« ココログサポートがココログログインと連動してない件 | トップページ | 鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れる »

2010-03-10

京大 強制猥褻事件で逮捕された工学部学生(18)を放学処分

大学にはそれぞれ学風があるが、京大の場合は
 人権重視
が根底にあることになっている。所謂社会的弱者に対する配慮を欠かさないのが、京大の姿勢ということになっていた筈で、障碍学生への対応は、その一例だった。
学内の女性の人権に対してはどうか、というと、これは
 アカデミズムの世界が男社会
であることを反映して、以前はあやふやな部分があって、セクハラ事件が起きたりしたのだが(現在はかなり改善されていると聞く)、
 性犯罪
については2006年1月のアメリカンフットボール部の不祥事が起きるまで、
 よもや学生が性犯罪に手を染める
とは考えていなかった節がある。

で、今回のニュースとなる。読売より。


京大、わいせつ容疑逮捕の18歳・1年生退学

 京都大(京都市左京区)は9日、準強制わいせつ容疑で京都府警川端署に逮捕された工学部1年の男子学生(18)を放学(退学)処分にした、と発表した。
 京大によると、学生は昨年6月8日、女性に対してわいせつ行為をしたとして、12月に逮捕された。同署の調べに容疑を認めたという。大学は、学生が少年法に基づく手続き中とし、「被害者の要望で詳細な説明は控えたい」としている。
 西村周三副学長は記者会見で「学生がこのような事件を起こしたことは誠に遺憾。被害者と家族に心よりおわびする」と陳謝した。

(2010年3月9日23時04分 読売新聞)

大学からも正式に発表されている。


学生の懲戒処分について (2010年3月9日)

 本学は、準強制わいせつ容疑で逮捕された工学部1回生を、本日付けで放学処分としました。

 これは、平成21年6月に発生した事件について、本日開催の学生懲戒委員会において審議し、当該学生を京都大学通則に定める「学生の本分を守らない者」として、処分を決定したものです。

 このような事件が再び起こったことは誠に遺憾であり、今後もさらに人権の大切さの周知徹底を図るなど、こうした事態が二度と繰り返されることのないよう努めてまいる所存です。

処分内容

 工学部1回生を、京都大学通則第32条に定める「学生の本分を守らない者」として、平成22年3月9日付けで同通則第33条に定める放学処分とする。

処分理由

 当該男子学生は、平成21年12月に準強制わいせつ容疑で逮捕された。今回の事件は、女性の人権を踏みにじった卑劣な行為であり、決して許されるものではない。本学としては、今回の事件の事実関係等について調査を行い、慎重に審議した結果、当該学生を放学処分とすることとした。

2006年の事件があるまでは
 性犯罪で放学
どころか
 学生の放学処分
ということ自体ほとんど皆無に等しかったのだが、驚天動地ともいえる事件の後、京都大学通則の見直しが行われた。大学の発表で
 このような事件が再び起こったことは誠に遺憾
とあるのは、
 京大生である以上、最低限の社会的ルールを守れるという信頼
が、性犯罪という最も情けない形でたった3年後に裏切られた嘆きと驚きを示している。というか
 まさか二度と性犯罪で捕まる京大生は出ないだろう
と、大学当局も、京大関係者も信じたかったんですがね。よく京大は身内に甘いと言われるけれども、それもこれも
 京大に所属する者への信頼
があった上の話だった。こう頻繁に信頼を裏切る事件が起こるようだと、悪い方に変わって行かざるを得ないだろうな。

ともかく、
 京大生が性犯罪
というのは、
 京大の常識を踏み外す、OBにとっても大変に恥ずかしい不祥事
であり、実に嘆かわしい。近々恩師にお会いする予定があるのだが、たぶんこの話が出てきて、天を仰ぐことになりそうだ。

続き。(10:50)
京都新聞が少し詳しく書いている。


京大生が女性宅侵入、わいせつ 川端署、容疑で逮捕

 京都大工学部1年の男子学生(18)が、準強制わいせつの疑いで川端署に逮捕されていたことが9日分かった。京大は同日、学生を放学(退学)処分とした。

 京大や捜査関係者によると、学生は昨年6月8日、京都市内にある10代の女性の部屋に侵入し、睡眠中の女性の体を触ったとして、昨年12月1日に準強制わいせつの疑いで同署に逮捕された。容疑を認めたという。
 京大は学生の逮捕後、工学部に調査委員会を設けて学生と面談し事実関係を確認したが、大学の呼び出しを一度無視するなど、「反省の度合いが十分でない」(大嶌幸一郎工学部長)とし、最も厳しい処分にしたという。京大は同日夜に会見したが、「被害者のプライバシーを守る」「加害者が未成年」として事件の詳細は明らかにしなかった。
 京大は、2006年3月に集団女性暴行容疑で逮捕されたアメリカンフットボール部元部員の学生3人を、昨年2月に強制わいせつ罪で有罪判決を受けた男子学生を、それぞれ放学処分している。
 京大では他にも大麻取締法違反容疑で学生が逮捕されるなど不祥事が続いたため、昨年4月に今回処分を受けた男子学生も含む新入生を対象に、人権尊重や薬物乱用禁止を訴えるオリエンテーションを行っていた。西村周三副学長は「事件を繰り返さないよう、人権の大切さを周知徹底したい」と謝罪した。

あ〜あ、
 大学からの呼び出しを一回無視
したのか。そりゃ、あかんわ。
 未成年かつ判決前に放学とは随分重い処分だな
と思ったが、
 弁明の機会を与えられたにも関わらず、それを一度無視して、話を聞こうとしていた工学部教授会の顔に平気で泥を塗った
わけで、重い懲戒処分を科されるのはしょうがないな。京大では、学生を一人前として扱うけど、それは先生方には敬意を持って接するという基本的な関係が成立しているという前提あってこそのことで、
 学生がエライ
わけではないのだ。それすら理解出来ない学生が入学していることがショック。
 未成年だから何やっても名前が出ない
とタカをくくっていたとかだったら、更に救いがたい。

それと
 去年、強制猥褻で有罪の学生が一人放学処分
になってたのね。いやはや。そうすると、大学の発表した
 このような事件が再び起こったことは誠に遺憾
とあるのは、
 去年も一人放学になったが、一年も経たずにまた逮捕者が出た
ということですか。堪りませんね。

なんだか知らないけど、京大に入学すると
 自分はとってもエライ、親をこき使うくらい平気、何をやっても許される
と勘違いしちゃう学生が家族も含めて最近は増えているとかいう話なんだが
 そんなに威張れる大学じゃなくなりつつあるぞ
という話も聞くわけで、実に頭が痛い。

|

« ココログサポートがココログログインと連動してない件 | トップページ | 鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47770518

この記事へのトラックバック一覧です: 京大 強制猥褻事件で逮捕された工学部学生(18)を放学処分:

« ココログサポートがココログログインと連動してない件 | トップページ | 鎌倉・鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れる »