« 東北地方太平洋沖地震 「ガソリンが足りません。そのため、壊れた病院にいる重症患者を移送できません」隠れた被災地茨城県の医療の現状 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 あなたの気持をちょっとだけ »

2011-03-16

東北地方太平洋沖地震 日本ホメオパシー医学協会「ボランティアで現地に行き、レメディ(砂糖玉)を配ってお役に立ちます」とサイトに細川厚労相宛公開書簡

どこまで自我が肥大するのか、見物だな。(最終形態は生き神様クラス)

何を考えているのか
 日本ホメオパシー医学協会

 被災者を癒すために砂糖玉を配りたいから、ボランティアとして現地入りさせてくれ
と、細川厚労相宛の公開書簡をサイトにアップしている。


由井会長から細川厚生労働大臣への手紙

厚生労働大臣
細川律夫様

大きな惨事のなか、大臣様はまことにお忙しいことと思います。
2010年の3月20日にそちら厚生労働省にて代替療法ホメオパシーの説明に上がりました、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長由井寅子でございます。

ホメオパシーは心的外傷後ストレス障害(PTSD)への対処を得意としております。
私たちにも地震の被害に遭っている方々に援助をさせていただけないでしょうか。
このような惨事の時の心のケアは、ホメオパシーのレメディーがとてもよく効きます

レメディーを生き残られた被害者の方々に持って行き、心がうけたショックを相談会を通して、お聞きしたいと思います。 このような大ショックは口から話として出されたときに、軽減することが多いのです。

今、何かやらなければならない状態で、自分の心に目を向けることが出来ない人が多くいるのではないかと思います。 このようにして、後に大きな心の傷が出上がると思うのです。

ですので、私たち600名のプロのホメオパスが、かわるがわる心のレメディーを持って現地に行き、一人一人時間をかけてお話しし、苦しみを飲み込むのではなく、感情を吐き出してほしいと思うのです。

どうか、大臣には私たちの日本を思う気持ちを理解いただき、許可をしていただきたいと思うのです。もし、許可をいただけない場合でも、私たちが個別に心のケアをするためにボランティアを募り、現地に行くことをお許しいただきたいと思います。

平成23年3月14日
一般財団法人 日本ホメオパシー財団
日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)
会長 由井寅子

今は、生活物資そのものが欠乏している段階。なんかがうっすら含まれている砂糖玉配る段階でないから。

で、
 心身ともに避難生活で弱っている被災者の心の隙につけ込んで、取り込もうという魂胆アリアリ
ってのが凄いぜ。

|

« 東北地方太平洋沖地震 「ガソリンが足りません。そのため、壊れた病院にいる重症患者を移送できません」隠れた被災地茨城県の医療の現状 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 あなたの気持をちょっとだけ »

コメント

思わず「陰QB」こと「キュウべえ」悪魔の勧誘テクニックを思い出しました。
黒い、黒すぎるッ!

投稿: SY1698 | 2011-03-17 00:42

PTSDに陥った被災者のお年寄りに寄り添って話を聞いてあげればそれが誰であっても感謝されるものです。
レメディーをそうと話さず、単に砂糖水と思い込ませて提供すればやはり感謝されます。
こうやって集めた素朴な「感謝の声」を後でホメオパシーと関連付け「PTSDはホメオパシーに有効」と宣伝する邪心がミエミエです。
ホメオパシー団体としても勿論のこと、単なるボランティアとしても徹底的に排除すべきですね。しかし厚労相は最悪で、ボランティア担当総理補佐官がアレですから本当に心配です。

投稿: good job | 2011-03-17 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51137056

この記事へのトラックバック一覧です: 東北地方太平洋沖地震 日本ホメオパシー医学協会「ボランティアで現地に行き、レメディ(砂糖玉)を配ってお役に立ちます」とサイトに細川厚労相宛公開書簡:

« 東北地方太平洋沖地震 「ガソリンが足りません。そのため、壊れた病院にいる重症患者を移送できません」隠れた被災地茨城県の医療の現状 | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 あなたの気持をちょっとだけ »