« 福島第一原発事故 不安に思う、妊婦の方やお子さんをお持ちの保護者の方へ 日本医学放射線学会がお答えします→追記あり@3/22 | トップページ | 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします »

2011-03-24

福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方やお子さんをお持ちの保護者の方へ日本医学放射線学会がお答えします (その2)水道水について

さて、不安に思う方達からの問い合わせがひっきりなしにあるのだろう、
 日本医学放射線学会
から、
 水道水の放射線物質汚染についてのアナウンス
が出た。
是非、全文をゆっくりお読みください。


妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ-水道水の健康影響について-(2011/3/24)
2011-3-24 10:38:00
妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ

日本医学放射線学会理事長 杉村 和朗
放射線防護委員会委員長 中村 仁信
同委員 大野 和子

妊娠されている方、子どもを持つご家族の方へ

水道水の健康影響について

福島原発の事故以来、原発周辺地域にお住まいの皆様は、本当に大変な日々をお過ごしだと思います。特に、妊娠中や乳幼児を抱えるご家族の方のご心配は、察するにあまりあります。
3月23日に、東京都水道局は、一部地域では放射性物質の量が基準値をこえたとして、乳児のミルクには、水道水を使わないことを推奨しました。東京都民など遠方のかたにも、ご不安に感じられるような報道が続いています。皆様へ放射線の影響について、正確にお伝えし、不要な不安に陥ることがないように、特に、妊婦の方には安心して妊娠を継続していただくことが重要だと考えています。
また、水道水以外、他にお水を買えないからといって、不安に陥ることも、お母さんが自分を責める必要もありません。今回の濃度上昇は一時的なものです。必ず下がります。
今は日本全体が大変なときです。以下のQAを落ち着いてお読みください。そして、また、震災の被害を受けても頑張っている方々を応援し、支えていきましょう。

                    
Q1)妊婦が乳児の基準を超える放射線量を含む水を飲んだ場合は、おなかの子には影響はでないのでしょうか。また、選べるとしたらどのような水を飲むように気をつければよいでしょうか。

A1) 3月23日に、東京都水道局が発表した、放射性物質の濃度の水を、お母さんが飲んでも、お腹のお子さんへの健康影響はありません
安心して、今まで通りにしてください。
現在、いろいろな数値や情報が流れています。みなさん方が不要な不安に陥らないことを、願っています。

(補足説明)水道水の中に含まれている放射性物質の量を、行政は、継続して確認しています。一時的に、通常よりは数値が高くなったので、発表し、今後の経過に注意するように呼びかけたのです。
水道水に関する基準は、放射線が検出された水だけを、毎日一年間飲み続けると仮定し、それでも、心配する必要がない濃度を、基準値として設定しています。とても厳しい値です。ですから、この基準値を超えたら危険という数値ではありません。
なお、通常PETボトル等で流通している水については、放射性物質の濃度を、国際的に定めています。どのような用途にも使えるように、との配慮だと思いますが、今回問題となっている乳児への基準値と同じ値です。

Q2)母乳のお母さんは乳児の基準を超える放射線量を含む水を飲んでも、母乳は大丈夫なのでしょうか。また、選べるとしたらどのような水を飲むように気をつければよいでしょうか。

A2)お母さんが飲む水に、今回のような、ごく僅かな量の放射性物質が含まれていたとしても、母乳には、それよりも、さらに少しの量が含まれるだけです。現在のように、大人に適用している基準値以下の場合に、乳児の基準値を超えることはありません。従って、その他の水を探す必要もありません。

Q3)水の煮沸、ろか、長期間の保存で放射線量は減るのでしょうか。減るとした場合、どの程度減るのでしょうか。あるいはそもそも水の放射線量を減らす方法はあるのでしょうか。

A3) 放射性物質は、いつまでも放射線を出し続けるわけではありません。放射性物質から出る放射線の量は、時間とともに少なくなります。水道水に含まれていたヨウ素は、8日程度立てば、放射線量は半分になります。どうしても気になる方は、一晩汲み置いて使うだけでも放射線量は減ります

(補足説明)浄水装置などでヨウ素除去をうたっている物もありますが、どの程度の性能かが判りません。あえて紹介することは避けました。
また、水に雑菌が入る可能性もありますから、くみ置きした水道水を一週間も放置することは避けてください

Q4)基準を超える水を料理に使用して料理を乳児に与えることは、問題ないでしょうか。また、何歳から大丈夫なのでしょうか。

A4) 今回問題となった基準値は、赤ちゃん向けの、ミルクを調製すために用いる水を対象としたものです。非常に厳しい数値で、水道水の値がこれを超えたからといって、お子さんの調理だけ別のお水にする必要はありません。お子さんの健康に影響が及ぶことはありません。
東京都が用いた、暫定基準は、
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2011/03/20l3nf00.htm
食品衛生法に基づく暫定値です。
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015ox9-img/2r98520000015oyx.pdf
またミルクを主に飲んでいる離乳前のお子さんが対象です。一歳未満のお子さんのことではありません。


放射線防護専門医からのコメント
現在東京都では、乳児のミルクには、水道水を使わないことを推奨しています。しかし、他のお水を買えないからといって、不安に陥ることも、お母さんが自分を責める必要もありません。今回の濃度上昇は一時的なものです。必ず下がります
今は日本全体が大変なときです。落ち着いて、また、明日からは福島で頑張っている方々を応援し、支えていきましょう。

というわけで、
 一過的に濃度上昇をしているので、パニックに陥らないように
できるだけ、平易な言葉で説明してある。

ちなみに、金町浄水場の放射線物質濃度は下がった。
朝日より。


東京都、乳児の水道水摂取制限を解除

2011年3月24日14時14分

 国の基準を超える放射性ヨウ素が水道水から検出された問題で、東京都は24日午後、1歳未満の乳児への水道水の摂取制限を解除した。
 この日朝の金町浄水場(葛飾区)の数値が基準を大きく下回ったのが理由。都水道局は、「水道管内部には、この数日の間に取水された水がまだ流れているが、長期にわたって飲むのではなければ健康には問題がなく、制限は不要と判断した」としている。

|

« 福島第一原発事故 不安に思う、妊婦の方やお子さんをお持ちの保護者の方へ 日本医学放射線学会がお答えします→追記あり@3/22 | トップページ | 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51205155

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方やお子さんをお持ちの保護者の方へ日本医学放射線学会がお答えします (その2)水道水について:

« 福島第一原発事故 不安に思う、妊婦の方やお子さんをお持ちの保護者の方へ 日本医学放射線学会がお答えします→追記あり@3/22 | トップページ | 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします »