« 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと | トップページ | 桃山末期から散逸していない個人蔵書 書痴の楽園「田中彌性園文庫」@杏雨書屋 »

2011-04-22

インターネットでの医薬品販売 店が閉まったり、扱い中止になると第二類医薬品が買えなくなる件

インターネットで購入していた第二類医薬品に関して、困っている。
まず最初に困ったのが
 インターネット店舗の閉鎖
だった。以前から第二類の医薬品を購入していた薬局が、インターネットの販売規制が出来てすぐ、インターネット販売そのものをやめてしまった。
その後は、同じ薬を他の薬局のインターネット店舗でも買ったことがあったので、そこで買っていたのだが、最近、その薬の扱いをやめてしまった。

インターネット店舗では
 規制の始まる以前から購入実績がないと第二類医薬は購入できない決まり
である。
しょうがないので、別な店舗に購入を申し込んだが、当然、過去の販売実績がないからキャンセルされてしまった。
そうそう手に入りやすい薬でもない。かつ、インターネット店舗は割引が大きい。今後は、実店舗で正価で購入することになるんだろう。常用しているアレルギーの薬なのだが、まずは購入していた大きなサイズを売っている実店舗を探すか、小さいサイズを扱っている店で取り寄せて貰うしかない。

他にも、規制以前に購入実績を作れなくて、インターネットでは買えない、旅行で必ず必要になる常備薬がある。今までの十数回に及ぶ海外調査は、この薬の助けなくしてはなしえなかったのだが、これも扱っている実店舗の薬局が少なく、次回どうやって入手しようかと考えているところだ。インターネットで検索を掛けると、いくつかの店で扱っているが、残念ながら、規制以前に買ったことがなくて、入手できないし、それらの薬局の住所を見ると、みんな今住んでいる所からは簡単に行ける距離ではない。
今回のものは日常的に飲んでいるのに、アレルギーシーズンのまっただ中で切らしてしまって、実に困っている。
忙しいのと、外出に制限がある(全身の調子の悪いときは危険なので外に出ない)ので、インターネット購入出来ないのは、悩みの種だ。

他店舗で、よその店舗での販売実績を引き継いでくれればいいのだが、そういう話は聞かない。

|

« 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと | トップページ | 桃山末期から散逸していない個人蔵書 書痴の楽園「田中彌性園文庫」@杏雨書屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51458321

この記事へのトラックバック一覧です: インターネットでの医薬品販売 店が閉まったり、扱い中止になると第二類医薬品が買えなくなる件:

« 福島第一第二原発事故 高木仁三郎が言っていたこと | トップページ | 桃山末期から散逸していない個人蔵書 書痴の楽園「田中彌性園文庫」@杏雨書屋 »