« ショパンコンクール2010 Final進出者発表 東洋系ピアニストは一人も残らず カワイのピアノも決勝進出ならず | トップページ | ショパンコンクール2010 Final 夜更かししなくてもVideo archiveで昨夜の演奏が見られる件 »

2010-10-18

酒鬼で書痴

北白川の人文研の中庭にある井戸からは
 お化けが出る
という冗談があって、
 右手に酒瓶、左手に書物を持って出てくる
と言われている。
 酒鬼(呑兵衛)で書痴(本の虫)
というわけだ。先師尾崎雄二郎先生が所長の頃は
 尾崎先生がその出で立ちで出てくる
とか、悪い冗談を言い合っていた。

で、酒鬼(というほど飲まないけど)で書痴のわたしもあちこちに調査に行くのだけど、その内
 蛇の道は蛇
という塩梅になっていく。

書痴というのは、世界中のどの図書館にも棲息していて、主のような存在の司書の方だったりするのだが、書痴は出世よりは書物の方が好きなので、やや不遇であったりする。
 中国現存最古の図書目録、『漢書』藝文志の元になった『別録』を編んだ劉向は三十年間秘書(宮中の図書)の整理に当たっていた
という
 堂堂たる書痴不遇列傳
が中国にはあるから、今の世に同じことがあっても、驚きはしない。

それはそれとして、
 書痴は書痴を見抜く
ようで、どこの図書館でも割に親切にして貰っている。

で、今度また図書絡みでいろいろ手順を踏まねばならない事案があり、斯界の泰斗にご相談したところ、
 旧知の書誌学者
と再び連絡を取ることになった。
いやあ、お久しぶりでした。

大体、そのような書物の蔵されているところにやってくるメンバーは決まっていて、好みもそれぞれよくわかり合っている。というかそういう
 書物に対する嗜好を理解出来る同志
というのが書痴の一群であり、何か事あれば、お互いに便宜を図り合うのが通例になっている。わたしなどはあまり貢献できず、お世話になるばかりで甚だ申し訳ない。

その内、京都で一杯やりましょう。

|

« ショパンコンクール2010 Final進出者発表 東洋系ピアニストは一人も残らず カワイのピアノも決勝進出ならず | トップページ | ショパンコンクール2010 Final 夜更かししなくてもVideo archiveで昨夜の演奏が見られる件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/49778020

この記事へのトラックバック一覧です: 酒鬼で書痴:

« ショパンコンクール2010 Final進出者発表 東洋系ピアニストは一人も残らず カワイのピアノも決勝進出ならず | トップページ | ショパンコンクール2010 Final 夜更かししなくてもVideo archiveで昨夜の演奏が見られる件 »