« 福島第一第二原発事故 不安に思う、赤ちゃん・小さいお子さんを育てておられる保護者の方へ 日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会がお答えします | トップページ | 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス »

2011-03-26

東北地方太平洋沖地震 311後の舵取りは? 「政府が補償」「政府が経費負担」はわたしたち国民が払った税金のことです 納税者は予算に注意しよう

東北地方太平洋沖地震がもたらした被害の大きさはまだ把握できていない。
ここのところ、政府は
 政府が補償します
とか
 政府が経費負担します
とかいうアナウンスをしているんだけど、これって
 わたしたち国民が払った税金を使います
ってことだから。当てにされてるのは
 現在、または将来の日本人の稼ぎ
だから。
別に
 政府が「ドラえもんのポケット」を持っていて、そこから無尽蔵に金を引き出せるわけじゃない
のである。当然
 地震前の予算規模ですら、国家財政としてはかなり危険な水域
といわれてたんだけど
 この状況で「子ども手当」継続
らしいぞ。もし、民主党政権の頭の中の今年度予算案が
 平時に編成された「予算」+「復興のための特別予算」
なのだとしたら、果たして
 夢ばらまきパラダイスだった「民主党マニフェスト死守予算」+「巨額復興特別予算」

 将来の日本人が払い続けなくてはいけない負債額として適正かどうかの検討が必要
だと思う。
 平時の予算と、311後の「非常時の予算」は違う
ということを
 民主党政権が本当に考えているのかどうか
が問われているのだが、ちゃんとそこは突っ込まないとだめじゃん、マスコミ。

あまりに東北の被害の規模が大きすぎて
 わざと被災地じゃないフリをしている首都東京
だが、実際、東電の「計画停電」といい、それに付随した日常生活の不便のあれこれといい
 もうすでに「終わりなき日常」の日々ではない
んだ。てか
 日本全土がいまは「311後の時代」を迎えてしまった
んだ。ってことを、どうしても
 メディアは伝えようとしてない
と思う。別に、震災から目を背けろ、と言ってるのではない。
 日本が巨額の財政的な困難を、予期しなかった災害によって負ったという事実
そして
 平時の経済を前提としていた予算案では、今後の日本立て直しは困難になる
という、これまたどう考えても当然の議論が、なぜか覆い隠されている。
 経済活動は、これまで同様に出来ているか?
といえば、たとえば、今日、アメリカのフォードがこんなことになっているというニュースが朝日に出ている。


こだわりの黒が作れない 米フォード、震災で顔料滞る
2011年3月26日11時53分

 【ニューヨーク=山川一基】米自動車大手フォード・モーターは25日、一部の黒色自動車の新規注文受け付けを停止する、と販売店に伝えたことを明らかにした。東日本大震災の影響で、日本からの顔料の輸入が滞っているためだという。
 対象となるのは、光沢のある黒である「タキシードブラック」のピックアップトラックやスポーツ用多目的車(SUV)。また赤色の顔料も不足しつつあるといい、4月4日から一部の黒や赤の自動車の生産を停止、もしくは縮小する方針だ。
 フォードにとって黒は、初期のベストセラー「T型フォード」の色。創業者ヘンリー・フォードは「T型は黒である限り、どんな色でもそろえている」と冗談を言ったと伝えられるほど、黒にこだわっていた。
(以下略)

震災の影響がどれだけあるか、はっきりしてくるのはこれからだ。
日本は
 大地震によって「内臓をやられた」
のである。津波の被害が
 見た目、外傷のように見えている
から、血液循環(=交通や物流)を確保すれば、かなりの程度回復が望めるような希望がふりまかれているけれども、そんなことはない。
内臓をやられていると、影響はすぐには現れないが、かなり甚大な被害が出る。
ぎりぎりまでコストカットして、冗長性を省いていた生産現場は、大きなツケを払わされることになってしまったし、それは実は
 病院の設備
にもいえるそうだ。病院の経営改善のために、コンサルがやったことは
 非常用電源のためのスペースや、物資の貯蔵の削減
だったとか。それがなにを被災地の医療現場にもたらしたかは、日々伝えられる、痛ましい状況が明らかにしている。

はっきり言う。
 震災復興特別予算が出ると、省庁ごとの「分捕り合戦」が始まる
のだ。もう始まっていると思う。
 官僚にとっては「取ってきた予算の額が手柄の大きさ」
である。この辺りのえげつない話はいまはなきpogemuta氏のblog「ダメオタ官僚日記」に詳しかった。
わたしたちは、納税者として
 311後の日本を立て直す予算が適正に編成され、執行されるか
を見守る責任がある。たとえば一部では、今回の原発等の被害状況から勘案して、
 東電の国有化
という話が出てるけど
 原発の廃炉や代替施設の建設、停電による補償等等にかかる経費負担が国民1人当たりどれほどの額になるのか。それは将来にわたってどのくらい支払い続けなければならない額なのか。
を、算定してから、きちんと議論していただきたい。

まさかと思うが
 ここから日本が奇蹟の「第二の爆発的経済成長」というシナリオを元に予算編成
なんてしてないだろうな。これからの日本は
 急激に進む少子高齢化で労働人口が減り、しかも増え続ける高齢者を介護するために、生産現場の労働人口はさらに減る傾向が懸念される
わけだ。海外から看護師を採用するプロジェクトは全然うまく行ってない。今年の合格率はわずか
 4%に過ぎなかった
のである。これから
 経済成長著しい中国も、急激な高齢化を迎える
わけで、
 金で発展途上国の若年女性労働力をひっぱってきて介護要員とする「争奪戦」
では、今後の日本は後れを取ること必至である。
それでも、厚労省はいまだに
 家で介護する
とか言ってるわけだ。てか、今でも問題になっている
 独身男性の「親の介護」とか「老々介護」とか
そうしたケースが、今後はドンドン増える。労働年齢の女性が介護に邁進させられるのもそうだし、独身男性が介護のために仕事を辞め、親の年金で暮らすことは、結果的に生産人口を減らしていることになる。制度設計がうまく行ってない上に
 大震災による経済的打撃がこうした「家庭内介護」への打撃
にもなるだろうことは、想像が付く。
 家庭内介護は「平時の制度設計」
である。

日本は
 高齢者が若者を搾取する国
と言われて久しいが、それに更に
 震災の復興予算による負債がのしかかる
のであれば、いよいよ日本の若者に未来はなくなる。
いま
 予算を握っている大臣達
は、
 野田佳彦財務相(1957年生まれ 53歳)
 経済財政政策担当相(1938年生まれ 72歳)
だが、巨額の負債の将来を見通せる年齢ではあるまい。この2人が亡くなった後にも、日本には負債が残るのではないか。そうした
 実に無責任な予算編成を行っている
としたらどうだろう。
いま、働き盛りを迎えた30代が、果たして30年後
 自分の人生に満足できるかどうかのカギ
を、今年の予算編成は握っているのである。

|

« 福島第一第二原発事故 不安に思う、赤ちゃん・小さいお子さんを育てておられる保護者の方へ 日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会がお答えします | トップページ | 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス »

コメント

>震災復興特別予算が出ると、省庁ごとの「分捕り合戦」が始まるのだ。

昨日の「空き缶」スピーチでも明らかになったように、「被災者支援対策本部」からの「政府職員の派遣」以外に具体的な話は何一つ無いわけで、それこそまさに「植民地の拡大」ということになります。

どちらにしろ復興財源をどうするか、という話で、通常通りの手法で財源を捻出できるはずはないのですから、「国債の日銀引受」と「国有資産の売却」(国のバランスシートは資産の時価評価をしていないので、キャッシュフローが特会込みでプラスなのに債務超過という謎の会計実績が生じる)以外に手はないですが、残念ながら今の民主党は「官僚に指示される」タイプの政治家な上に、日銀患部も「デフレ」論者ばかりですから、望み薄です。

野党自民党も、中川秀直氏は国債の日銀引受けを主張していますが、党首たる谷垣禎一自体が「増税論」を唱えているようでは、国家総動員増税政府しかできなさそうな気がして、非常に気分が暗くなります。

投稿: SY1698 | 2011-03-26 20:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51220674

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震 311後の舵取りは? 「政府が補償」「政府が経費負担」はわたしたち国民が払った税金のことです 納税者は予算に注意しよう:

« 福島第一第二原発事故 不安に思う、赤ちゃん・小さいお子さんを育てておられる保護者の方へ 日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会がお答えします | トップページ | 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス »