« ガレノスのお勉強 | トップページ | 福島第一原発事故 3号機西側約20メートル地点の瓦礫の中に放射線源(その2) 3号機南側の瓦礫から1Sv/hという高線量@5/22→政府も東電もバックレてるけどただの「瓦礫」なわけないじゃん »

2011-05-23

福島第一原発事故 まさに曲学阿世「貞観地震の津波は小さい被害」@東電の学会発表予稿

昨日から


 日本地球惑星科学連合2011年大会
 会期:2011年5月22日(日)~27日(金) 6日間
 会場:幕張メッセ国際会議場(〒261-0023 千葉市美浜区中瀬2-1)

が始まった。予稿集は予稿原稿投稿によると、


受付期間

開 始: 2011年1月11日(火)
早期締切: 2011年1月31(月) 17:00
最終締切: 2011年2月4日(金) 正午12:00 締め切りました

ということで
 今年の2/4までに投稿されたものが載っている
のであるが、その中に
 東電の貞観地震津波に関する論文
が掲載されている模様。朝日が報じている。


東電、貞観大津波も過小評価か 4メートル未満と推定
2011年5月23日8時21分

 東日本大震災の大津波の前例と指摘される869年の「貞観(じょうがん)の大津波」について、東京電力が福島県内の津波は4メートル未満と推定する調査結果をまとめていた。大津波の可能性を小さく評価する内容。22日から始まった日本地球惑星科学連合大会に発表を申し込んでいた。
 東電は、2009年から10年にかけて、福島県内の5地点で貞観の大津波で運ばれた砂を調べた。この結果、南相馬市で高さ3メートルの地点に砂があったが、4メートルの地点では見つからなかったとして、津波が海岸に駆け上がった高さは「最大で4メートル未満」と結論づけた。
 富岡町からいわき市にかけては津波で運ばれた砂は見つからず、「標高4~5メートルを超える津波はなかった可能性が高い」とした。

そして
 3/11にあの大津波が起きた
わけだ。

しかし
 調査した研究者
は、
 曲学阿世の徒
ですな。
一昨年の6/24に開かれた
総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会 耐震・構造設計小委員会 地震・津波、地質・地盤 合同WG(第32回)議事録
では、東電は次のように
 貞観地震で起きた津波の「過小評価」に躍起
となっている。


○岡村委員 まず、プレート間地震ですけれども、1930年代の塩屋崎沖地震を考慮されているんですが、御存じだと思いますが、ここは貞観の津波というか貞観の地震というものがあって、西暦869年でしたか、少なくとも津波に関しては、塩屋崎沖地震とは全く比べ物にならない非常にでかいものが来ているということはもうわかっていて、その調査結果も出ていると思うんですが、それに全く触れられていないところはどうしてなのかということをお聴きしたいんです。
○東京電力(西村) 貞観の地震について、まず地震動の観点から申しますと、まず、被害がそれほど見当たらないということが1点あると思います。あと、規模としては、今回、同時活動を考慮した場合の塩屋崎沖地震でマグニチュード7.9相当ということになるわけですけれども、地震動評価上は、こういったことで検討するということで問題ないかと考えてございます。
○岡村委員 被害がないというのは、どういう根拠に基づいているのでしょうか。少なくともその記述が、信頼できる記述というのは日本三大実録だけだと思うんですよ。それには城が壊れたという記述があるんですよね。だから、そんなに被害が少なかったという判断をする材料はないのではないかと思うんですが。
○東京電力(西村) 済みません、ちょっと言葉が断定的過ぎたかもしれません。御案内のよう
に、歴史地震ということもありますので、今後こういったことがどうであるかということについ
ては、研究的には課題としてとらえるべきだと思っていますが、耐震設計上考慮する地震という
ことで、福島地点の地震動を考える際には、塩屋崎沖地震で代表できると考えたということでご
ざいます。
○岡村委員 どうしてそうなるのかはよくわからないんですけれども、少なくとも津波堆積物は常磐海岸にも来ているんですよね。かなり入っているというのは、もう既に産総研の調査でも、それから、今日は来ておられませんけれども、東北大の調査でもわかっている。ですから、震源域としては、仙台の方だけではなくて、南までかなり来ているということを想定する必要はあるだろう、そういう情報はあると思うんですよね。そのことについて全く触れられていないのは、どうも私は納得できないんです。
○名倉安全審査官 事務局の方から答えさせていただきます。産総研の佐竹さんの知見等が出ておりますので、当然、津波に関しては、距離があったとしても影響が大きいと。もう少し北側だと思いますけれども。地震動評価上の影響につきましては、スペクトル評価式等によりまして、距離を現状の知見で設定したところでどこら辺かということで設定しなければいけないのですけれども、今ある知見で設定してどうかということで、敷地への影響については、事務局の方で確認させていただきたいと考えております。多分、距離的には、規模も含めた上でいくと、たしか影響はこちらの方が大きかったと私は思っていますので、そこら辺はちょっと事務局の方で確認させていただきたいと思います。
あと、津波の件については、中間報告では、今提出されておりませんので評価しておりませんけれども、当然、そういった産総研の知見とか東北大学の知見がある、津波堆積物とかそういう
ことがありますので、津波については、貞観の地震についても踏まえた検討を当然して本報告に出してくると考えております。
以上です。
(略)
○岡村委員 先ほどの繰り返しになりますけれども、海溝型地震で、塩屋崎のマグニチュード7.36程度で、これで妥当だと判断すると断言してしまうのは、やはりまだ早いのではないか。少なくとも貞観の佐竹さんのモデルはマグニチュード8.5前後だったと思うんですね。想定波源域は少し海側というか遠かったかもしれませんが、やはりそれを無視することはできないだろうと。そのことに関して何か記述は必要だろうと思います。

津波の影響を必要以上に小さく見積もろうとする東電の西村氏に食い下がっているのは
 岡村行信 産総研活断層・地震研究センター所長
である。
 
で、最近、こんな研究も明らかになった。5/18付朝日より。


弥生時代にも今回並みの津波 仙台平野、東北学院大調査
2011年5月18日11時21分

 東日本大震災で津波に襲われた仙台平野は、約2千年前の弥生時代の津波でも同程度浸水していた可能性があることが、東北学院大の松本秀明教授(地形学)らの地質調査でわかった。仙台平野は869年の貞観(じょうがん)津波でも同規模の浸水が起きている。
 松本教授らは、今回、津波が海岸線から約4キロ内陸まで到達した仙台市若林区で、津波の到達した距離と津波で運ばれた砂や泥の関係を調べた。海岸線から約3キロまでは砂だったが、その先は粒子が細かい泥が堆積(たいせき)していた。
 この調査結果と、仙台市教育委員会と数年前に調べた約2千年前に津波に襲われた水田跡がある沓形遺跡のデータを比較。海岸線から約2.5キロ内陸まで砂が到達した約2千年前の津波は、約3.3~4.1キロ内陸まで達したと結論づけた。
 貞観津波も同じ規模だったと見られることから、松本教授は「地震の起こり方がはっきりわからないので、千年周期で津波が起こるとまでは言い切れないが、同規模の津波が繰り返し起こっていたという事実は大きい」と話した。(福島慎吾)

こちらは仙台平野の津波被害だが
 少なくとも1000年に一度程度は今回と同じくらいの規模、すなわち海岸線から4km内陸までに津波が襲った
ことが分かってきた。

というわけで
 東電の地質調査は「出ないところを選んで掘った」結果
じゃねえだろな。あるいは
 「見える物を見なかった」調査
なのか。

|

« ガレノスのお勉強 | トップページ | 福島第一原発事故 3号機西側約20メートル地点の瓦礫の中に放射線源(その2) 3号機南側の瓦礫から1Sv/hという高線量@5/22→政府も東電もバックレてるけどただの「瓦礫」なわけないじゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51747040

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発事故 まさに曲学阿世「貞観地震の津波は小さい被害」@東電の学会発表予稿:

« ガレノスのお勉強 | トップページ | 福島第一原発事故 3号機西側約20メートル地点の瓦礫の中に放射線源(その2) 3号機南側の瓦礫から1Sv/hという高線量@5/22→政府も東電もバックレてるけどただの「瓦礫」なわけないじゃん »