« 今年のサンタの旅もそろそろおしまい | トップページ | 【業務連絡】水口拓壽さんが台北孔子廟で挙げた華燭の典が台湾紙で記事になる »

2011-12-25

小長谷正明『ローマ教皇検死録』中公新書1605 2001年

ベッドの周りを片付けていたら出てきたので、
 小長谷正明『ローマ教皇検死録』
を読む。
書名はおどろおどろしいが、
 歴代のパパ様がどんな原因で亡くなったかを推理
するもの。今一、記述が荒く、もうちょっと整理して書けば、もっとわかりやすいのに、と感じる。

純潔どころか、
 愛人だらけ、子どもや孫を枢機卿に据える教皇がいた時代
があるローマカトリックは、
 宗教世界を統べる教皇の権力
の魅力に抗いがたかった聖職者達が、血で血を洗う歴史を持っている。アーメン。
そのため
 毒殺
は当たり前で、その毒殺技術がイタリアからやがてフランスへ、カトリーナ・ド・メディシスとともに移入されるなんて話も出てくる。
それと
 ローマの友達「マラリア」の被害
が意外に大きいことにも驚いた。

なお「女教皇ヨハネス」について、参照されているのは以下の論文。全文が読める。
Maria I. New, Pope Joan: a recognizable syndrome(pdf)

|

« 今年のサンタの旅もそろそろおしまい | トップページ | 【業務連絡】水口拓壽さんが台北孔子廟で挙げた華燭の典が台湾紙で記事になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/53566396

この記事へのトラックバック一覧です: 小長谷正明『ローマ教皇検死録』中公新書1605 2001年:

« 今年のサンタの旅もそろそろおしまい | トップページ | 【業務連絡】水口拓壽さんが台北孔子廟で挙げた華燭の典が台湾紙で記事になる »