« 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 311後の舵取りは? 「政府が補償」「政府が経費負担」はわたしたち国民が払った税金のことです 納税者は予算に注意しよう »

2011-03-26

福島第一第二原発事故 不安に思う、赤ちゃん・小さいお子さんを育てておられる保護者の方へ 日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会がお答えします

放射性物質で汚染された水道水は、赤ちゃんや小さい子どもにどんな影響があるか、みんな心配している。
このことについて、
 日本小児科学会、日本周産期・新生児医学会、日本未熟児新生児学会
が3/24付で
 共同見解
を出した。


「食品衛生法に基づく乳児の飲用に関する暫定的な指標値 100Bq/キログラムを超過する濃 度の放射性ヨウ素が測定された水道水摂取」に関する、日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会の共同見解(PDF)

平成23年3月24日
日本小児科学会 会長 五十嵐 隆
日本周産期・新生児医学会 理事長 田村正徳
日本未熟児新生児学会 理事長 戸苅 創

 「乳児による水道水の摂取に係る対応について[平成 23 年 3 月 21 日健水発第 2 号厚生労働 省健康局水道課長通知])」に基づき、乳児による水道水の摂取を控えるように各自治体から呼び掛けが行われています。そのため、各地域で、乳児のいる家庭、乳児を預かる保育所、 乳児が入院する病院等で大きな混乱が起きています。しかしながら、この指標値は月あるいは年単位で摂取した場合に設定されたものです。したがって、短期間の摂取では、乳児であっても、健康に影響を及ぼす可能性は極めて低いと言えます。一方、乳児の水分摂取 必要量は成人に比べて多いため、短期間であっても、水分摂取不足は重大な健康障害を起こします。このため、飲用水が確保できない場合には、水分摂取を優先させて下さい。 なお、学会としては、当面の対応として以下のようなことを推奨します。
1)母乳栄養の児では、母親は制限なく食事を摂取し、母乳栄養を続けてください。
2)人工栄養の児では、ミネラルウォータを使用してミルクを調整することは可能ですが、 煮沸し適温にしてから使用します。一部の硬水では、粉乳が十分に溶解しないことがあります。また、硬水には多くのミネラルが含まれており、乳児に過剰な負担を与える可能性があります。この場合には、水道水を用いる方が安全です。
3)離乳食を摂取している乳児では、水分摂取は離乳食からも可能なので、人工乳の量を減らすことは問題ありません。
4)人工乳のみを摂取している児で、代用水が確保できない場合には、通常通り水道水を使用して下さい。

結論をまとめると
1 いま報道されている汚染濃度なら、母乳を与えて大丈夫
2 人工栄養なら軟水のミネラルウォータが入手できれば、一度沸騰させてから適温に冷やして使う。硬水のミネラルウォータは、粉ミルクが溶けにくく、乳児にはミネラルの過剰負担になる可能性があるので、水道水を用いること
3 離乳食段階の乳児は、離乳食からも水分が取れるので、ミルクを減らしても問題なし
4 粉ミルクで育てている場合、軟水のミネラルウォータ等が入手できなければ、水道水を使っても大丈夫
ということだ。そして何より
 乳児に、必要な水分を与えずに「脱水状態にする」ことのないように気をつけることが大事
である。

|

« 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 311後の舵取りは? 「政府が補償」「政府が経費負担」はわたしたち国民が払った税金のことです 納税者は予算に注意しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51218088

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一第二原発事故 不安に思う、赤ちゃん・小さいお子さんを育てておられる保護者の方へ 日本小児科学会、日本周産期・新 生児医学会、日本未熟児新生児学会がお答えします:

« 福島第一第二原発事故 不安に思う、妊婦の方や授乳中のお母さん達へ 日本産科婦人科学会がお答えします | トップページ | 東北地方太平洋沖地震 311後の舵取りは? 「政府が補償」「政府が経費負担」はわたしたち国民が払った税金のことです 納税者は予算に注意しよう »