« スイーツ戦争 アンブロワジーそっくりなセブンイレブンのクリスマスケーキ | トップページ | かつてヘリ取材で営巣を妨害、結果的にトキを絶滅に追い込んだNHK、高病原性鳥インフルエンザH5N1型蔓延の恐れのある出水のツル飛来地でバイオテロ行為に荷担→特別天然記念物のツルに感染しても、爆発的な感染がない限り殺処分不能という極めて難しい条件を全く理解せず »

2010-12-25

膝関節にヒアルロン酸を注射される

飲んでも効かない
 ヒアルロン酸
の経口摂取を勧めるTVのCMが引きも切らないのだけれども、
 正真正銘のヒアルロン酸による治療
すなわち
 膝関節への注射
を受ける羽目になった。中学2年から
 立派な変形性膝関節症
なので、ヒアルロン酸の膝関節への注射の適応は問題ない。その上
 全身性靱帯弛緩症
という変な病名がついている因果な体である。
思えば9月18日に
 立てない
という不思議な症状が出て以来、歩いて2分のところにある行きつけの整形外科に行けなかった。行けなかった理由は、主治医が院長で、院長が大人気なもので、待ち時間が異様に長いため、忙しく時間が読めない生活では、とても暢気に待てなかったからである。
で、考え方を変え、
 院長に診てもらうほど重症じゃないから
と、別な先生の診療日である今日、行ってみたのだった。
膝から腰に来ているので、両膝と腰のX線撮影。触診で
 足首から下がトンでもない状態
であるという、いつも通りの診断が出た。
 足首が酷いから、膝も腰もダメになっていく
というお話。ともかく靱帯が緩い。
膝蓋骨が緩いんだけど、まったく痛まないというおかしな話で、普通はきっと、もうちょっと痛いんだろうなあ。
右足首の内側からその下に掛けて、触られただけで痛い。
 これは痛いと思いますよ
と先生に呆れられる。少し多めに歩くと、夜は足の裏の骨がガタガタだもんな。普通はそうなったら素直に整形外科に行くんだろうけど、3カ月ばかり放置していた。
もっとも、この無茶苦茶な足首の上にある右膝の関節はしっかりしている、というお話。

で、膝関節の軟骨がすり減ってきている。左の方は触るとガリガリしてるので、これは相当減っているのがわかる。左は
 水もちょっと貯まってますね
というのだけど、まだ抜くまでは行かない。
 2週間おきに5回、ヒアルロン酸を注射した方がいい
ということになって、相談。今日打てば、次は年明け、2月くらいには治療がワンクール終わるので、どうだろう、ということで、ヒアルロン酸を膝関節に打つことに。
 痛いですか?
と尋ねると
 水を抜くよりは痛くないけど、まあ痛いでしょう
という返事。どきどきしながら、注射して貰ったけど、
 全然痛くない
のだった。ううむ、わたしの膝関節の痛覚はどうなっておるのだ?

ヒアルロン酸注射をする段階ってことは
 無理して階段あがったりしちゃいけない段階になってきた
ってことね。
 軟骨は使えば減る
わけで、これからは大事に使わないといけないのか。
あとは
 足首のサポーターを装着する
のが、肝要だとのこと。
それと減量。海外出張が続くと、どうしても体重コントロールが難しくなる。工夫しないとな。

ヒアルロン酸注射が終わったら
 腰のMRI
ですと。第四第五腰椎の間が
 椎間板ヘルニア気味
みたい。写真を見ると
 骨棘
も両方に出来ている。腰の痛みが引かないわけだ。

|

« スイーツ戦争 アンブロワジーそっくりなセブンイレブンのクリスマスケーキ | トップページ | かつてヘリ取材で営巣を妨害、結果的にトキを絶滅に追い込んだNHK、高病原性鳥インフルエンザH5N1型蔓延の恐れのある出水のツル飛来地でバイオテロ行為に荷担→特別天然記念物のツルに感染しても、爆発的な感染がない限り殺処分不能という極めて難しい条件を全く理解せず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/50390345

この記事へのトラックバック一覧です: 膝関節にヒアルロン酸を注射される:

« スイーツ戦争 アンブロワジーそっくりなセブンイレブンのクリスマスケーキ | トップページ | かつてヘリ取材で営巣を妨害、結果的にトキを絶滅に追い込んだNHK、高病原性鳥インフルエンザH5N1型蔓延の恐れのある出水のツル飛来地でバイオテロ行為に荷担→特別天然記念物のツルに感染しても、爆発的な感染がない限り殺処分不能という極めて難しい条件を全く理解せず »