« 川合康三『白楽天ー官と隠のはざまで』岩波新書1228 あるいは大綱化と大学院重点化による失われた15年 | トップページ | JR万葉まほろば線で事故 »

2010-03-17

杏雨書屋 特別展示会(4/19〜4/24)・研究講演会(4/24 12:30〜14:30)

恒例の武田科学振興財団杏雨書屋の
 春の特別展示と研究講演会
の案内が来た。


杏雨書屋 特別展示会・研究講演会のご案内(PDF)

第 54 回特別展示会および第 25 回研究講演会を下記の要領にて開催いたし ますので、ご来場賜りたくご案内申しあげます。

第54回 特別展示会
テーマ:「敦煌の典籍と古文書」
日 時:2010年4月19日(月)~23日(金) 10:00~16:00
        24日(土) 10:00~17:00
場 所:大阪市淀川区十三本町2-17-85
武田科学振興財団 杏雨書屋 2階 展示室

※ 杏雨書屋所蔵の敦煌秘笈(唐律疏、戸籍、景教経典 等)を多数展示します。
 展示室を全面改装し、従来より一層ご覧いただきやすくなりました。

第25回 研究講演会
日 時:2010 年 4 月 24 日(土) 12:30~14:30
場 所:大阪市北区中之島5-3-68
リーガロイヤルホテル大阪 2階 山楽の間
TEL (06)6448-1121

演題・講師I『唐宋史料に見る「法」と「医」の接点』
明治大学法学部 教授 岡野 誠 先生

II『杏雨書屋 敦煌秘笈の価値』
東京大学名誉教授・創価大学名誉教授 池田 温 先生

* 準備の都合がございますので、研究講演会ご出席希望の方は 4 月 22 日(木)までに TEL、FAX、E-mail、葉書などにてご連絡をお願いいたします。

T E L : 06-6300-6815
F A X : 06-6300-6034
E-mail: kyou@takeda-sci.or.jp
住 所 : 〒532-8686 大阪市淀川区十三本町 2-17-85
武田科学振興財団 杏雨書屋

前回に引き続き李盛鐸旧蔵の『敦煌秘笈』を買い上げた杏雨書屋が、
 100年振りに日の目を見る敦煌文書を展示
するのが眼目というか、眼福というか。で、講演会では池田温先生をフィーチャーしているという豪華絢爛な展示&講演会である。

お時間のある方は是非。

李盛鐸と『敦煌秘笈』については以下に。
 2009-11-15 杏雨書屋特別展示会・研究講演会@大阪(その2)
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/11/2-7c2b.html
 2009-12-20 超あやしい敦煌写本(その2)小説のような実話 李盛鐸の息子の母は日本人で日本労働運動先駆者の高野房太郎夫人だった横溝菊子 帝国大学教授の権威と経済力
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/12/2-69dc.html

 

|

« 川合康三『白楽天ー官と隠のはざまで』岩波新書1228 あるいは大綱化と大学院重点化による失われた15年 | トップページ | JR万葉まほろば線で事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47833862

この記事へのトラックバック一覧です: 杏雨書屋 特別展示会(4/19〜4/24)・研究講演会(4/24 12:30〜14:30):

« 川合康三『白楽天ー官と隠のはざまで』岩波新書1228 あるいは大綱化と大学院重点化による失われた15年 | トップページ | JR万葉まほろば線で事故 »