« 英文のCV | トップページ | 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと »

2011-04-14

東日本大震災 また津波の恐れか「震源域東側でM8級」予測

M9.0という巨大地震は、プレートに大きなインパクトを与え、最初の大地震から1カ月経った今も、余震と呼ぶには大きすぎる地震が頻発している。
はやく落ち着いて貰いたいのだが、M9.0という規模は、人間の想定を軽く吹っ飛ばす。
読売より。


震源域東側でM8級、早ければ1か月内…専門家

 東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、複数の研究機関が分析を進めている。
 日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内に津波を伴う地震が再来する危険がある。
 M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。
 京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

(2011年4月14日03時15分 読売新聞)

全然うれしくない予測だな。
てか
 津波が来たら、さっさと逃げる以外に手はない
ってことしか、もう人間には残されてないんだが。

|

« 英文のCV | トップページ | 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと »

コメント

復興、復興、と単純に元に戻そうとしてますが、それは実際、かなり危ない。かといって、「エコタウン」(苦笑)ではないと思いますが、、、。

投稿: ttanabe | 2011-04-14 07:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51382968

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 また津波の恐れか「震源域東側でM8級」予測:

« 英文のCV | トップページ | 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと »