« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その17)赤松農水相 やっと「方向修正」「限られた地域内で予防的殺処分もあり得る」@5/18 農水省での会見 | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その19)赤松農水相、ウイルス疾患の口蹄疫に「ワクチンは菌を打つこと」@5/18 記者会見 »

2010-05-18

人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その18)「今後の報道は赤松農水相の責任を追及せず、拡大の責任を複数の牧場に押しつける予定」

口蹄疫報道がやっと前面に押し出されるようになったが、マスコミの論調は
 宮崎県に責任を押しつける方向
になっている。そういえば、こんな話がありましたね。
 2010-05-09 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から19日間で6万頭殺処分決定のパンデミック規模(その5)怪情報「民主党政権の不手際を隠すため、感染拡大を農場に責任転嫁」の報道を開始?
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2010/05/4201965no-c86b.html

なんかいまの報道姿勢が先々週辺りに出てきた話と合致するので、とってもイヤな悪寒。

こんなうがった見方もある。不良債権問題の解決はヤクザの殲滅から136スレッドより。


359 :闇の声:2010/05/17(月) 08:52:42 ID:4t2xYAJz
昨日平野が宮崎に行ったのは、金を出す代わりに宮崎県側の初動に問題があったと
メディアを使って徐々に世論操作をするからそれを呑めと知事に迫ったとの話がある。
それを呑まなければどうなるか判ってるなと、交付金や今回の出金に影響するぞと
首相がそう言ってるんだと半ば脅しだろうね。
その後で小沢側近から同じ様な話があり、結果的にメディアは宮崎の対応を少しずつ
突いて問題点にするから見ていると良いよ。
そしてその落とし所は自民党農政に問題があり、そのやり方を踏襲してしまった
宮崎県にも問題があり、民主党はその弊害を取り除く為に頑張ったんだと
民主農政の一人勝ちを狙いに行くだろう。
金を出すから腹を斬れと、知事に迫ったのさ。

さて、そううまくいくかな?

|

« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その17)赤松農水相 やっと「方向修正」「限られた地域内で予防的殺処分もあり得る」@5/18 農水省での会見 | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その19)赤松農水相、ウイルス疾患の口蹄疫に「ワクチンは菌を打つこと」@5/18 記者会見 »

コメント

昨日のNHKのニュースキャスターは、やんわりと政府批判を始めていたように感じたんだけど、どう思いますか?
それに、NHKで消毒作業の録画を始めてみた。これは一歩前進だよ。

投稿: UDD日本支部 | 2010-05-18 14:53

宮崎県に責任を押しつけるもなにも、
4/9日に感染疑い例がでていたが獣医の誤診で
口蹄疫ではないとして4/20まで国へ報告しなかった。

宮崎県家畜保健衛生所が見逃したのは3月下旬だそうです。

 ↓

http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20100518-OYS1T00186.htm

<宮崎県が口蹄疫感染見逃す、初確認3週間前>

『宮崎県内で被害が拡大している口蹄疫を巡って、農林水産省が最初の感染疑い例を確認した3週間前の3月下旬、同県家畜保健衛生所が、感染した水牛を診察しながら発生を見逃していたことがわかった。 同省などによると、同県都農町で水牛を飼育する農家から、かかりつけの獣医師を通じ、県家畜保健衛生所に「水牛が発熱している。牛乳の出も悪い」という連絡があったのは3月31日。 この日のうちに同衛生所の職員は立ち入り検査を実施し、4頭の水牛に発熱や下痢などの症状が出ているのを確認した。しかし、「普段の下痢」と判断して口蹄疫の可能性を疑うことなく、通常の風邪の検査をしただけで、同省にも報告しなかったという。』
(2010年5月18日 読売新聞)

投稿: 下北沢 | 2010-05-18 15:04

上の下北沢さんの書き込みにあるのとほぼ同じ内容の報道が朝日新聞夕刊1面にも掲載されていました。
ことの初動に関して県のミスがあったのは事実なのでしょう。
一方で国への報告があった4月20日から5月半ばの今日に至るまで政府が碌な対応を行わなかったことにほとんど言及がないのは片手落ちだと思います。
関連する記事の中で政府や県の対応に問題はなかったかという問いに対して鳩山首相が「一定の部分はあると思う」と答えたという記載がありましたが、報道が行われたタイミングから県の初動ミスが全ての原因だという筋書きがあるようにどうしても疑ってしまいます。

投稿: GaK | 2010-05-18 16:44

>>下北沢様

初動に問題があるのはともかく、パンデミックといわれるまでに被害が拡大したのは、政府と赤松の無為無策と無知が引き起こしたものだと思います。
(あと自民党嫌悪から、江藤議員や古川議員の話に聞く耳持たなかったのも)

ところが、4月以降の政府の動きを詳しく検証する報道機関がなく、宮崎県の初動ばかりを報道する姿勢ばかりで、それが「責任転嫁のようで気持ち悪い」と言う事なのでは?

投稿: 美 | 2010-05-18 16:45

>>下北沢さま
「発熱や下痢などの症状」で口蹄疫を疑わなかったことは、果たして誤診だと本当にお思いでしょうか?
私の感覚ではそれは「数日前からの咳と熱」で、結核とわからなかったのか、と言ってるのと同じようにしか思えません。
ツイッターで霞ヶ関の中の方がこう言及されていますが…
「1例目も6例目も初期の臨床症状では口蹄疫と判断するのは無理で獣医師には全く問題ないと専門家も言及。言われの無い非難です」http://twitter.com/hideoharada/status/14168405792


投稿: ai | 2010-05-18 19:48

≫下北沢さま
疫病の最初の1頭、最初の1人ってそんなものではないのですか?
明らかに異常なそれとわかる症状ならともかく、下痢や発熱だけでいきなり断定しろというのもかなり上から、というか後出しじゃんけんですね。
確定してからだってひと月近く国の対策本部もなかったんですから「何もしてない」といっても構わないのでは?
未だに疫病対策の何たるかを理解していない大臣が財産権とかいってるのが痛いですし。

投稿: すぴか | 2010-05-18 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/48391455

この記事へのトラックバック一覧です: 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その18)「今後の報道は赤松農水相の責任を追及せず、拡大の責任を複数の牧場に押しつける予定」:

» 宮崎県で口蹄疫被害拡大 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
農林水産省と宮崎県は16日、高級牛ブランド「宮崎牛」の種牛などを管理する県家畜改良事業団で、家畜伝染病の口蹄疫に感染した疑いが強い牛を確認したと発表しました。その後、感染が確認もしくは疑われる例の発見が拡大し、処分対象となる牛や豚はこれまでに11万頭以上見つかっている模様です。 ***♪犠牲の牛♪ 遅い初動で被害が止まらない 悲しい友の声は国を恨む 他の県の被害を防ぎたい 生かす希望にすがる時期は過ぎた Wow・・・ 激しい熱にただれるFoot 痛むひづめが赤く染まって 絶... [続きを読む]

受信: 2010-05-19 00:07

« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その17)赤松農水相 やっと「方向修正」「限られた地域内で予防的殺処分もあり得る」@5/18 農水省での会見 | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から27日間でとうとう10万頭を超える殺処分決定のパンデミック規模(その19)赤松農水相、ウイルス疾患の口蹄疫に「ワクチンは菌を打つこと」@5/18 記者会見 »