« 石原明旧蔵『医心方提要』その後@日本医史学会 6/11 順天堂大学 | トップページ | 崎陽軒横濱かりぃの謎 »

2011-06-13

『杏雨』第14号 2011@杏雨書屋

杏雨書屋から
 『杏雨』第14号
が届いた。

講演会の記録だけでなく、杏雨書屋所蔵の書籍等の研究等も掲載されている。
面白く読んだのは以下。
 古泉圓順 『薬種抄』二(『薬種抄』の釈読の続き)
 岡野誠 唐宋史料に見る『法』と『医』の接点
 岩本篤志 『新修本草』序例の研究 敦煌秘笈本の検討を中心に
 橘堂晃一 清野謙次旧蔵敦煌写本の一断片によせて
 田中圭子 東山御文庫所蔵「薫物調合秘方」解説と釈文 杏雨書屋所蔵『香秘書』享受史一考
 白井順 三木文庫調査報告
このうち、最後の三木文庫とは
 三木榮旧蔵書の内、杏雨書屋が受け入れた書籍
を指す。三木榮旧蔵書の中で、スクラップブックの一部は、現在、北里大学に所蔵されていて、先週土曜の日本医史学会で、郭秀梅さんが、その一端について発表された。
 

|

« 石原明旧蔵『医心方提要』その後@日本医史学会 6/11 順天堂大学 | トップページ | 崎陽軒横濱かりぃの謎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51935208

この記事へのトラックバック一覧です: 『杏雨』第14号 2011@杏雨書屋:

« 石原明旧蔵『医心方提要』その後@日本医史学会 6/11 順天堂大学 | トップページ | 崎陽軒横濱かりぃの謎 »