« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その23)平成12年3月の口蹄疫発生直後の参議院農林水産委員会議事録から窺える専門家のレクチャーを受けない「鳩山素人政権」の危うさ | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その25)防疫と種牛 危機管理のありかた »

2010-05-23

人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その24)殺処分の現場から「地元の怒りは1に国、2に報道」

ワクチン投与による感染拡大防止が始まった宮崎からの声。【国外探して】鳩山民主党研究第542弾【辺野古 割といい案だねと】スレッドより。殺処分に従事されているらしい「中の人」さんの発言は青で。


279 :中の人:2010/05/22(土) 23:21:04 ID:m6K9Furk
地元の自治体はどこも疲弊しています。
職員は、県、自衛隊と協力しながら体制を維持するのが精一杯です。
町も、店は消毒雑巾と石灰。患畜が出たら閉鎖するので立入禁止ばかり。
不急不要の外出を控えるため、誰もいないかのようです。

手弁当の獣医、全国から派遣された農林職員、市町村の応援員、地元消防団。
毎日毎日防疫に従事
しています。
薬を注射された牛が涙を流したんですよ。農林職員が「泣かれるとこちらも辛いよ」と呟いてました。
注射された牛が力尽きるまで、「すまんな。これで楽になろうな」と顔を優しく叩いてた人もいた。
仔牛もいました。酷いのは妊娠した牛。親が息を引き取るとき、腹の中でもがいてるんです。
牛豚の最期の断末魔。農家の方は家から出てきませんが、どんな思いで聞いてるでしょうか。
農家の悦びの中産まれるはずだったのに。正視できません。

地元の怒りは、1に国。2に報道です。
国は赤松大臣の逆撫でするような発言や、総理の我関せずの態度です。
地元が大臣に知って欲しかったのは、牛豚の死ぬ瞬間、処理や消毒作業の壮絶さ、農家の落胆です。
全頭殺処分という重い判断は、その実態を見てから判断すべきです。
マスコミは知事や地元に責任があるかのような物言いです。
誰も知事を恨んでませんよ。最初最前線に立ってきたんですから。
今日どこかの記者が地元に突撃し怒りを買ってましたが、
内紛を招くような物言いは失礼ですので止めて欲しいものです。

295 :日出づる処の名無し:2010/05/22(土) 23:28:46 ID:uH3JF+lN
>>279
マスコミと政府上層部の無関心というか、現場感覚のなさ
戦時中とそっくり同じですな・・・

405 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:21:25 ID:zkIl7yJc
>>279
辛すぎる
なんで、こんなんなったんだ
俺は牛とか豚食うし、どうせ食べるときは殺すし
こんなこと言っても偽善かもしれないけど
心から悲しい
知事の泣いてる会見もみた
言葉がでなかったよ 本当に辛いんだろうな

いろいろな国会中継も見てるけど
野党のひとは顔見てると本当に親身になって
心配している。頭がさがる。

ここでほえることくらいしか出来ないけど
宮崎県の皆さんに心よりお見舞いもうしあげます

348 :中の人:2010/05/22(土) 23:58:42 ID:m6K9Furk
投薬して30秒くらい経つと、牛は足下がふらつき、ドターンと倒れるんですよ。
それから息を引き取るまでの間が、また長くってねえ。。。
処分が進むと、牛の中には腰を抜かすのも出てくるんです。
自分の運命を悟ったかのように。
そう言う牛の頭を無理矢理持ち上げて首に注射して…。
こういう悲劇の量を増やしたのは、処分は信念にそぐわない、処分するが1頭60万、と現地を翻弄した農水相の発言だったわけで。

総理も友愛を尊重したり、狂牛病の狂の字は牛の権利侵害なんてお花畑言ってますが、
その裏で総理は被害を食い止めるために厳しい決断が必要だということ、分かって欲しいものです。
もうとっくに諦めてるけど。

363 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:04:23 ID:UBrQ6T76
>>348
実際文字で見ると悲惨ですね・・・

372 :日出づる処の名無し:2010/05/23(日) 00:06:59 ID:0sp+Vjqk
>>348
>処分が進むと、牛の中には腰を抜かすのも出てくるんです。
>自分の運命を悟ったかのように。

牛は物言わないだけで賢い動物なんだよな、ウチの爺さん婆さんが子供の頃は農機の代わりに牛つかってたから良く聞かされた。
こういう話し聞くと。防疫のためとは言えやりきれないね。

数だけが喧伝される殺処分だが、現場は地獄だ。
それもこれも、
 感染をなんとか封じ込めたい
というために、防疫が続いている。

マスコミは宮崎県を責めているが
 いまだに宮崎県の必死の防疫作業によって口蹄疫の発生が県内だけに留まっていることの凄さ
を全く理解していない。

|

« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その23)平成12年3月の口蹄疫発生直後の参議院農林水産委員会議事録から窺える専門家のレクチャーを受けない「鳩山素人政権」の危うさ | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その25)防疫と種牛 危機管理のありかた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/48432376

この記事へのトラックバック一覧です: 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その24)殺処分の現場から「地元の怒りは1に国、2に報道」:

« 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その23)平成12年3月の口蹄疫発生直後の参議院農林水産委員会議事録から窺える専門家のレクチャーを受けない「鳩山素人政権」の危うさ | トップページ | 人呼んで「赤松口蹄疫」 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から30日間で13万頭殺処分決定のパンデミック規模(その25)防疫と種牛 危機管理のありかた »