« 「いままでblogなんてカスだと思ってたけど身内が270万アクセスして、本も出したから注目するよ」 | トップページ | 安藤彦太郎『中国語と日本近代』岩波新書新赤12 »

2010-08-22

暑気払い(アイス編) センタンの白くま

家に籠もって仕事をしているので、買い物に行く時間もないし、そんなエネルギーもない。この酷暑で買い物に行くと、仕事2時間分以上のエネルギーロスである。ともかく、細かく詰めないといけない仕事なので、せっせとイトーヨーカドーのネットスーパーにお世話になる。

で、暑さしのぎかつ頭に蔗糖でエネルギー補給、というわけで、アイスを1日1個くらい口にする。
今年のヒット作は
 センタンの白くま
Skm
だ。さっぱり系で、安価なアイスなのに、思いっきりたくさんミカンやパイン、小豆の「具」が入ったアイスキャンディーである。練乳の甘さと、口溶けの軽さが気分転換に適している。練乳と小豆のバランスが絶妙。さすがに関西のアイスだ。
白くま系アイスはハズレもあるんだけど、これはかなりの出来。
イトーヨーカドーでは1本87円、ほかのいくつかの87円アイスと一緒によりどり3個買うと3円おまけ、という売り方をしているので、この夏は何回も買った。
京都で言うところの
 おりこうな商品
の代表格である。

今日も注文しようとしたら、センタンの白くまは売り切れらしく、在庫がなかった。人気があるんだろうな。

センタンのアイスは西日本で展開している。関西人なら、
 北極とセンタンと551のアイスキャンディー
を知らないとモグリである。

センタンには、マンゴーのアイスキャンディーもあるみたいなんだけど、これにはまだ遭遇してない。マンゴーが大好きなので、機会があれば試したいんだけど、アイスに関しては、必ずどこに行けばある、ってもんじゃないからな〜。
工場は奈良にあるから、その内、口にするチャンスもあるだろう。気長に待とうっと。
白くまと同様の製法なら、かなり期待できるんだけどな。

マンゴージュースは、台湾だとコンビニでもペットボトル入りを売っている。
日本で、台湾のコンビニで売られている100%マンゴージュースに近いのは、サンブレスが販売している
 グレイスフルーツマンゴージュース
かな。台湾産マンゴー100%で、二日酔いの朝にぐいっと飲み干すと、実にさわやかな気分になる。
これも売っている場所が限られるのと、値段が店によってまちまちなので、できるだけ安いところで買っている。以前は、いかりスーパーで210円ちょいくらいで売っていたけど、今はどうだろう。成城石井で見たときは、280円とか、そんな値段だった。

|

« 「いままでblogなんてカスだと思ってたけど身内が270万アクセスして、本も出したから注目するよ」 | トップページ | 安藤彦太郎『中国語と日本近代』岩波新書新赤12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/49218150

この記事へのトラックバック一覧です: 暑気払い(アイス編) センタンの白くま:

« 「いままでblogなんてカスだと思ってたけど身内が270万アクセスして、本も出したから注目するよ」 | トップページ | 安藤彦太郎『中国語と日本近代』岩波新書新赤12 »