« 福島第一原発事故 昨日の地震で東北電力女川・東通原発、六ヶ所村再処理工場で電源トラブル→原発設計時に「電源喪失は考慮しなくてよい」@国の原子力安全委の指針 | トップページ | 福島第一原発事故 インド、日本からの食品輸入禁止を撤回 »

2011-04-08

福島第一原発事故 震災の夜、1号機の燃料棒が露出寸前に@NHK

今のところ
 NHKのみが報道
しているニュース。


1号機 震災の夜に燃料露出直前
4月8日 7時17分

東京電力、福島第一原子力発電所の事故で、1号機では、先月11日の地震当日の夜までに原子炉の水が核燃料が露出する直前まで減り、安全のために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことが、NHKが入手した資料で分かりました。専門家は「その後さらに水が減り、核燃料が露出したことで、地震の翌日という早い段階で水素爆発が起きたのではないか」と指摘しています。
NHKが入手した資料には、地震当日の先月11日に福島第一原発の1号機から3号機で測定された原子炉の「水の高さ」や「圧力」などの値が示されていますが、東京電力などは、これまで地震の翌日以降の値しか公表してきませんでした。資料によりますと、1号機では、地震発生から7時間近くたった午後9時半に、原子炉の中で核燃料が露出するまでの水の高さが残り45センチとなり、通常の10分の1程度に減っていたことが分かりました。1号機から3号機では、地震と津波によってすべての電源が失われ2号機と3号機では非常用の装置で原子炉を冷やし、水の高さが4メートル前後に維持されていました。これに対し1号機では、地震当日の夜までに、すでに安全のために最も大切な「冷やす機能」を十分に保てなかったことになります。また核燃料が水から露出するまで2号機と3号機では、地震から1日半から3日程度かかっているのに対し、1号機では18時間ほどしかありませんでした。東京大学の関村直人教授は「1号機では、『冷やす機能』が維持できなくなったあと、さらに水が減り核燃料が露出したことで、地震の翌日という早い段階で水素爆発が起きたのではないか」と指摘しています。一方、東京電力は「調査はこれからで詳しいことは分からない」と話しています。

というわけで
 最初の晩からヤバイ状態
だったらしいぞ、1号機。

東電絡みの報道では、NHKに頑張って貰うしかない。しかし
 「調査はこれからで詳しいことは分からない」
と、東電が言っても、これまでの記者会見その他の輝かしい「実績」から見て、
 いつまで経っても「これから」じゃねえのかよ
という疑いを強く持たれているからな。

|

« 福島第一原発事故 昨日の地震で東北電力女川・東通原発、六ヶ所村再処理工場で電源トラブル→原発設計時に「電源喪失は考慮しなくてよい」@国の原子力安全委の指針 | トップページ | 福島第一原発事故 インド、日本からの食品輸入禁止を撤回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51332550

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故 震災の夜、1号機の燃料棒が露出寸前に@NHK:

« 福島第一原発事故 昨日の地震で東北電力女川・東通原発、六ヶ所村再処理工場で電源トラブル→原発設計時に「電源喪失は考慮しなくてよい」@国の原子力安全委の指針 | トップページ | 福島第一原発事故 インド、日本からの食品輸入禁止を撤回 »