« 「マスコミたらい回し」とは?(その160)毎日新聞が製薬会社に広告出稿を要請した文書を最初に報道にリークしたのは誰か | トップページ | フィギュアスケートの病理 引退したばかりの審判へのインタビュー記事“I Would Say 10% of Judges Are Completely Honest”「正直な審判は10%くらい」 »

2010-03-30

NHK「ゲゲゲの女房」に昨日と今日しか出てこない主人公の幼少期を演じる子役の菊池和澄ちゃんが美少女な件

総合での放映時間が
 8:00始まり
となったせいか、初回の視聴率は過去最低となったという、NHKの新しい朝ドラ
 ゲゲゲの女房
だが、昨日と今日しか出てない、主人公(大人になってからは松下奈緒)の子ども時代を演じる
 菊池和澄ちゃん(アミューズ)
が、びっくりするような和風美少女だ。昭和十年代の7歳の女の子という役柄にぴったりな顔立ちで、祖母役の野際陽子(ナレーションも担当)とも息のあった演技を見せている。
 2日間しか出てこない
ので、お早めにチェックを。明日からは少女時代を演じる佐藤未来ちゃんに変わる。

で、
 港の魚問屋に嫁いだ叔母・輝子役
で、久々に
 有森也実
を見た。てか、最初誰だか気がつかなかった。。。

|

« 「マスコミたらい回し」とは?(その160)毎日新聞が製薬会社に広告出稿を要請した文書を最初に報道にリークしたのは誰か | トップページ | フィギュアスケートの病理 引退したばかりの審判へのインタビュー記事“I Would Say 10% of Judges Are Completely Honest”「正直な審判は10%くらい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47948731

この記事へのトラックバック一覧です: NHK「ゲゲゲの女房」に昨日と今日しか出てこない主人公の幼少期を演じる子役の菊池和澄ちゃんが美少女な件:

« 「マスコミたらい回し」とは?(その160)毎日新聞が製薬会社に広告出稿を要請した文書を最初に報道にリークしたのは誰か | トップページ | フィギュアスケートの病理 引退したばかりの審判へのインタビュー記事“I Would Say 10% of Judges Are Completely Honest”「正直な審判は10%くらい」 »