« 北京からSALで出した小包が8日目に到着 | トップページ | UNIQLO J+のウールフランネルノータックパンツ »

2010-11-12

オリジナルにも関わらずパチモノ臭溢れる今日から開幕の「アジア大会マスコット」@北京・首都機場

北京に降り立ったときも、日本に帰るときも、こいつらが北京・首都機場のあちこちに立っていた。
Sjc3
今日から開幕の
 広州アジア大会のマスコット
である。山羊の5匹家族かなんかで、たぶんこれから
 広州アジア大会放映のスタジオ
には必ず置いてあると思う。とはいえ
 この造形の破壊力
にやられて、とてもじゃないけど
 アジア大会マスコットのキャラクター設定をググる気にもならない
のである。
なんせ、ご覧のように
 オリジナルな筈なのに、パチモノ臭がぷんぷん
する、実に貴重な造形なのだ。なんとも雑。一番でかい
 黄色い奴の口
なんて、どう見ても
 口に見えないおざなりさ
である。この写真に写ってる赤い奴は
 角は片方折れてるは、口だか鼻だか不明な「三日月型」の赤いものが顔の前面にあるは
という、
 日本等の優秀な3Dキャラクター造形
を見慣れた目には、謎すぎる仕上げぶりである。
 オリジナルならもっとちゃんと作ってやれよ
と思うんだけどさ。もうね。

かつ
 誰が買うんだこれ
的な素晴らしさに満ちている。でも、買っちゃうヒトはいるんだろうな、多分。

それにしても
 世界の玄関口
にこれを置くってのもどうよ。

おまけ。
 首都機場にある本当の「パチモノ」渾天儀
Sjc2オリジナルは南京・紫金山天文台の外に置いてある。

|

« 北京からSALで出した小包が8日目に到着 | トップページ | UNIQLO J+のウールフランネルノータックパンツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/50006111

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルにも関わらずパチモノ臭溢れる今日から開幕の「アジア大会マスコット」@北京・首都機場:

« 北京からSALで出した小包が8日目に到着 | トップページ | UNIQLO J+のウールフランネルノータックパンツ »