« 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス | トップページ | 福島第一第二原発事故 ハロワにいまだに「福島第一第二原発作業員募集」が出ている件 »

2011-03-27

福島第一第二原発事故 テレビに出てくる「専門家」の出自と主張を追え

福島第一第二原発事故だけど、この事故を解説する
 専門家
がどういった人物か、あまり普通のヒトにはわからない。

いやに、東電の肩をもつ専門家がいるな、と思ったあなたは、その理由を簡単に知ることが出来る。

ま、
 原発関連の研究というのは絵に描いたような「産学協同」体制
になっているわけで、当然、この純丘曜彰氏が指摘するように
 電力会社から研究費が潤沢に提供されている
ことになる。
2011年3月現在の東大の寄付口座で、東電単独のものだけでも、
 工学系研究科 建築環境エネルギー計画学(東京電力) 平成21.10 ~ 平成23.10 4000万円 東京電力株式会社(平成16年10月から継続されている)
 工学系研究科 核燃料サイクル社会工学 平成20.10~平成25.9 1億5000万円 東京電力株式会社
 生産技術研究所 工学系研究科 低炭素社会実現のためのエネル ギー工学(東京電力)寄付研究ユ ニット 平成22.4 ~平成25.3 1億500万円 東京電力株式会社
と工学部の大学院に3億円弱が投入されている。

各研究室にリンクを貼っておいた。気になる方は、
 マスコミに「専門家」としてこれら東電寄付口座メンバーが出てきてないか
確認が可能だ。1人、TVで見た顔がいるな。

上記記事に上げられている東工大・慶應大は、過去に東電の寄付口座があった。
ちなみに京大は、寄付口座の数や規模で行くと、たぶん、東大ほどではないし、関西電力からの寄付口座は平成10〜13年に「エネルギー社会システム計画(関西電力)講座」があったのが記録に残っている。京大は医薬関連の寄付口座が多い印象。

もちろん、研究への助成では
 寄付口座
が一番規模が大きいけど、それ以外に研究助成金として、関連する国内大学の研究室には研究費が渡っていると思われる。

|

« 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス | トップページ | 福島第一第二原発事故 ハロワにいまだに「福島第一第二原発作業員募集」が出ている件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51227389

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一第二原発事故 テレビに出てくる「専門家」の出自と主張を追え:

« 福島第一第二原発事故 「原発は絶対に安全」で思い出すJAL123便の機内アナウンス | トップページ | 福島第一第二原発事故 ハロワにいまだに「福島第一第二原発作業員募集」が出ている件 »