« W杯2010 オランダ国防省 代表チーム帰国便をF16でエスコート | トップページ | 2010参院選 テレ東選挙番組で組織票の説明が凄い件 »

2010-07-11

2010参院選 与党過半数割れの見通し@メディア各社

午後7時過ぎに投票に出かけた。いつもは期日前投票に行くんだけど、今回はどうしても日程が合わなかった。

午後7時過ぎというのは、絶対に
 メディアの出口調査に引っかからない時間帯
なので、気に入っている。てか、何で根掘り葉掘り聞かれなあかんわけ。

今日は断続的に雨が降っていたので、7時過ぎでも人出は減らなかった。天気を見ながら、出てきたヒトが多いのだろう。

19:55辺りから、各局選挙番組開始。で
 出口調査では、与党過半数割れでねじれ国会へ
とか揃って報じている。
 ねじれ国会
って言っても、自民党政権下でも
 参院と衆院のねじれ現象
は起きてたから、その逆の状況になっているってことですな。

ま〜、
 民主主義を守る政党
だった筈なのに
 あれだけ強行採決をやりまくった民主党連立政権
を、誰が信用するものか。そういう状況で
 選管内閣
だった筈の菅総理は
 禁じ手の消費税問題
に直球を投げ込んじゃうし。

まあ、
 民主党代表選は9月
だから、今後、
 選挙の惨状
に対して
 小沢一郎がどういうリアクションを取るのか
見たいモノですな。ちなみに
 菅総理は続投を20時半前後に明言
した。NHKより。


菅首相“続投の意向”伝える
7月11日 20時31分

 菅総理大臣は、参議院選挙の民主党の獲得議席にかかわらず、財政再建、経済成長、社会保障の充実に一体的に取り組みたいとして、総理大臣を続投する意向を11日夜、みずからに近い国会議員に伝えました。
 参議院選挙で、民主党は、菅総理大臣が目標として掲げた改選議席の54議席を下回って、与党が過半数割れする情勢です。こうしたなかで、菅総理大臣は11日夜、みずからに近い国会議員に対し、有権者の判断は重く受け止めるとしながらも、財政再建、経済成長、社会保障の充実に一体的に取り組みたいとして、民主党の獲得議席にかかわらず、総理大臣を続投する意向を伝えました。民主党内では、執行部を中心に、仮に与党が参議院で過半数を割り込んでも、菅総理大臣が退陣する必要はないという意見が出ているほか、わずか1か月で総理大臣が交代することに党内の大半は慎重なことから、菅総理大臣としても、続投におおかたの理解は得られると判断したものとみられます。しかし、党内からは、消費税をめぐる菅総理大臣の一連の発言が党勢の失速を招いたという批判も出ており、今後、菅総理大臣の責任を問う声が強まることも予想されます。

菅ちゃんも
 時流の読めない男
だな〜。てか
 こんな早い時間に続投を明言
って、絶対に足を引っ張りに来る奴が出てくるに決まってんじゃん。つか
 なんで自分で火種を大きくする
のか、その辺りの政治センスの凄さにはいつも驚く。

ところで
 盤石
と思われた
 山梨選挙区の輿石東が自民党の女性新人候補と激戦状態
らしく、どこかの局では、民主党内の声として
 輿石東が落選したら、総崩れ
というテロップを流していた。最後の100票弱の「落ち穂拾い」まで決着が付かなかったら、エライことですがね。

|

« W杯2010 オランダ国防省 代表チーム帰国便をF16でエスコート | トップページ | 2010参院選 テレ東選挙番組で組織票の説明が凄い件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/48853498

この記事へのトラックバック一覧です: 2010参院選 与党過半数割れの見通し@メディア各社:

» 参院選民主党大敗、与党過半数割れ [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
昨年の政権交代後、初の大型国政選挙となった第22回参院選は11日投票、即日開票され、民主党は改選54議席に届かず44議席にとどまり、国民新党と合わせた与党で過半数を割り込みました。 ***♪過半数を割れた夏♪ やがて票が開ける 今や冷めている 50議席切れば かなり割れた夏 菅は先を急ぎ 小沢ふり向き過ぎていた 知らずに別の道 いつからか離れていった サヨナラを繰り返し みんな首相になる あきらめととまどいを 国民に 押し付けて ツライ票を数え 瞳 ... [続きを読む]

受信: 2010-07-13 00:20

« W杯2010 オランダ国防省 代表チーム帰国便をF16でエスコート | トップページ | 2010参院選 テレ東選挙番組で組織票の説明が凄い件 »