« 福島第一第二原発事故 昔理系の学生だったお父さんお母さん達へ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 ありがとう! 台湾 »

2011-03-19

東北地方太平洋沖地震 NHK、救出男性の病院到着時、搬送ルートにカメラを構えて追っかけ撮影→「9日振り救出」ではなかった模様

まったく。
たまに褒めると、碌なことしねえな。
まずは問題のNHKニュース。一部伏せ字。


地震9日目 男性1人を救助
3月19日 10時25分

地震から9日目になる19日、津波で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市で、若い男性1人が壊れた住宅の2階から救助されました。男性は命に別状はないということです。
陸上自衛隊東北方面総監部に入った連絡によりますと、19日午前9時ごろ、宮城県気仙沼市本吉町二十一浜で、自衛隊員が周辺を捜索していたところ、壊れた住宅から若い男性を見つけ救助しました。男性が見つかった住宅は1階が大きく壊れ、男性は2階部分で布団にくるまっていたということです。男性は気仙沼市内の病院に運ばれて手当てを受けていて、命に別状はないということです。病院によりますと、男性は20代で字体は分かりませんが、「*****」さんという名前です。目立った外傷はないものの、ショックを受けた状態で、話すことができないということです。男性を病院に搬送した救急隊員は「住宅の2階で布団にくるまった状態だった。衰弱した状態だが、目は開いている。目立った外傷はない」と話しています。男性が救助された本吉町二十一浜は、気仙沼市と南三陸町の境付近の沿岸部にあります。男性が救助された住宅は、JR気仙沼線の蔵内駅から西におよそ1キロのところにあり、津波で大きな被害を受けていました。

で、救急車の病院到着から、NHKのカメラがベッタリ張り付いて、邪魔しまくる。
救急車の真後ろでカメラを構える。
Ner1

搬送経路でカメラを構えて邪魔しまくる。
Ner2

救急隊員の肩越しから撮る。邪魔だぞ。
Ner3

この後ばっちり顔をカメラでなめて、さらに執拗にカメラを回す。
Ner8

救急搬送入り口まで追いかけていき、
Ner11

病院内に侵入し、廊下で追っかけ撮影。
Ner13

救急室前まで追いかける。
Ner14

救急隊員に睨まれる。
Ner15

ドアを閉められ、やっと撮影終了。
Ner16

おい、この映像撮ったカメラマンと、この映像を全国放送で流すことを決めた、NHKの編責(どのEPか知らないけどさ)、このドアに書いてある
 ご家族の方は廊下でお待ち下さい 救急室
って文字が読めないのか?

たぶん、この映像を撮ったカメラマンと全国へ送出した地元の放送部長は
 やった! とくダネ!
とか喜んでるんだろうけど
 救急搬送時に搬送経路を邪魔して処置室前まで侵入して撮影
って、アホか。結果オーライだからイイ、とかいう話じゃねえだろ。
 カメラに人間を治す力がない以上、非医療者は、緊急救急治療の邪魔をするな
よ。それともそのカメラは
 撮影して貰った人は、もれなく病気が治る魔法のカメラ
なのか?

で、このニュース、どうやら
 9日ぶりに救出
ではないらしい。共同の速報より。(12:17)


気仙沼の救出男性は18日自宅へ 

気仙沼市で救出の男性は地震当日、家族とともに避難所へ。18日「自宅に行く」と外出していた。 2011/03/19 11:59 【共同通信】

というわけで
 NHKのカメラマンの救急搬送時の非常識振りだけがクローズアップ
されることになった。たぶん、もうあの映像は送出されないんだろうけど、顔も名前も出ちゃってどうするよ。

|

« 福島第一第二原発事故 昔理系の学生だったお父さんお母さん達へ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 ありがとう! 台湾 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51159061

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震 NHK、救出男性の病院到着時、搬送ルートにカメラを構えて追っかけ撮影→「9日振り救出」ではなかった模様:

« 福島第一第二原発事故 昔理系の学生だったお父さんお母さん達へ | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 ありがとう! 台湾 »