« フジ「とくダネ!」大村レポーターの暴走は4月から北海道で帯番組でメインキャスターとなるため3月一杯での降板が決まっているからか | トップページ | まど☆マギの特殊文字解読 »

2011-02-27

中国・杭州の備塘河で突然川底が盛り上がる→対岸の工事が原因

いろんな意味で恐いニュース。
まずはサーチナで簡単に。


川底が突然大隆起…盛り上がる水面に「世の終わりと思った」=杭州

2011/02/23(水) 16:06

  浙江省杭州市内を流れる準塘河で22日午前6時50分ごろ、川底が突然、長さ約100メートル、幅が最大で約20メートルにわたり隆起する現象が発生した。現場の近くにいた人は「轟音(ごうおん)に続いて水面が数メートル盛り上がりった。自分の目が信じられなかった。世界の最後の日のような光景だった」と語った。浙江在線などが報じた。
(略)
  市の河道監視センターは、対岸で駅建設工事で出た土砂を積んでいたために発生した「事故」と判断した。土砂は3階建て建物に相当する12メートルほどの高さに積み上げられていた。河底は軟弱な泥なので、圧力に耐え切れなくなり、水の下で河の対岸方向に移動。いったん移動が始まると、大量の泥が一気に動きはじめたが、堤防の固められた土に動きを阻止され、上方に盛り上がったという。
  河道監視センターは、放置すると今後も同様な「事故」が発生する可能性があるとして、駅建設工事の施工業者に、積み上げた土砂の周囲に杭を打つよう要請した二次災害を防止するため、泥をさらって川の流れをよくすることも求めた。ただし、実施がいつになるか、現時点では不明という。
  腐敗物を含む泥が隆起したことで、現場では悪臭がたちこめているという。
(以下略)

川底だけじゃなくて、周りの地盤も緩そうな悪寒。大丈夫か、ただ今建設中の駅。

どれくらいがっつり盛り上がったかは、動画でご確認を。
杭州:備塘河河道突然抬升 原是岸辺廃土惹的禍(杭州:備塘河河道が突然持ち上がる もとはといえば岸辺に置かれた土砂が引き起こした災害 中文簡体字)

汚泥が盛り上がっているのが分かる。
 汚泥盛り上がりメカニズム図解
もついてる。

|

« フジ「とくダネ!」大村レポーターの暴走は4月から北海道で帯番組でメインキャスターとなるため3月一杯での降板が決まっているからか | トップページ | まど☆マギの特殊文字解読 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/50982937

この記事へのトラックバック一覧です: 中国・杭州の備塘河で突然川底が盛り上がる→対岸の工事が原因:

« フジ「とくダネ!」大村レポーターの暴走は4月から北海道で帯番組でメインキャスターとなるため3月一杯での降板が決まっているからか | トップページ | まど☆マギの特殊文字解読 »