« 4月第2週目から京大文学部の授業が始まっているらしい件 | トップページ | 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』を110円(4/14正午までの特別価格)でダウンロード »

2010-04-09

マスターズとTBSの中継

タイガー・ウッズが復帰戦として臨んだゴルフのマスターズが始まった。
チャンネルを回したら、ちょうど終わるところだったので気がついた。
先ほどまで地上波ではTBSが中継していたが、放送終了の8:15までにタイガーのプレーは終わらなかった。
以前だったら
 どうなったか、気になってしょうがない
となったけど、今は、マスターズのサイトで
 プレーを終了した選手のハイライトシーンの動画が簡単に見られる。
マスターズのサイト。
2010 Masters Golf Tournament
ここにトータルスコアが出ているので、各選手の名前の左に出ているボタンをクリックすると、各ラウンドのスコアが標示され、黄色い枠で10m囲まれたラウンドはハイライトが動画配信されている。


10m2
今日、タイガーは8番と15番でイーグルを取っているが、そのシーンは、手元のパソコンで見られる、というわけだ。

こうなると、
 放送時間外の速報性はwebに劣るテレビ中継の値打ち
が、どの程度のものとなるのか。
マスターズのサイトでは、アメリカ国内ではライブストリーミングも配信されているようだ。日本国内からアクセスすると、エリア外だと判定されて見られないけど。

webでのハイライト配信のよいところは
 出場選手全員のハイライトが配信されている
点だ。テレビ中継だと
 視聴率の稼げそうな選手のプレーしか紹介されない
のだが、webでは、どの選手も平等だ。
マスターズに出場するだけでも大変なのだから、こうした配信はすばらしい。ゴルフは石川遼だけがプレーしてるわけじゃないからな。
もう一つ、
 ハイライト配信は、現地の映像と音声のみ
なので、解説等が不要なヒトには、こっちの方がいいだろう。解説・アナウンス無しで見た方がうるさくなくていいもん。てか、
 あんまり解説にもアナウンスにも価値を見いだせない
のが、日本のゴルフ中継である。今日の放送に関していえば、中島常幸の現役時代の自慢話を聞かされてもしょうがない。

webとテレビの関係は、スポーツに関しては、今後変化して行かざるを得ないだろう。速報性と保存、反復の容易さはwebが圧倒的に有利だ。

|

« 4月第2週目から京大文学部の授業が始まっているらしい件 | トップページ | 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』を110円(4/14正午までの特別価格)でダウンロード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/48036678

この記事へのトラックバック一覧です: マスターズとTBSの中継:

« 4月第2週目から京大文学部の授業が始まっているらしい件 | トップページ | 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』を110円(4/14正午までの特別価格)でダウンロード »