« 高田時雄・尾崎雄二郎『小川環樹 中國語學講義』(映日叢書) 臨川書店 2011 3150円 | トップページ | 「ルドン展」の告知サイトがいろいろひどすぎる件 »

2011-10-15

刻みしば漬もしくは日野菜漬

手軽なお弁当に付いてくる
 香の物
というと、関東等だと
 きゅうりのキューちゃん類似品
が多いように思う。後口をさっぱりさせるという点では悪くないのだが、関西、特に京都では
 刻みしば漬
もしくは甘酢漬の
 日野菜漬
が多い。いずれも酸味があり、後口がさっぱりする。

刻みしば漬けは
 細かく刻まれているのを上
とする。細かければ細かいほどよい。
日野菜漬は
 厚からず薄からずの短冊を上
とする。厚さの加減が難しい。たまに斜切りがあるけど、あれは漬け物の盛り合わせに入っているならともかく、食事を締めるお弁当の付け合わせとしては今ひとつだ。

日野菜漬の原料「日野菜」は、滋賀県日野町が発祥の地だ。近畿農政局のサイトに、日野菜の紹介ページがある。
滋賀の伝統野菜:日野町日野菜
ほんのり桜色に染まった日野菜漬は、この頃は日本のあちこちで食べられるようになってうれしい。子どもの頃は、関東以北では見掛けず、京都などから買ってきて貰った日野菜漬を大事に食べていた。

|

« 高田時雄・尾崎雄二郎『小川環樹 中國語學講義』(映日叢書) 臨川書店 2011 3150円 | トップページ | 「ルドン展」の告知サイトがいろいろひどすぎる件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/52993856

この記事へのトラックバック一覧です: 刻みしば漬もしくは日野菜漬:

« 高田時雄・尾崎雄二郎『小川環樹 中國語學講義』(映日叢書) 臨川書店 2011 3150円 | トップページ | 「ルドン展」の告知サイトがいろいろひどすぎる件 »