« 中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その4)運転席はやはり埋め立て済み | トップページ | 宇宙戦艦ヤマトじゃないよ「アメリカのデフォルトまであと〜時間」タイマー »

2011-07-25

中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その5)「国家機密レベルの技術漏洩を防ぐために運転席を埋めた」@NY Times

何だって〜!!!!!

中文ソースが見つからないのだが、NY Timesに載った
 なぜ運転席を埋めたか
という理由がとんでもない。記事前半だけ。


Train Wreck in China Raises Questions of Safety

By IAN JOHNSON
BEIJING — A deadly train accident in eastern China has added to a national sense of unease that safety may have been sacrificed in the country’s rush to modernize.

By Sunday evening, 43 bodies had been recovered from the wreckage near Wenzhou, where a high-speed train that had lost power was struck from behind by another train on Saturday night, the official Xinhua news agency reported. Six cars derailed and four fell off a viaduct in the accident, which also injured 210 people.

In official, government-approved accounts of the accident, officials moved quickly to take charge of the situation. On Sunday morning, President Hu Jintao declared that rescue efforts were a top priority. The government also announced that three senior officials in the Railway Ministry had been fired. The railway minister was said to have taken charge of the rescue operation.

But competing narratives already began emerging Sunday. On the feisty microblogging site Sina Weibo, postings said that the minister, Sheng Guangzu, who took over this year when his predecessor was fired for corruption, had been cornered by angry journalists after he dodged interview requests.

Other reports on the site said the ministry was burying parts of the wrecked trains near the site, prompting critics to say that the wreckage needed to be carefully examined for causes of the malfunction. The Railway Ministry said the trains contained valuable “national level” technology that could be stolen and thus must be buried — even though foreign companies have long complained that the technology was actually stolen from their trains.

More confusion emerged over efforts to portray nature as the culprit in the accident. Xinhua reported Saturday that the first train lost power when it was hit by lightning, and national television broadcasts emphasized pictures of lightning storms in the area. But later reports by Xinhua said the supposedly stalled train was under way when it was struck by the other train. Also left unexplained was why railway signals did not stop the second train before it hit the first one.

An editorial with the headline “No Development Without Safety” on People’s Net, the government-run Web site affiliated with the party’s leading newspaper, People’s Daily, said the Railway Ministry had warned of the risks of lightning in a notice four days before the crash. It said new procedures were needed to prevent accidents. But it noted that these measures had not been put into effect, implying that the railway had no emergency plans for trains struck by lightning.

The editorial also made a broader point that spoke to widespread public dissatisfaction over safety.

“From public transport safety to coal mine safety to food safety, these accidents show that theoretically there is no problem with the conception of safety plans,” the influential site said. “But they are not executed properly.”

ええっと
 国家機密レベルの技術だから、「盗まれないよう」に埋めた
って、何じゃい。
てか、世界の企業がこういう国と
 国民や地域の安全に関わるさまざまなシステムの納入契約
してるわけなんだが、次に考えるのは
 中国の原発は大丈夫なのか
だよな〜。

で、
 外国の技術を「寄せ集めた」のが「和諧号」
なんだけど
 どこが「国家機密レベル技術」
なんだろう。

おまけ。韓国・中央日報の反応。


「KTX山川に中国のような事故はあり得ない」
2011年07月25日11時03分


中国の高速列車追突脱線事故により30人以上の死亡者を含め250人余りの死傷者が発生した中、国産高速鉄道車両を開発した現代(ヒョンデ)ロテムは24日、「KTX山川(サンチョン)でこのような事故が発生することはありえない」と明らかにした。
韓国メディアのマネートゥデーは、現代ロテム関係者の話として、「高速鉄道は速度よりブレーキの技術が重要だが、KTX山川のブレーキ機能は中国高速鉄道とは次元が違う。中国高速鉄道の常時走行速度が時速300キロメートル未満ということはブレーキ技術がその水準にしかならないということ」と報じた。
この関係者は、「KTX山川はブレーキ技術だけでなくすべての安全装置をしっかりと備えた車両。中国では列車が停車し動けない状態で後続列車が衝突して事故が起きたが、KTX山川は先行列車が停止すれば後続列車は走らない」と説明した。
同関係者は、「通常、高速鉄道は2年ほどの安定化期間が必要だが、KTX山川は導入されて1年を少し過ぎた。最大限早急に安定化作業を終えるよう努力する」と付け加えた。

ということらしいです。

|

« 中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その4)運転席はやはり埋め立て済み | トップページ | 宇宙戦艦ヤマトじゃないよ「アメリカのデフォルトまであと〜時間」タイマー »

コメント

旧ソ連時代の小噺(ブレジネフのばかやろーっていったら「国家機密をばらした罪」で捕縛された)を思い出しますね。
あ、いつもROMっててすいません。楽しみにさせていただいています_(o)_

投稿: 今井 | 2011-07-25 11:17

ハインリッヒの法則 (ハインリッヒのほうそく、Heinrich's law) は、労働災害における経験則の一つ。
そんでもって、寄せ集めの技術で一つの体系を作った場合、これと似たような現象が起きているはず。
つまり、見逃された事象が蓄積すれば重大な結果を伴うって言うこと。
国家機密の技術情報だか何だか知らんが、それを埋め殺ししたんでしょ。
徹底的な因果関係も突き止められずに、分からないまま、また大きな事故がおきるはず。

投稿: ぐり太郎 | 2011-07-25 12:00

KTX山川というのも、もともとはアルストムの車輌をベースに「国産化」したものの、運行トラブルが続発したしろものでして、ええ。今回の場合は、CRH1~5などの車輌とかそれ以前に、信号設備がなまじっか「国産主義」を取っているところに問題があるのだろうと考えます。どういう信号設備なのかは「中国鉄路」という技術誌を片っ端から当たる必要があるのですが(国会図書館関西館所蔵)、自分は専門外なのでそこまで踏み込めませんですみません。

投稿: SY1698 | 2011-07-25 21:39

いやあ、真相究明と再発防止の上位に機密保持を置く国の怖さがわかりました(笑)

原発なんかみてると我が国も笑っておれませんが

投稿: 元外科医 | 2011-07-25 21:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/52301529

この記事へのトラックバック一覧です: 中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その5)「国家機密レベルの技術漏洩を防ぐために運転席を埋めた」@NY Times:

» 中国高速鉄道追突・転落事故 [歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。]
中国国営新華社通信によると、中国東部の浙江省温州市付近で23日午後8時半頃、北京発福建省福州行きの高速鉄道列車が、止まっていた浙江省杭州発福州行きの別の高速鉄道列車に追突し、杭州発の列車の2両が地上20~30メートルの高架橋から転落しました。 亡くなった方々のご冥福をお祈りするとともに、負傷された方々の一日も早いご快癒をお祈り致します。 ***♪赤い電車♪ 赤い電車が落っこちて 後はどこかへ埋めてしまった 赤い電車は現場から 証拠を消してウソっぽい でっかい中国 どうにでも... [続きを読む]

受信: 2011-07-25 21:32

« 中国高速鉄道(和諧号)列車事故(その4)運転席はやはり埋め立て済み | トップページ | 宇宙戦艦ヤマトじゃないよ「アメリカのデフォルトまであと〜時間」タイマー »