« ポスト菅候補の四人衆 馬淵・鹿野・野田・小沢一郎 東スポが一刀両断 | トップページ | 東日本大震災 朝日新聞「ひと」欄掲載の「医師」、被災地で医師法違反の疑いか(速報)→しかも「偽名」→7/11日テレ「スッキリ!!」で医師として登場 »

2011-08-12

東日本大震災 救助活動にあたった海自の警備犬金剛丸死ぬ

広島・呉の海自に所属する警備犬金剛丸が震災の救助活動を終えた後、体調を崩し死んだ、という。
中国新聞より。


海自呉の警備犬金剛丸天国へ
 呉市吉浦町の海上自衛隊呉造修補給所貯油所の警備犬の金剛丸が、死んだ。海自隊に2匹しかいない国際救助犬の試験に合格した犬で、3月の東日本大震災では生存者の捜索に従事した。
 呉地方総監部によると、雄のジャーマンシェパードで4歳4カ月。2008年2月から貯油所で不審者警戒などの任務に就いていた。09年には、国際救助犬連盟が救助犬の能力を測る目安としている試験に合格した。
 震災では発生翌日から仙台市で捜索に当たった。がれきで脚をけがしてもひるまず、水の中も泳いで捜した。生存者は発見できなかったが、指導担当だった松元良一さん(59)は「懸命に任務を続け、頭の下がる思いだった。あれだけ救助犬の素質がある犬はなかなかいない」と惜しんだ。
 金剛丸は災害派遣後に体調を崩し、9日に肺炎で死んだ。震災派遣が最後の任務だった。

【写真説明】東日本大震災で被災した仙台市で、がれきの中から生存者を捜す金剛丸(3月13日)

救助活動にあたった救助犬たちにも、苛酷な現場だった。

|

« ポスト菅候補の四人衆 馬淵・鹿野・野田・小沢一郎 東スポが一刀両断 | トップページ | 東日本大震災 朝日新聞「ひと」欄掲載の「医師」、被災地で医師法違反の疑いか(速報)→しかも「偽名」→7/11日テレ「スッキリ!!」で医師として登場 »

コメント

とても惜しまれます…

肺炎になる前にバディは気付いてやれなかったのでしょうか?

犬は言葉を話さないからこそ、人間が気付いてやるべきではなかったのだろうかと…

体調が悪いのって、なんとなくわかると思のですが…

4歳は若いですよ!
コレは人間の管理不足だとも思えます。

今後、このような惜しまれる死を未然に防ぐことにも力を注いで頂きたいと願っております。

優秀なのに残念ですよね


心より、ご冥福をお祈り致します。

投稿: ココア | 2011-09-30 02:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/52454589

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災 救助活動にあたった海自の警備犬金剛丸死ぬ:

« ポスト菅候補の四人衆 馬淵・鹿野・野田・小沢一郎 東スポが一刀両断 | トップページ | 東日本大震災 朝日新聞「ひと」欄掲載の「医師」、被災地で医師法違反の疑いか(速報)→しかも「偽名」→7/11日テレ「スッキリ!!」で医師として登場 »