« ランチパックでGOじゃなくて「江」 | トップページ | セブンイレブンで「恵方巻」の試食 »

2011-01-14

陶御風主編『筆記雑著医事別録』人民衛生出版社 2006

筆記小説等から医学関連の記事を収集・整理した労作が
 陶御風主編『筆記雑著医事別録』
である。2006年版は第二版。
読み始めると止まらない、いわゆる
 雑学の宝庫
なのだが、初版は方薬中序を見ると、1985年だから、
 電子化テクストに依らない、手作業での条文収集
だったことがわかる。前著でも
 1925条
もあったのを、第二版は、更に
 2237条
に増広し、誤りを正している。

中国人のこの手の
 丹念に条文を集める手法
というのは、大変長い伝統を持つのだが、その例に漏れない秀逸な書物だ。

雑学だけでなく、歴史的知識の宝庫でもあるが、史料の元ネタとして扱うつもりならば、出典の性格と成立年代を確認してから、内容の是非を判断する必要がある。

初版に付された方薬中序は、格調高い文言で書かれていて、瞠目した。

もっとも、簡体字横組なので、簡体字が読めない人には楽しめないところが難点。繁体字縦組なら、日本人でも読める人が増えるだろうけど。

|

« ランチパックでGOじゃなくて「江」 | トップページ | セブンイレブンで「恵方巻」の試食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/50581532

この記事へのトラックバック一覧です: 陶御風主編『筆記雑著医事別録』人民衛生出版社 2006:

« ランチパックでGOじゃなくて「江」 | トップページ | セブンイレブンで「恵方巻」の試食 »