宮内庁幹部は官邸側に「陛下の健康状態が万全ではない」と説明したという。鳩山由紀夫首相もこれを受けて、見送るべきだとの判断に傾いたとみられる。

 ただ10日には平野氏が再び羽毛田氏に会見実現を指示し、翌11日の設定発表につながった。

 関係筋によると、複数の中国当局者は11月下旬から今月上旬にかけて、会見には1カ月前までの正式申請が必要となる「1カ月ルール」を守らなかったことを認めながらも「日本政府が中日関係の大局に立ち、会見を実現するよう期待する」と特例的な措置を求め続けた

2009/12/14 10:11 【共同通信】

やっぱり
 天皇陛下は傀儡だから、オレの好きなように操れる
と、
 小沢一郎は勘違い
しているようだな。
なおかつ
 天皇の健康? そんなもの関係ない。這ってでも、習近平(次期主席候補)と会見しろ
という、
 中国側の傲慢
も透けて見える。そういや、
 習近平の夫人率いる人民解放軍歌舞団のオペラ公演
に、皇太子殿下を担ぎ出したんだっけね。11/11付産経より。


「木蘭」日本公演始まる 中国副主席の妻が監督
2009.11.11 23:22

 中国の習近平国家副主席の妻、彭麗媛さん(46)が芸術総監督を務める中国歌劇「木蘭詩篇」の日本公演が11日、都内の学習院大のホールで行われ、中国で古くから伝わる物語を題材にしたオペラに約1千人が見入った。
 この日は招待客向けの舞台で皇太子さまもご観覧。木蘭詩篇は、体の弱い父親の代わりに娘が男に扮(ふん)して従軍し、戦場で知り合った兵士と恋に落ちるストーリー。ディズニー映画「ムーラン」のモチーフにもなった。
 中国で国民的ソプラノ歌手でもある彭さんが団長の人民解放軍総政治部歌舞団が歌劇を演じ、指揮者の堤俊作氏が率いる日本の楽団ロイヤルチェンバーオーケストラが演奏を担当している。
 一般公演は13日の東京文化会館を皮切りに、16日に札幌市教育文化会館、19日に東京オペラシティで行われる。

これも
 皇室の「政治利用」
だが、この当時はあまり話題にもなっていなかったっけ。

で、共同の淡々とした記事。


習副主席がきょう訪日 抗議活動の懸念も

2009.12.14 09:07

 中国の習近平国家副主席(中国共産党内序列6位)(56)が14日午前、3日間の日程で日本を公式訪問するため北京を出発する。
 次世代リーダーの最有力候補として対日重視をアピールする狙いだが、>中国政府が天皇陛下との特例会見を強引に要求したことが日本で反発を招いており、訪問先で抗議活動が起きる懸念も出ている。
 日本滞在中は鳩山由紀夫首相と会談するほか、岡田克也外相や与野党の党首とも会談。東京のほか福岡も訪れる。
 日本に続いて韓国、カンボジア、ミャンマーも訪問する。(共同)

共同配信記事だから
 懸念
とかいう腰の引けた書き方になっているが、まあ普通に抗議活動はあるでしょう。

続き。(11:28)
やっぱり
 ママにたくさんお小遣い
を貰ってる首相は
 高齢者に対する感覚
が常人と異なっている。
産経より。


「間違ってない」と鳩山首相 陛下と中国副主席の会見問題に
2009.12.14 10:06

 鳩山由紀夫首相は14日朝、天皇陛下と中国の習近平国家副主席の会見を特例措置として指示したことに政府内からも批判が出ていることについて、「日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある。私は判断は間違ってなかった」と述べ、正当性を強調した。首相公邸前で記者団に答えた。
 首相は「本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく」と述べた。

ええと
 日中関係をさらに未来的に発展させるために大変大きな意味がある
って、モロ
 天皇陛下を政治利用しました
ってことじゃん。頭は確かか、鳩(兄)。で、
 本当に大事な方であれば、天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく
って、
 立ったり座ったり出来る以上は、官邸の言うことを聞いて、会見しろ
ってことね。
 人として、高齢者に対する一般的な敬意
すら欠如しているのが丸わかりだな、鳩(兄)。

|

« 民主党の驕り 後期高齢者でご闘病中の「天皇陛下を政治利用」中共の「皇太子」習近平との会見をごり押し(その2)「関係各所に電話してみました」@12/11 | トップページ | 小沢一郎、訪韓時に「日本古代の支配者は朝鮮半島から来た」といまだに騎馬民族征服説信者であることを告白@12/13付韓国・中央日報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47018838

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党の驕り 後期高齢者でご闘病中の「天皇陛下を政治利用」中共の「皇太子」習近平との会見をごり押し(その3)宮内庁「陛下のご体調がすぐれない」と断ったのを小沢訪中の「手土産」としてごり押し 中国側は「1カ月ルール」破りを認める 露払いは習近平夫人率いる人民解放軍歌舞団オペラだった→鳩(兄)「天皇陛下のお体が一番だが、その中で許す限りお会いになっていただく」と体調不良を伝えた宮内庁をガン無視:

« 民主党の驕り 後期高齢者でご闘病中の「天皇陛下を政治利用」中共の「皇太子」習近平との会見をごり押し(その2)「関係各所に電話してみました」@12/11 | トップページ | 小沢一郎、訪韓時に「日本古代の支配者は朝鮮半島から来た」といまだに騎馬民族征服説信者であることを告白@12/13付韓国・中央日報 »