« ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その6)「ガンを再発した友達がホメオパシー信奉者に通常の医療を妨害されて亡くなりました」 | トップページ | ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その7)「ゴキブリは喘息と時差ボケに効く」@由井寅子日本ホメオパシー医学協会会長・HMA認定のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)学長 »

2010-08-13

札幌市営里塚霊園近くにクマ@札幌市清田区

今日からお盆。札幌の実家では
 お墓参りとお寺参り
に忙しい一日となるのだが、家の墓所の近所でこんなことが起きている。

札幌市営墓地の一つ清田区にある
 里塚霊園
の近くにある雑木林で
 ヒグマの足跡
が見つかったという。

大きな地図で見る

札幌市清田区のサイトより。


クマ出没情報
平成22年8月11日(水)に、清田区内でクマ出没の通報がありました。被害に遭わないよう十分にご注意ください。
発見日時 場所 状況 対応
平成22年8月11日(水)11時頃 有明都市環境林(清田区有明15-1ほか) 
地図(10) 足跡を発見
掘り起こし跡を発見 入口に注意喚起看板の設置

平成22年8月11日(水)8時20分頃 白旗山(ホタルの沢)
地図(9) フンを発見 立入禁止措置の継続
平成22年8月5日(木)15時頃 白旗山(北西部)作業道上。
地図(8) 姿を目撃
平成22年7月31日(水)11時頃 白旗山(北西部)。
地図(7) フンを発見 注意喚起の看板10枚を更新しています。
平成22年7月28日(水)13時30分頃 白旗山(北西部)。
地図(6) 足跡を発見 注意喚起の看板10枚を更新しています。
平成22年7月27日(火)8時50分頃 白旗山(西部)。
地図(5) フンを発見
平成22年7月28日(水)10時頃 白旗山(北部散策道付近)。
地図(4) フンを発見 注意喚起の看板10枚を更新しています。
平成22年7月25日(日)14時30分頃 白旗山(北部散策道付近)。
地図(3) フンを発見 注意喚起の看板10枚を設置しています。
平成22年7月25日(日)10時30分頃 白旗山(北部散策道付近)。
地図(2) フンを発見
平成22年7月21日(水)13時30分頃 白旗山。
バス停「南有明」(中央バス)付近入口から約1キロ入った付近。地図(1) フンを発見 注意喚起の看板9枚を設置しています。
クマ出没地図
1008112

里塚の墓地からそう遠くもない白旗山にクマが出だしたのが7月21日。で、8月11日には
 有明都市環境林
という、里塚の南西に隣接する雑木林で
 足跡や掘り起こし跡が見つかった
って話なのだ。

読売より。


「供物持ち帰りを」札幌の斎場近くにヒグマ足跡
 札幌市清田区の里塚斎場近くでヒグマの足跡などが見つかり、市は12日、斎場の駐車場などに注意喚起の看板を設けた。
 お盆の時期を迎え、近接する里塚霊園への墓参者が増えるため、供物の持ち帰りを徹底するよう呼びかけている。
 市によると、市森林組合の職員が11日午前、同斎場近くの雑木林で斜面に滑り落ちたようなヒグマの足跡を見つけた。近くには、アリの巣を掘りおこした跡もあった。
 近くの白旗山では7~8月にかけて、フンや足跡などヒグマ出没情報が9件も寄せられており、市は8月7日に安全確保のため山を閉鎖している。

(2010年8月12日23時05分 読売新聞)

むむむ。
里塚霊園は、以前から
 お供えは必ず持ち帰る
ように指導していた。もっとも、わたしの知っている頃の話は
 カラスが大量にやってきて供物を食い荒らし、墓地が汚れるから
ということだったんだけど、最近は
 ヒグマが里に下りてきて、墓地のお供えを食べる危険がある
のかい。
お盆にお墓に行って、クマに遭遇というのはあまりシャレになりませんな。相手はヒグマだし。

今日は札幌にいる家族・親戚一同は里塚に行く筈なんだが、わたしの身内に限らず、里塚に墓参する札幌のみなさん大丈夫かな。どうかお気を付けて。

以前、うちのお墓は
 札幌市営円山墓地
にあったが、これが里塚に移転したのである。さすがに
 円山にはクマはいない
のだけどね。

|

« ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その6)「ガンを再発した友達がホメオパシー信奉者に通常の医療を妨害されて亡くなりました」 | トップページ | ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その7)「ゴキブリは喘息と時差ボケに効く」@由井寅子日本ホメオパシー医学協会会長・HMA認定のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)学長 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/49134635

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌市営里塚霊園近くにクマ@札幌市清田区:

« ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その6)「ガンを再発した友達がホメオパシー信奉者に通常の医療を妨害されて亡くなりました」 | トップページ | ホメオパシーを標榜する助産院でビタミンK欠乏によって起こる頭蓋内出血予防のために医学的に効果が実証されているビタミンK2シロップを不投与 代わりに「レメディ(毒入り砂糖玉)」の超希釈液を与え新生児が頭蓋内出血死(その7)「ゴキブリは喘息と時差ボケに効く」@由井寅子日本ホメオパシー医学協会会長・HMA認定のロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)学長 »