« フジテレビ「映画公開記念ドラマレジェンド のだめカンタービレinヨーロッパ 完結への序章~第1夜」@12/18 22:00〜23:52 | トップページ | 超あやしい敦煌写本(その2)小説のような実話 李盛鐸の息子の母は日本人で日本労働運動先駆者の高野房太郎夫人だった横溝菊子 帝国大学教授の権威と経済力 »

2009-12-20

超あやしい敦煌写本

昨日の研究会は
 超あやしい敦煌写本
について、中国から研究者がみえて発表された。
亜東書店のサイトにちょうどよい紹介が出ているので、一緒に載せておく。


10215219 輔行訣五蔵用薬法要伝承集

[梁]華陽隠居陶弘景撰/張大昌/銭超塵主編/
学苑出版社
2008年 9月
ISBN: 9787507730975
A5大/624p(図版32p)/精装
6,982円(税込)

《輔行訣五臓用薬法要》一巻は敦煌蔵経洞に収蔵され、1918年に張偓南氏が取得、孫である張大昌氏に伝えられた。原巻は文革中に失われたが、抄本が中国中医研究院に寄贈され、1998年に江蘇古籍出版社出版の《敦煌医薬文献輯校》に収録された。本書は、張大昌氏の入室弟子と私淑の弟子の抄本21篇と関連論文23篇を収録する。カラー図版32頁。(簡体字横組)

一番のポイントは
 原本は文革で失われた
ってところ。そして
 研究しようにも原本もちゃんとした写真版もない
上に、
 21種類伝わっている「写本」がそれぞれ変な風に異なっている
という、あやしさ爆発の敦煌文書なのである。

昨日の発表で明らかにされたところでは
 旧蔵者の孫の張大昌氏の話では「ペリオがフランスに敦煌文書を盗んでいったときに、たまたま運搬係として雇われた道士が、その中から数巻を手元に残した、という触れ込みで祖父(張偓南)に売りに来たのを買った」のが『輔行訣五臓用薬法要』
という「伝歴」だそうで、のっけから
 あやしさぷんぷん
なのである。その後、更に明らかにされたところによると
 張大昌氏の話というのが、それを聞いた弟子によって内容が微妙に異なる
そうで、あやしさ倍増である。

問題は
 あやしいんだけど、どうも所々に唐以前の古い薬方が含まれているように見える
ってところで、
 全巻偽作と考えるのも難しい
わけ。果たして
 どのくらいアウト
か、というのが焦点になってくる。

昨日は
 完全にアウトの部分
についての発表もあった。張大昌氏が
 付け足した部分
で、四つの処方が明らかにそうだ、という。で、この
 完全にアウトの四方
は、ちょっと古い敦煌医薬関係の輯本には入ってないけど、比較的新しい輯本には堂堂と翻刻されているので、注意しなくてはならない、という話である。

|

« フジテレビ「映画公開記念ドラマレジェンド のだめカンタービレinヨーロッパ 完結への序章~第1夜」@12/18 22:00〜23:52 | トップページ | 超あやしい敦煌写本(その2)小説のような実話 李盛鐸の息子の母は日本人で日本労働運動先駆者の高野房太郎夫人だった横溝菊子 帝国大学教授の権威と経済力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47065124

この記事へのトラックバック一覧です: 超あやしい敦煌写本:

« フジテレビ「映画公開記念ドラマレジェンド のだめカンタービレinヨーロッパ 完結への序章~第1夜」@12/18 22:00〜23:52 | トップページ | 超あやしい敦煌写本(その2)小説のような実話 李盛鐸の息子の母は日本人で日本労働運動先駆者の高野房太郎夫人だった横溝菊子 帝国大学教授の権威と経済力 »