« 第14回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門@6/27 本選第1日目 Trifonovの奇蹟の夜→アーカイブで視聴可能 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール Galaコンサート生中継 日本時間7/2 0:00より »

2011-07-01

第14回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門 Daniil Trifonovの「卒業」優勝はTrifonov

日本時間の昨夜未明、Trifonovは、本選2曲目に選んだショパンのピアノ協奏曲1番の最後のリハーサルに臨んだ。前回のリハでは、思うように合わせることが出来なかったのだが、今回は思い切って、指揮者やオケに
 自分のやりたい演奏
を訴えるTrifonovの姿を何度も見た。指揮者とコンマスとTrifonovが、協議する様子。
Trir1

フルートとオーボエに、自分の希望を強く伝えるTrifonov。
Trir2

リハが終わって、パパとタチアナ・ゼリクマン先生と会場を出ようとするところを、元『月刊ショパン』で「のだめカンタービレ」の「河野けえ子」のモデル、高坂さんに取材されているシーン。
Trir3
この後も、Trifonovは更に研究を続けた模様。

昨日は、仕事で、日本時間18:00からのTrifonovの演奏に間に合わない。なんとか家に着いたら、ちょうど第三楽章の最後の20小節くらいを弾いているところだった。会場の反応を見ると、
 弾けた
ようだ。ひとまずは安心した。
live映像を巻き戻して、聞き直す。
これまでTrifonovのショパンの1番は、ショパンコンクール、ルービンシュタイン国際ピアノコンクールと聞いてきたけれど、この2回では、特に第三楽章はテンポを速めに持って来て弾いていた。今回は、オケがなかなか動かない。Trifonovのこれまでのテンポでは、オケと絶望的に合わない。
では、どうするか。
Trifonovは、オケの音を聴いて、自分のピアノを合わせながら、最終的に
 自分のテンポにオケを乗せる
ことに成功した。特に第三楽章では、やや過剰とも思えるほどルパートを掛けて、手の中にテンポを戻した。こうした演奏に好き嫌いはあるだろうけれども
 目の前のオケと「やっていく方法」を身につけた
のである。
 演奏家としての壁を一つ越えた
のだ。

幸せそうな表情で第一楽章を弾くTrifonov。
Trip1
この表情から、聴く人を幸福感で満たす、美しい音を紡ぎ出す。

第二楽章は、Trifonovの特長である
 弱音の美音
が、ホールに響き渡った。なんと表現したらよいのだろう、
 透明な玻璃の器に盛られた西域の葡萄
のような、瑞々しさに満ちた音が弾ける。煌めく天上の音楽と言ってもよい。
 20歳のいましか表現し得ない音楽
を、Trifonovはコンクール本選という難しい局面で表現して見せたのである。若々しく、生気溢れ、青春の陰影に富むショパンの音楽を、この夜、Trifonovは奏でた。
冷房が効かず、第一楽章では、プログラムでさかんに顔を扇いでいた聴衆の手が、はたと止まり、Trifonovの美音を一音たりとも聞き逃すまいと集中している。
そして、第三楽章。オケも乗り、Trifonovのピアノは冴え渡った。独奏部のルパートにうるささを感じる人がいるかもしれないけれども、これは
 いかにオケと一つの音楽を造るか
という最後の難問に出した、Trifonovなりの答えなのだから、致し方ない。彼は、子どもの頃から始まった
 コンクール人生の「卒業試験」

 必ずしも、この曲を好まないオケとショパンの1番を弾く
という課題を選び、見事にクリアしたのだ。
そもそもが
 チャイコフスキーの名を冠したロシアのコンクール
だ。その本選の自由曲に
 ポーランドの作曲家の協奏曲を選ぶ
ことだけでも
 大きな挑戦
である。普通はロシアの作曲家のものを選ぶ。Trifonovのレパートリーに、そうしたものがないわけではないのだが、彼は
 ショパンコンクール、ルービンシュタイン国際コンクール、チャイコフスキー国際コンクール
という3回のコンクールで、ショパンの1番を弾いた。ショパンコンクールではショパンの協奏曲は必須だが、そうでない2つのコンクールでもショパンを選んだ。そして
 演奏の都度、めざましい進歩を見せてきた
のがTrifonovであり、今夜の演奏も期待を裏切らなかった。

結果発表は、大幅に遅れた。
ヴァイオリンでかなりの悶着があったことが、発表会場でも見て取れるほどだった。
そして、最後はピアノ部門。最後に名前を呼ばれたのは
 Daniil Trifonov
だった。おめでとう! Trifonov。

もっとも、相変わらずの不思議な行動が。
Trip4
一位の金メダルを手にしたものの、首には掛けず。

優勝者のコメントは、最初ロシア語、最後は二言ほど、いま勉強しているクリーブランド音楽院の学友やスタッフに向けて、英語で。
Trip5
で、やはりメダルは手に持ったまま。
後ろにいるのが、審査に当たったBarry Douglas。

Trifonovはすでに演奏家としての資質を開花させている。昨年10月の3位となったショパンコンクールから数えて8カ月という短期間で、Trifonovはめざましい成長を遂げた。
モスクワの大ホールが、ショパンの1番で満たされたとき、一瞬、ワルシャワの幻影が立ち上った。
Trifonovはどこへ行くのか。ピアニストという枠では収まりきらない才能を秘めている彼が、これからの人生をどう進めていっても、そこには必ず音楽の神からの祝福があるだろう。

1つ残念なことがあるとすれば、おそらくは、Trifonovの音楽の行方を最後まで見届けるのは叶わないだろうことだ。せめて、あと30年、彼の音楽を聴いていたかった。

今回のチャイコフスキー国際コンクールのガラコンサートは、9/8にサントリーホールで開かれる。当然、Trifonovも来る。チケットはすでに売り出されているが、今回の彼の優勝を受けて、あっという間に売り切れだろうな。

|

« 第14回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門@6/27 本選第1日目 Trifonovの奇蹟の夜→アーカイブで視聴可能 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール Galaコンサート生中継 日本時間7/2 0:00より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/52089247

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門 Daniil Trifonovの「卒業」優勝はTrifonov:

« 第14回チャイコフスキー国際コンクール ピアノ部門@6/27 本選第1日目 Trifonovの奇蹟の夜→アーカイブで視聴可能 | トップページ | チャイコフスキー国際コンクール Galaコンサート生中継 日本時間7/2 0:00より »