« 紀伊半島の土砂ダム(堰き止め湖)決壊の可能性と発表@近畿地方整備局 | トップページ | 「京都筒菜」という名の「空心菜」 »

2011-09-21

BBC Radio3でDaniil TrifonovとNarek Hakhnazaryanのインタビュー & live演奏@9/20

今日未明、イギリスのBBC Radio3 "In Tune"で
 21日にイギリスで開かれる、チャイコフスキー・コンクールGalaに出演する、Daniil TrifonovとNarek Hakhnazaryan(Cello)のインタビューとlive演奏
が生放送された。
生放送は、日本では聴けなかったが、アーカイブはこれから7日間、以下で聴ける。
Monday - Sean Rafferty
内容。


Presented by Sean Rafferty.
(略)

Sean is also joined by Russian pianist Daniil Trifonov and Armenian cellist Narek Hakhnazaryan, winners of the International Tchaikovsky Competition. The competition is held every four years and has long been regarded as an outstanding opportunity for extraordinary young musicians to gain international recognition and establish their careers. Daniil and Narek perform live in the studio ahead of their performances with the London Symphony Orchestra at London's Barbican Centre.

演奏された曲目は、次の通り。


LIVE
01:39
 Schubert/Liszt — Auf dem Wasser zu singen
 Performer: Daniil Trifonov, piano
01:34
 Schubert/Liszt — Die Forelle
 Performer: Daniil Trifonov, piano
01:43
 PAGANINI – Variations on one string on a theme by Rossini — Narek Hakhnazaryan, cello
 Performer: Richard Shaw, piano

最初に短いインタビューがあって、これまでTrifonovとHakhnazaryanがどういう勉強をしてきて、どうやってコンクールに臨んだか等等に答えていた。
Trifonovは、予想通り
 なんとなくおどおどと、もこもこした口調で、でもにこにこしながら話している印象
で、時々、Hakhnazaryanが助け船を出したりしていた。
Hakhnazaryanは、ストラディバリウスのチェロを持って来たみたいで、司会のSean Raffertyが実にうれしそうだったが、Trifonovの演奏を生で聴いて、かなり感銘を受けた様子。

まあ、インタビューが
 Torifonovらしいっちゃらしいインタビュー
なので、ファンの方は是非お聞き下さい。
1:34からが、TrifonovとHakhnazaryanのパートである。

|

« 紀伊半島の土砂ダム(堰き止め湖)決壊の可能性と発表@近畿地方整備局 | トップページ | 「京都筒菜」という名の「空心菜」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/52790923

この記事へのトラックバック一覧です: BBC Radio3でDaniil TrifonovとNarek Hakhnazaryanのインタビュー & live演奏@9/20:

« 紀伊半島の土砂ダム(堰き止め湖)決壊の可能性と発表@近畿地方整備局 | トップページ | 「京都筒菜」という名の「空心菜」 »