« NHK広報は迎春モード@twitter | トップページ | 最初で最後の屠蘇散@武田薬品京都薬用植物園謹製 »

2011-01-06

「ホメオパシーは子どもや旅行者を危険にさらす」@BBC→赤ちゃんから16歳までの子ども39例の内、30例は恐らくあるいは明らかに補完医療の薬剤が関わり、17例は効果が確認されている薬剤を使用せずにレメディを使ったことにより被害 3人の赤ちゃんを含む4人が死亡

nsh1960さん経由。
BBC Newsnightが
 チャールズ皇太子一押しのホメオパシーのレメディが旅行者を危険にさらす?
とレポートしている。
Is bad homeopathic advice putting travellers at risk?
レメディを信じて、マラリアで死にかかった人へのインタビューとホメオパスの隠し撮りおよび
 ホメオパシー一押しのチャールズ皇太子の映像
つき動画。これが
 イギリスの国営放送BBCのすごいところ
で、
 NHKが逆立ちしたって出来ない報道
である。
 レメディの希釈原理
についても、わかりやすく説明。
つか
 腸チフス、ポリオ、マラリアにレメディを勧める
って、Royal Pharmaceutical Society も呆れてるけど
 効くわけない
じゃん。

ちなみに
 クリスマスイブ前日
にも、BBCは
 代替医療のレメディは子どもには危険
というニュースを流した。時期が時期だけに
 BBCは今後も「ホメオパシーの危険を喧伝するキャンペーン」を続ける
だろうと思う。
この報告は
 The journal Archives of Disease in Childhood
に掲載されたもので、
 効力が明かな薬剤の代わりにレメディを与えられた子どもの2/3近くが、深刻なレメディの副作用により、命の危険にさらされたり、死んだりしている
というショッキングな内容である。適当に日本語訳を付けたけど、正確ではないのでその点はご勘弁を。


23 December 2010 Last updated at 07:40 GMT Alternative remedies 'dangerous' for kids says report
By Dominic Hughes
Health correspondent, BBC News

Alternative remedies can be dangerous for children and even prove fatal if taken instead of conventional drugs, according to a new study.
The report warns of possible adverse reactions in youngsters who are given alternative remedies.
Researchers say parents sometimes think remedies are "more natural" with fewer side effects than conventional drugs.
But in nearly two thirds of the cases the side effects were rated as severe, life threatening or fatal.
The study, published in the journal Archives of Disease in Childhood, looked at 39 separate incidents reported to the Australian Paediatric Surveillance Unit between 2001 and 2003.
The children ranged from babies to 16 year olds.

Child deaths

In 30 cases, the issues were "probably or definitely" related to complementary medicine, and in 17 the patient was regarded as being harmed by a failure to use conventional medicine.
The report says that all four deaths resulted from a failure to use conventional medicine.
One death involved an eight-month-old baby admitted to hospital "with malnutrition and septic shock following naturopathic treatment with a rice milk diet from the age of three months for 'congestion'".(1つの死亡例は、3カ月から「鬱血の治療」として自然治療によって「米のミルク(重湯のことか?)」を与えられたために、栄養不良と敗血症で入院した8カ月の赤ちゃんに関するものだ。)
"Another death involved a 10-month-old infant who presented with septic shock following treatment with homeopathic medicines and dietary restriction for chronic eczema," the authors say.(別な死亡例は、慢性の湿疹に対して、ホメオパシーの薬剤と食事制限の治療によって敗血症の症状を呈した10カ月の赤ちゃんに関するものだ。)
One child had multiple seizures after complementary and alternative medicines (CAMs) were used instead of anti-seizure drugs due to concerns about potential side effects.(1人の子どもが、抗てんかん薬を投与されるべきだった代わりに、補完医療と代替医療の薬剤で治療を受けてから、くりかえしてんかんの発作を起こしたのは、潜在的副作用が関わっている。)
The fourth death was of a child who needed blood-clotting drugs but was given complementary medicine instead.(4つめの死亡例は、血栓治療薬が必要だったのに、代わりに補完医療の薬剤を与えられた子どものものである。)
The study found that parents used alternative therapies to treat anything from constipation to clotting disorders, and diabetes to cerebral palsy.(研究では、親達は、代替医療による治療を用いて便秘から血栓の異常まで、その上、糖尿病から脳性麻痺まで、なんでも治そうとしていたことがわかった。)

High and unacceptable rate

The authors, from the Royal Children's Hospital in Melbourne, said: "Many of the adverse events associated with failure to use conventional medicine resulted from the family's belief in complementary and alternative medicine and determination to use it despite medical advice."
Dr William Van't Hoff, a consultant paediatrician and a spokesman for the Royal College of Paediatrics and Child Health, says this is an important, well constructed study that demonstrates "a high and unacceptable rate of adverse events" associated with the use of complementary and alternative medicine (CAM).
"It's important to note that the four deaths related to the failure of the family to use conventional medicine. Probably the most important risk is that families abandon or delay the use of conventional medicine and rely on CAMs.
"The second concern is that CAMs can interact with other medicines or have toxic effects. There's a presumption that these are natural remedies and families don't appreciate this and may even attribute the toxic effect to the conventional therapy."
'Nonsense'
Edzard Ernst, Professor of Complementary Medicine at Exeter University, says it is well known that alternative therapies can have side effects, especially in vulnerable groups like children.
"All of these treatments can have side effects but there's also a risk of alternative therapies replacing effective treatments.
"So inert remedies like homeopathy, even though they in themselves are harmless, can be life threatening when they replace effective treatments.
"Children don't make decisions themselves about their treatment; very often it is their parents, and parents can be misguided by the 50 million alternative medicine websites. The children are victims of lots of nonsense and false claims."

原論文を見てないので、BBCのニュースから判断するのだが、4つの死亡例とあるので、
 3つ目のてんかんの子どもの例
も死亡例だろう。抗てんかん薬を与えられないなんて、ひどい話だ。子どもはさぞ辛かったことだろうと思う。4つ目の
 血栓治療薬を与えない例
は、脳出血等の深刻な例だろうと思われる。
 狐憑きと称して、適切な治療を与えない
というのは、日本でもたまに聞く話だけど、上記の「治療例」はそれに類した印象を与える。
しかし
 3カ月から「米のミルク」を与えられ、8カ月で栄養不良と敗血症で死亡
とか、
 慢性湿疹治療がもとで10カ月で死亡
とか、この赤ちゃん達は
 一体何のために生まれてきたのか
と思うと、胸が詰まる。
 親が「治療」のために「自分で栄養を取れない赤ちゃんを飢えさせた」
というだけでも恐ろしい。
これが
 21世紀の「先進国イギリス」の話
なのだ。確かにイギリスの医療には多々問題があるのだが、だからといって
 医学的根拠の薄弱なレメディや「食事制限」で緩慢に子どもを殺してイイ
という話にはならない。

最後にあるように
 子どもは治療を選べない
のであり、
 Parents sometimes think remedies are "more natural" with fewer side effects than conventional drugs.
という
 親の「誤った自然崇拝」の犠牲
となっているのが、この報告で上げられている子ども達である。

|

« NHK広報は迎春モード@twitter | トップページ | 最初で最後の屠蘇散@武田薬品京都薬用植物園謹製 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/50506340

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホメオパシーは子どもや旅行者を危険にさらす」@BBC→赤ちゃんから16歳までの子ども39例の内、30例は恐らくあるいは明らかに補完医療の薬剤が関わり、17例は効果が確認されている薬剤を使用せずにレメディを使ったことにより被害 3人の赤ちゃんを含む4人が死亡:

« NHK広報は迎春モード@twitter | トップページ | 最初で最後の屠蘇散@武田薬品京都薬用植物園謹製 »