« 舞妓さん狙いのカメラ親爺 | トップページ | トヨタ vs. 個人(産婦人科医)の時間外労働を巡る戦い 「社会貢献」で設立された刈谷豊田総合病院時間外勤務賃金民事訴訟→補記あり »

2011-12-19

「寒ぶりを愛する男」が児童施設に氷見の寒鰤2本と1万円を置いて去る

今年は日本海で寒鰤がよく獲れているという。鰤は日本海側の年取り魚で、お歳暮に寒鰤が使われることも少なくない。天然物の鰤は、身が締まっていて、養殖物とは一味も二味も違う。

で。2/17付読売より。


「寒ぶり愛する男」、養護施設にとれたて贈る

 44人の子供たちが生活する富山県高岡市の児童養護施設「高岡愛育園」に15日、30歳代とみられる男性が訪れ、寒ブリ2本を置いて立ち去った
 高級魚として名高い富山・氷見漁港産で、1本3万~4万円。子供たちは思わぬプレゼントに大喜びで、刺し身や焼き魚にして味わった。箱には「寒ぶりを愛する男より」との手紙が入っていた。
 高橋源吾園長によると、男性が現れたのは15日午前9時頃。ワンボックスカーで乗り付け、玄関の前に青い発泡スチロールの箱2個を置いた。事務室にいた女性職員に気づくと手を上げ、何も言わずに去っていったという。
 箱には、氷見漁協のお墨付きであるブランド名「ひみ寒ぶり」の文字が記され、10キロと8キロのブリが入っていた。「今日とれた寒ぶりです。皆様で食べてください。寒ぶりを愛する男より」と書かれたB5判の手紙と、「魚屋でさばいてもらってください」と1万円入りの封筒も添えられていた。子供たちは興奮し、「こんな大きなお魚を見たのは初めて」と目を輝かせたという。

(2011年12月17日11時09分 読売新聞)

ちゃんと
 魚屋で捌いてもらう手間賃までつけての贈り物
で、配慮が行き届いている辺りがすばらしいよね。

生鮮食料品をくれるのはいいのだけれど、その食品についての知識や調理の技量がなければ、人によっては、もらった後、どう扱ったらいいのか途方に暮れることもある。その点、この「寒ぶりを愛する男」氏は、万全。
プレゼントをするときは、かくありたい。

|

« 舞妓さん狙いのカメラ親爺 | トップページ | トヨタ vs. 個人(産婦人科医)の時間外労働を巡る戦い 「社会貢献」で設立された刈谷豊田総合病院時間外勤務賃金民事訴訟→補記あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/53519058

この記事へのトラックバック一覧です: 「寒ぶりを愛する男」が児童施設に氷見の寒鰤2本と1万円を置いて去る:

« 舞妓さん狙いのカメラ親爺 | トップページ | トヨタ vs. 個人(産婦人科医)の時間外労働を巡る戦い 「社会貢献」で設立された刈谷豊田総合病院時間外勤務賃金民事訴訟→補記あり »