« 「蓮舫」軍にディズニーランドと比較された陸自広報施設「りっくんランド」が俄然人気スポットに | トップページ | 木簡学会@12/5〜12/6 奈良 »

2009-12-07

「有機農法」の死角 輸入牧草に日本で使用されてない農薬が含まれていると牛糞に排出されて堆肥が「禁止農薬入り」に

「有機農法」で「堆肥」を使ってます、「堆肥」は牛糞などからつくられた「安全な堆肥」です。。。
なとどいう「有機農法」のうたい文句が
 時に死角になる
ことが明らかになったニュース。朝日より。


有機農法なのに農薬被害 除草剤、輸入牧草通じ牛堆肥に

2009年12月7日0時52分

 国内では使われていない除草剤が輸入牧草を通じて国内の牛の体内に入り、その牛のふんや尿から作った堆肥(たいひ)を使ったトマトやキクが生育障害を起こしていたことを、畜産草地研究所などの研究グループが突き止めた。有機農法や資源利用型農業として利用促進されている堆肥で想定外の汚染が起こる可能性が示された。
 グループによると、長野県や愛知県などのトマトやミニトマト、キクの生産農家の一部で2005年ごろから、牛の堆肥を使うと葉がちぢれたり、実が細長くなったりする生育障害が起きることが問題になった。
 当初は原因不明だったが、堆肥から日本では使われていない植物ホルモン系の除草剤のクロピラリドが検出され、これで栽培実験すると同様の障害が起きた。また、北米などからの輸入牧草からも微量に検出された。牧草は、干し草が束ねられ輸入される。
 クロピラリドは、人間を含め哺乳(ほにゅう)類には無害で欧米などでは使われているが、残留期間が長く、日本では認可されていない。
 農林水産省は因果関係が疑われた06年、都道府県に牛の堆肥の大量使用で生育障害の恐れがあることを通知。その後、クロピラリドが含まれる可能性がある堆肥の判定法などの対策マニュアルを作り、畜産草地研究所を通じて今年公開した。

 農水省によると、クロピラリドの被害と思われる例は、06年に5県で9件報告されたが、それ以降は確認されていないという。(本多昭彦)

クロピラリド被害は、07年以降日本では確認されてないということで、一応この件は収まったみたいだけど、今後もこの手の
 日本では認可されてない残留農薬等が輸入飼料等を通して、堆肥を汚染する事例
というのは、出てくるかもね。
 堆肥なら「みんな自然」
なわけではなく、
 その堆肥を作った生き物が「何を食べていたか」
までチェックしないといかんわけですね。そこまでやっている「有機農法」って、かなり限られるように思う。

|

« 「蓮舫」軍にディズニーランドと比較された陸自広報施設「りっくんランド」が俄然人気スポットに | トップページ | 木簡学会@12/5〜12/6 奈良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/46956926

この記事へのトラックバック一覧です: 「有機農法」の死角 輸入牧草に日本で使用されてない農薬が含まれていると牛糞に排出されて堆肥が「禁止農薬入り」に:

« 「蓮舫」軍にディズニーランドと比較された陸自広報施設「りっくんランド」が俄然人気スポットに | トップページ | 木簡学会@12/5〜12/6 奈良 »