« 「バス」化する航空機 | トップページ | 絶対耐寒フィンランド人コピペ »

2010-03-18

北朝鮮のデノミ失敗で責任者銃殺→追記あり

2009-12-01 北朝鮮、やっぱり突然デノミ
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/12/post-8496.html
2009-12-04 北朝鮮 デノミの次は平壌で外貨使用禁止か
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2009/12/post-2ce2.html
の続き。

いきなりデノミを実施した上、外貨を使用禁止にし、
 人民が溜め込んでいる貨幣を狙い撃ち
にしたのはいいが、当初から言われてたように
 大失敗に終わった
結果、
 責任者が銃殺刑
になったという、あまりにも北朝鮮らしいニュース。読売より。


北朝鮮デノミ失敗で責任者銃殺…聯合ニュース

 【ソウル=竹腰雅彦】聯合ニュースは18日、朝鮮労働党の朴南基(パクナムギ)前計画財政部長が、先週、デノミネーション(通貨単位の切り下げ)失敗の責任を問われ、処刑されたと報じた。

 北朝鮮問題に詳しい複数の消息筋の話として伝えた。

 聯合電によると、朴氏は、デノミ失敗の混乱による民心悪化や、後継体制構築への悪影響などの全責任をかぶせられ、「反革命分子」として平壌市郊外で銃殺されたという。

 朴氏は北朝鮮経済の司令塔である党計画財政部長として、09年11月に実施されたデノミを指揮。今年1月初めまで、金正日(キムジョンイル)総書記の国内視察への同行が報じられていた。

(2010年3月18日12時02分 読売新聞)

旧ソ連や改革開放政策以前の中国では、
 書記長や主席の横に並ぶ幹部達の立ち位置と消滅具合で「失脚」を類推
したりしたのだが、最近は北朝鮮と雖も、すぐにニュースが入ってくるようになったのね。

3/12付産経では、デノミと外貨交換禁止によって起こった混乱が、金正日体制を脅かしている、という観測が報じられていた。


北体制、危機の予兆 デノミ混乱で金総書記が住民集会出席

2010.3.12 22:47

 【ソウル=水沼啓子】北朝鮮内では、昨年実施したデノミネーション(通貨呼称単位の変更)による混乱が現在も続いているもようだ。米の価格は急騰し、餓死者も出ているという。当局は不満を募らせた住民への統制も強めている様子だ。こうした中、金正日総書記が最近、住民集会に出席するという異例の動きも伝えられた。住民の動揺を抑えるためとみられるが、“体制危機の予兆”との見方も出始めている。

 ◇高まる不満
 金総書記は6日、北朝鮮咸鏡南道にある化学繊維工場の完工を祝うため開かれた約10万人参加の「咸興市大衆大会」に出席した。金総書記が、地方での住民集会に姿を現したのは初めてとされる。
 昨年11月末のデノミで住民の生活はさらに悪化したとみられる。今年の施政方針を示す新年共同社説では「軽工業と農業を発展させて、人民生活を向上させよう」と強調している。
 今回、集会が開かれた咸鏡道は土地がやせており、食糧難になると餓死者が多く出る地域だ。北部は中国との国境に接し、韓国など外部の情報が集まる。南部の咸興は反政府的傾向が強く、住民統制が難しい地域とされる。身辺警護に神経をとがらせる金総書記が、咸興の集会にまで行かざるを得なかった背景には、それだけ住民の不満が高まっていることがうかがえる。
 北朝鮮専門家は「北朝鮮の現況はルーマニアのチャウシェスク独裁政権末期に似ている。官製集会は一転、糾弾集会になれば銃口が自分に向く可能性がある。危険性がより高い地域での集会に金総書記が出席したということは、それだけ体制が追い込まれているのだろう」と話した。

 ◇物価が急騰
 韓国の対北関連団体などによると、デノミとともに自由市場も統制されたため、実施直後には1キロ当たり20ウォン程度だったコメの価格が急騰。国営商店では1キロ当たり定価44ウォンとされるが、商品購入が難しく、住民は市場に頼るしかない。“闇市場”では1月下旬に平均600ウォンまで上昇。1000ウォンまで値上がりする地域も現れたそうだ。
 2月上旬に市場が再び解禁されたことで300ウォン台まで下落。しかし平壌では今月1300ウォンまで暴騰したという。
 韓国政府によると、昨年の北朝鮮の食糧生産量は約411万トンで、今年は約130万トンの食糧が不足するとみられる。デノミ後に餓死者まで出たことから、2月中旬には緊急救済用コメを市場に放出したとされる。
 一方、外国人用の商店や食堂などでは1ドル当たり100ウォンの公式為替レートだ。しかし、外貨の闇市場では2月下旬1ドル当たり1200ウォン程度だったのが今月上旬には2000ウォン台まで北朝鮮通貨が急落したという。

 ◇統制を強化
 住民の動揺を抑えるため、北朝鮮当局は統制を強めている。デノミ後、脱北者が相次いでいるが、治安当局は国境を越えようとする者を無条件に銃殺しているとされる。脱北者が運営する韓国の対北放送「自由北韓放送」によると、中朝国境地域で射殺された住民の死体が、国境を流れる豆満江に見られるという。
 脱北や携帯電話の外部との連絡には、死刑など厳罰を科す「民族反逆罪」が2月から適用されている。韓国の対北関連団体が携帯電話を使い最近、北の最新動向を伝えているが、そうした情報流出の遮断のためとみられる。しかし、厳しい弾圧は「逆に住民の不満や反発を爆発させる引き金となる可能性がある」(脱北者)との指摘も出ている。

ひえ〜
 携帯電話で海外と連絡取っただけで「民族反逆罪」で死刑も有
ですか、北朝鮮。相当追い込まれてるな〜。大体、デノミは
 携帯電話で漏れた情報
だった。昨年12/10付産経より。


北朝鮮デノミ情報は携帯での特ダネ 脱北者団体が直接入手

2009.12.10 18:40

 【ソウル=黒田勝弘】北朝鮮では今、当局による突然のデノミ(通貨単位変更)実施が経済や社会を大きく揺るがせているが、今回の“第一報”は韓国の脱北者団体が北朝鮮の内部から携帯電話で直接入手したもので、脱北者たちの対北情報網があらためて注目されている。
 貨幣単位を100分の1にし、すべて新貨幣に切り替えるという今回のデノミ措置は11月30日正午から電撃的に断行された。この情報を世界に先駆け最初に伝えたのは韓国の有力な脱北者組織「NK知識人連帯」1時間前の午前11時ごろ、北朝鮮内の中朝国境地帯に位置する咸鏡北道会寧市在住の“連絡員”が、「正午から実施」と携帯電話で伝えてきたという。
 「NK知識人連帯」の金興光代表によると、中朝国境地帯では中国の携帯電話を持っていれば北朝鮮内から直接、ソウルに電話がかけられる。「国境地帯には脱北者とつながる携帯電話を通じた連絡網があり、今や北内部の出来事はほぼリアルタイムで入手できる」という。
(以下略)

デノミに失敗した上に、秘密にしていたはずの情報があっという間に携帯で漏れちゃったんだから、北朝鮮当局が携帯を取り締まりたい筈である。なおかつ、
 三男 金正銀を後継者にする動き
も加速している現在、いろいろと国外に漏れると困る「対人民情報宣伝活動」があるだろうとは、推測が付く。
なんせ、一度
 金正銀を後継者として宣伝
する任務についていた宣伝部長が解任されたことがわかったばかり。毎日より。


北朝鮮:宣伝部長を解任 正銀氏の神聖化、失敗か

 【北京・西岡省二】北朝鮮の朝鮮労働党で思想教育を統括してきた崔益奎(チェイクキュ)氏(77)が今年初め、党宣伝扇動部長の職務を解かれていたことが分かった。北朝鮮政権に近い関係者が毎日新聞に明らかにした。崔氏は金正日(キムジョンイル)総書記(68)の側近中の側近。金総書記の三男で最有力後継候補の正銀(ジョンウン)氏(26)の神聖化作業を担当していたとみられ、この過程で何らかの処分を受けたとの観測が出ている。
 宣伝扇動部は北朝鮮住民の思想学習や金正日体制の宣伝を担当する党最重要部署の一つ。金総書記は同部の活動を重視し、金日成(キムイルソン)国家主席(故人)の後継者時代には自らが部長を務めていた。最近は正銀氏を後継者にするための思想教育や、たたえる歌「パルコルム(足音、歩みの意)」の普及を主導しているとみられる。
 崔氏は今年1月ごろに処分され、家族とも連絡がつかない状況という。理由は明らかにされていないが、政権に近い関係者は「かなり厳しい処分が下っている。金大将同志(正銀氏)の宣伝活動に絡んで何らかの失敗があったのではないか」と指摘。別の関係者は「正銀氏の後継作業に消極的だったり、次男正哲(ジョンチョル)氏を推すそぶりを見せた可能性がある」と推測している。
 崔氏はもともと演出家で、1954~56年に朝鮮芸術映画撮影所で勤めていた。57年から宣伝扇動部映画課長、72年には同副部長に昇格。金総書記が同部課長を務めていた60年代に親密になり、「金正日氏の映画家庭教師」とも呼ばれた。金総書記は映画の政治的な効果に着目し、崔氏とともに映画製作にかかわったこともあるという。崔氏は宣伝扇動部長のほか、党映画部長や内閣の国家映画委員会委員長も兼任していたとされる。
 朝鮮中央通信は先月21日、前文化相の姜能洙(カンヌンス)氏(86)を「党部長」として紹介しており、「既に崔氏の後任の宣伝扇動部長に就任している」との情報もある。

毎日新聞 2010年3月18日 東京朝刊

しかし、崔益奎だって77歳、その後任に充てられた姜能洙は86歳で、こんな
 老革命家を息子の神聖化に使う
時点で、北朝鮮の人材払底ぶりが窺える。てか、姜能洙の年齢から行くと、実働部隊は別だと思われるんだが、名前を借りてるだけか? で、失敗したら姜能洙も粛清されるだろうから、誰もやりたくない「重責」だよな。失脚した崔益奎が生きているのか、銃殺にならなかったとしても、77歳の老人が強制労働に送られたら、それは確実に死を意味する。「かなり厳しい処分」というからには、
 自宅で幽閉
などという、生やさしい処分ではないだろう。一族全員強制労働辺りか。

で、後継問題がうまくいかなかった場合の金正日の逃げ道は周到に用意されている模様。3/15付読売の報道。


国外逃亡用?金総書記、40億ドルの秘密資金

 【ソウル=竹腰雅彦】英紙デイリー・テレグラフ(電子版)は14日、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記が、国外逃避などの緊急事態用に、欧州の銀行に約40億ドル(約3600億円)の秘密資金を保有していると報じた。
 韓国情報当局者らの話として伝えた。
 同紙によると、資金の大部分は当初、スイスの複数の銀行に預けられていたが、当局がマネーロンダリング(資金洗浄)の規制を強化したため、ルクセンブルクの銀行に移された。さらに別の国の口座に移された可能性もあるという。
 秘密資金は、核兵器やミサイルに関連する技術の売却、麻薬取引、外国通貨偽造などで得た金とされる。韓国情報当局者は、北朝鮮住民が巨額の秘密資金の存在を知れば、体制批判に結びつく可能性があると指摘した。

(2010年3月15日21時19分 読売新聞)

(追記 3/18 10:40)
上記の3/15の報道をルクセンブルクが否定する内容を読売が続報として出す。


金総書記の秘密資金、ルクセンブルクが存在否定

 【ブリュッセル=尾関航也】北朝鮮の金正日総書記がルクセンブルクの銀行に秘密資金を保有しているとする英紙の報道をめぐり、ルクセンブルク首相府は17日、秘密資金の存在を否定する政府見解を公表した。


 政府見解は、「北朝鮮の金融資産の存在を示す手がかりは把握していない」とし、事実関係の調査も不要との立場を表明している。15日付英紙デイリー・テレグラフは、韓国情報当局者の話として、金総書記が、資金約40億ドル(約3600億円)をスイスの銀行に保有し、最近になってルクセンブルクに移送した、と報じていた。

(2010年3月19日06時52分 読売新聞)

(追記おわり)

|

« 「バス」化する航空機 | トップページ | 絶対耐寒フィンランド人コピペ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/47842471

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮のデノミ失敗で責任者銃殺→追記あり:

« 「バス」化する航空機 | トップページ | 絶対耐寒フィンランド人コピペ »