« さよなら、パウル | トップページ | 「ひのもとおにこ」萌えキャラ化計画「萌えは世界を救う」 »

2010-10-28

「日本と中国は一衣帯水」といえばすぐ漢字の話になるがそれを逆手に取った「ひのもとおにこ」萌えキャラ化計画→加筆あり

中国の反日デモの映像を見てたら
 打倒小日本!
と叫んでいた。メリケン風味に訳すと
 くたばれJap!
と叫んでいるのと同じで、
 小日本は日本人を侮辱する罵言
である。

もう一つよく使われるのが
 日本鬼子
で、わたしが中国語を勉強した
 基礎漢語(わたしの使ったのは日本版『基礎中国語』上下)
という外国人向けの中国語教科書(元は中英対訳本で中国・商務印書館発行、日本では東方書店が翻訳、販売)は新しい版だったので、
 日本侵略軍
と書き換わっていたが、古い版では、東方書店版でもちゃんと
 日本鬼子
と書いてある、ある意味すげー教科書が
 1972年以降1980年代までは普通に世界中の大学の中国語学習者の間で使われていた
のである。前にイギリスのニーダム研の研究者と
 基礎漢語ネタ
で盛り上がりまくった経験がある。たぶん、50代以上の欧米の中国研究者はもちろんのこと、当時日本研究者も
 日本語中国語の両方必修
だったから、かなり高い確率でこの『基礎漢語』で中国語初級を勉強している。ま、学習したことがある人は、文革期の香高い
 列寧的大衣(レーニンのオーバー)
 白求恩的故事(ベチューン医師の話)
 一顆白菜(一株の白菜)
 海娃送信(小英雄海娃が秘密文書を送る)
 雷鋒的故事(雷鋒の話)
辺りを暗唱してみせれば、学習者同士で大いに盛り上がることと思われる。もっとも、これら教材は、中国の小学校国語教材に「中国共産党革命史教材」として現在も取り入れられている内容であるから、たぶん、中国人とも盛り上がれるかも知れない。(少なくとも「一顆白菜」で盛り上がった経験はある)

この教科書の特徴は
 語学教科書としては実に良くできている

 文革まっただなかの編集
というところにあり、今は亡き
 人民公社
なども、教材には出てくる。ま、中国語教育史上特筆される「すばらしい教科書」ではあるんだが、この教科書で中国語初級を勉強すると
 日本人はどんどん日本人であることがイヤになる
という副作用があるのは間違いない。

ところで日本のマスコミは、以下の写真を
 日本製品ボイコット
としか報道しない。
Cq
たしかに
 抵制日貨
とは書いてあるけど、それよりその上の
 打倒日本鬼子
ってどういう意味を持つか説明してくれよ。

マスコミが、報道する機会がたびたびあるにもかかわらず、
 「日本鬼子、小日本」が「日本人に対する最大の侮辱語」であることをさっぱり報道しない
ので、日本人は
 日本鬼子ってトンでもない侮辱語であることを知らない
のである。
 これを逆手にとって実に平和というか斜め上な企画
が2ちゃんねるで持ち上がった。百元籠羊さんのblog
 「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
の10/24付記事が紹介する
「日本鬼子」中国オタクへ侵攻開始
に詳しいのだが
 「日本鬼子」を「ひのもとおにこ」と読んで「萌えキャラ化」してしまおう
という、まあ
 2ちゃんねるらしいおバカ企画
なのである。

まとめサイトはこちら。
 すくいぬ
日本鬼子って萌えキャラ作って中国人を萌え豚にしようぜ

さらにまとめwikiもつくられた。
http://www16.atwiki.jp/hinomotooniko/


スレの趣旨
日本鬼子ってキャラを作り、日本鬼子に別の意味、概念を作る事 

その新しい概念が定着した人間が反日デモ、暴動見たとき 
日本鬼子! って旗持った奴が顔真っ赤にしてシュプレヒコール挙げてたらどう思うか? 
日本鬼子ってなんだろうってググったら萌えSSやかわいい鬼子ちゃんがTOPででてきたら 
どうだろう? 

反日暴動の画像みたら萌えオタが暴動起こしてるように見えるんじゃないか?

で、
 ただいま「日本鬼子」萌えキャラ広く募集中
である。
いろんな意味で、頑張れ。

続き。(10/29 6:30)
候補作の投稿が締め切られたあとに
 ええっ、折角描いてたのに、締め切られちゃったの?
というかわいそうな絵師さんが何人かいたので、その作品を貼っておく。

Vljiko034091


14178476_s


Wwwdotuporg1222225

おまけ。英文のオタサイトらしい"sankaku complex"でも、
 「日本鬼子」萌え化計画
が紹介された。
Japan Fights China with Moe, China Crushed
こちらは、いろんな投稿作も紹介している。しかし、いつもながら
 才能の無駄遣い
にかけては、みんな凄いエネルギーを費やすなあ。

さらにおまけ。(10/29 11:00)
海外の日本アニメに対する反応を集めるblog「あにとら」でも、海外の反応が取り上げられている。
「日本鬼子」に対する海外の反応 「これが戦争のあるべき姿だ」

いやいや、反応が面白すぎる。是非、ご一読を。

|

« さよなら、パウル | トップページ | 「ひのもとおにこ」萌えキャラ化計画「萌えは世界を救う」 »

コメント

「二百五」(ぽちに向け)「十三点」(さへに向け)
あるいは「神経病」と同様の侮辱語なのでしょうか。
「精神病」より「神経病」(しぇんじんびん)という言葉はよく聞きました。

対応する日本語というと「鬼畜米英」あるいは「毛唐」?
中国人に対する侮蔑語となると「ポコペンさん」とかはそこまで悪意はなくて、
「支那」もChinaの音訳なので、難しいですね。
「三国人」だとむしろ在日を指す言葉だし。
そこまでの悪意を持つ言葉としては、韓国における「北韓」位でしょうか。

「雷鋒的故事(雷鋒の話)」というと、山東省泰山站前にある巨大な石像を思い出します。

投稿: SY1698 | 2010-10-28 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/49866138

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本と中国は一衣帯水」といえばすぐ漢字の話になるがそれを逆手に取った「ひのもとおにこ」萌えキャラ化計画→加筆あり:

« さよなら、パウル | トップページ | 「ひのもとおにこ」萌えキャラ化計画「萌えは世界を救う」 »