« 『杏雨』第14号 2011@杏雨書屋 | トップページ | 舌打ち@首都圏 »

2011-06-14

崎陽軒横濱かりぃの謎

横浜の家では、金沢文庫駅で売っている崎陽軒の弁当を食べることが結構あるんだけど、母が新しいパンフレットを貰ってきた。夏のメニューが載っている。それはいいのだが、裏面の写真を見ていたら、不思議なモノが写っていた。崎陽軒の売店にまだあると思うから、一度確認してほしい。
ブツはこれである。


じっくり煮込んだシウマイ入り 「 横濱かりぃマイルド」 発売(PDF)

 株式会社崎陽軒(本社:横浜市西区、取締役社長:野並直文)は、平成22年6月10日(木)に 「横濱
かりぃマイルド」(税込400円)を発売いたします。
 平成15年より、じっくり煮込んだシウマイが入った「横濱かりぃ」を販売し、横浜のご当地カレーとしてご好評をいただいております。その「横濱かりぃ」に新たなラインナップとしてスパイスを抑え、フルーツの量を増やすことで甘みと香り、コクのある風味に仕上げた「横濱かりぃマイルド」が加わります。辛いカレーが苦手な方やお子様にも召し上がっていただけるその味わいは、
家族団らんの夏の食卓にもぴったりです。

ええっと
 横須賀海軍カレー
というのは前からあるんだが
 シウマイ入りカレー=横濱かりぃ
というロジックには今一ついて行けない。パンフレットの写真には
 カレールーにまみれたシウマイをスプーンで掬っている
様子が写っている。

ところで、横浜駅東口には
 崎陽軒本店
がある。1階にはお洒落な喫茶室があって、ここは
 アフタヌーンティーセット
なんかが置いてある。先日行った時は、もう売り切れてたけど、今月はこんな中身。


崎陽軒本店 ティーサロン アボリータム

(略)
■アフタヌーンティーセット
1,370円(税込)
ご提供時間:12:00~ *数量限定のため品切れの際はご了承ください。
香り高い英国式紅茶で、ゆったりとした午後のひとときをお楽しみください。

6月の内容

【上段】 ラウエア葡萄のティラミスコンコードのゼリーよせ、自家製生チョコスティック アーモンドキャラメリーゼ風味、バナナのパンナコッタ3種ベリーとカルディナルソースを添えて
【中段】 崎陽軒特製スコーン、タスマニアサーモンと帆立貝のポワレソースオゼイユ 自家製ライ麦パンを添えて
【下段】 ミックスサンドイッチ

壁際のソファの座り心地がよろしい。

|

« 『杏雨』第14号 2011@杏雨書屋 | トップページ | 舌打ち@首都圏 »

コメント

「横濱かりぃ」って味は好みによりますが さほど変わった味ではないと思います。
ここの焼売に飽きた人に土産で買っています。まあ最初だけは話題になります。
昔ブームだった紅葉まんじゅうと一緒です。

投稿: Bugsy | 2011-06-15 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/51939518

この記事へのトラックバック一覧です: 崎陽軒横濱かりぃの謎:

« 『杏雨』第14号 2011@杏雨書屋 | トップページ | 舌打ち@首都圏 »