« 楽器と手 | トップページ | 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から19日間で6万頭殺処分決定のパンデミック規模 マスコミが流行初期において感染拡大に荷担した疑いも 原因は民主党政権の不作為による人災か 赤松農水相は被害が拡大したGW中陣頭指揮どころか外遊で不在→国からは消毒液の国費補助を約束するも九州に消毒液は支給されず(5/2)→消石灰は漸く確保(宮崎 5/7) »

2010-05-05

黄砂にやられる

昨日あたりから、極めて目の粘膜の調子がよろしくない。くしゃみもやたらに出る。
 暑いけど、花粉の逆襲か
と思ったら、犯人は
 黄砂
のようだ。
気象庁より。5/4の黄砂。
20100504000000
げげ、昨日は奈良でも黄砂が観測されている。

そして本日ただ今のところ。
20100505000000
勘弁してくれよ。

ヒノキ科の花粉もじわじわ来るのでイヤなんだけど、さらに粒子の細かい黄砂はもっとタチが悪い。大陸から余計なお土産を連れて日本に降ってくるしな。

喉が痛いので、香港で買って帰ってきた
 蜜煉川貝枇杷膏
を舐める。黒くてどろっとした甘い蜜タイプの薬だ。杏仁の香がする。中国文化圏では常備薬の類。
そもそも風邪に川貝という処方を知ったのは、初めて北京に短期留学に行ったとき。学校で大同に一泊旅行に出かけたら、ホテルの暖房が効きすぎて、部屋ががんがんに乾燥し、みんな喉をやられ風邪を引いた。こういう軽い病気の時は、薬局に行くと、問診をしてくれて、一人一人に薬を出す、というのが当時のシステムで、ホテルのすぐ横にあった大同の薬局で、初めて
 蛇肝川貝液
という甘い水薬を処方された。これがまあ、驚くくらい効いた。以後、風邪に川貝液がしばらく続き、更に咳には川貝枇杷膏が効くことを知った。やがて、香港でこの川貝枇杷膏がコンビニで売られていることに気づく。それからは、川貝枇杷膏を切らしたことがない。
今回の川貝枇杷膏は、香港大学の先輩ご夫妻とご飯を食べたとき、
 何か買うモノは?
と聞かれ
 枇杷膏
と答えたら、看護師でもある奥様が薬局まで連れて行って、選んで下さったのだが、これがいつも買って帰るのと同じブランドだった。京都念慈菴製である。

|

« 楽器と手 | トップページ | 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から19日間で6万頭殺処分決定のパンデミック規模 マスコミが流行初期において感染拡大に荷担した疑いも 原因は民主党政権の不作為による人災か 赤松農水相は被害が拡大したGW中陣頭指揮どころか外遊で不在→国からは消毒液の国費補助を約束するも九州に消毒液は支給されず(5/2)→消石灰は漸く確保(宮崎 5/7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/48273114

この記事へのトラックバック一覧です: 黄砂にやられる:

« 楽器と手 | トップページ | 宮崎県口蹄疫は4/20の発生から19日間で6万頭殺処分決定のパンデミック規模 マスコミが流行初期において感染拡大に荷担した疑いも 原因は民主党政権の不作為による人災か 赤松農水相は被害が拡大したGW中陣頭指揮どころか外遊で不在→国からは消毒液の国費補助を約束するも九州に消毒液は支給されず(5/2)→消石灰は漸く確保(宮崎 5/7) »