« 札幌のヒグマ(その3)手稲山からクマが下りてくる! 中央区盤渓では危険な親子グマ3頭が目撃される | トップページ | 民主党政権になってもまだまだダダ漏れ日本 衆院議員のパスワードが盗まれ中国のサーバへ衆院サーバ内の情報がダダ漏れ »

2011-10-24

東大中哲4年生(昨年度)が書いた「文學部概論」

基本的に実学重視の東大で、文学部というと、かなりしんどい選択なのがよくわかる「文学部ガイダンス資料」。
 文學部概論(PDF)
昨年の中哲(専修名としては中国思想文化学)の4年生が書いて、年末のガイダンスに使われたモノのようである。

東大文学部と京大文学部の
 決定的な違い

 京大には進学振り分け(略称 進振り)がない
ことだ。各専修の定員に達するまでは、京大は基本的に希望する専修に進める。
東大の進振りは
 教養で取った単位の平均点で所属先を決める制度
で、私が知っている範囲では、以前は
 底割れ
と称される、
 教養の点数が振るわなくても入れる専攻
と、人気のある
 教養の点数がかなり高くないと行けない専攻
との差が激しかった。

最近の進振り状況。
進振り底点推移

ところで、
 日本で一番難しい入試
とされる東大理IIIなのだが、
 医学部医学科に進学しない学生がいる
ことも、上記サイトで指摘されている。
 医学部医学科
入試が終わってほっとしすぎたのか、それとも入試をクリアすることで燃え尽きたのか、
 赤字で示される「医学部に行けなかった理III生」
が悲しい。なお
 理学部数学科や物理学科等に進学した理III生
の中には、たぶん
 出身高校が「理III進学実績」を上げたいが為に「無理矢理に理IIIを受験させた生徒」
が含まれると思われる。てか
 東大理III進学者○名という「高校の見栄」のために理IIIに行かされたけど、やっぱり物理や数学やりたくて、そっちへ進んだ
ってことだろな。まあ
 何か分からないけど、一番難しいというから理IIIを受けたら合格したけど、やっぱり好きなことやる
学生だった可能性も捨てきれないが。
現在の
 国立や有名私大医学部入試がとっても難しい状況が日本の将来の頭脳をいかにスポイルするか
という悲しい実例だろう。

おまけ。
 進振りのおかげで「試験対策プリント(シケプリ)」が充実
しているのが、東大駒場の特徴でもある。
まあ、これだけ充実したシケプリがあって、もし優を取れないのであれば、不思議。
 東大の英語一列(英語I)の試験対策プリント
英語部会が
 英語を「暗記」科目にしないために現在の教材を作った
という風に世間では信じられているが、実際には
 暗記一列
と揶揄されるほどに
 鬼のように充実したシケプリが存在する
わけで、それほど英語が得意でなければ、シケプリで対策するだろね。

しかし、2年間、もしも、
 自分で考えず、ひたすらシケプリと他人のノートのコピーで試験を乗りきる
ことになると、学部進学時にはどんなことが起きるかは想像が付く。

試験対策に関しては
 「性善説」の教官 vs. 「最少の努力で最大の効果」の学生の攻防
ということになるわけだが、ここはやはり東大、
 学生の「集合知」が教官の予想を遙かに超える
ってことに。ある一定程度の学力の学生が集まっている大学であれば、大抵、数で圧倒的な学生の方が、教官の裏を掻くのは、これまた歴史の示すところである。
大体、今年辺りから退官する教授は、
 全共闘世代

 大学がロックアウトされていて、ろくに授業も試験もなかった世代
なわけで、
 試験対策など必要なかった学生時代を過ごしていた教授陣
が、
 子どもの頃から試験漬けで、勝ち残ってきた学生

 試験突破のノウハウ
では、勝てる筈もない。

|

« 札幌のヒグマ(その3)手稲山からクマが下りてくる! 中央区盤渓では危険な親子グマ3頭が目撃される | トップページ | 民主党政権になってもまだまだダダ漏れ日本 衆院議員のパスワードが盗まれ中国のサーバへ衆院サーバ内の情報がダダ漏れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/53071371

この記事へのトラックバック一覧です: 東大中哲4年生(昨年度)が書いた「文學部概論」:

« 札幌のヒグマ(その3)手稲山からクマが下りてくる! 中央区盤渓では危険な親子グマ3頭が目撃される | トップページ | 民主党政権になってもまだまだダダ漏れ日本 衆院議員のパスワードが盗まれ中国のサーバへ衆院サーバ内の情報がダダ漏れ »