« 小長谷正明『ローマ教皇検死録』中公新書1605 2001年 | トップページ | 全日本フィギュア女子フリー競技開始 »

2011-12-25

【業務連絡】水口拓壽さんが台北孔子廟で挙げた華燭の典が台湾紙で記事になる

まずは、水口拓壽さん、簡秀文さん、ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに。

というわけで、台湾の聯合新聞にこんな記事が。


孔廟首辧儒家婚禮 新郎日本人

台北市孔廟首次舉行儒家婚禮。記者郭安家/攝影

孔廟日本禮生水口拓壽與妻子簡秀文昨天在孔廟完婚。記者郭安家/攝影

【聯合報/記者郭安家/台北報導】
2011.12.25 03:39 am

台北市孔廟昨天破天荒舉行儒家婚禮,在民政局長黄呂錦茹主證婚下,曾在孔廟擔任禮生的日本籍新郎水口拓壽,迎娶台灣美嬌娘簡秀文。未來孔廟也將以此為藍本,開放民衆申請儒家婚禮。
「我愛儒家、中華文化,我愛台灣」,水口拓壽以流利的中文説,未來不只學習儒家文化,還要具體實踐。不過新娘簡秀文直説「好害羞」,因為水口拓壽花了很多時間,才説服她[女也]在孔廟完婚。昨天新郎穿著紅色傳統長袍,新娘鳳冠霞披,在禮生引導下於大成殿行祝告禮。新郎先向孔子上香,兩人歩上大成殿前廣場,雙方家長及證婚人及介紹人都身穿長袍,坐在兩側。

禮生依序在案卓上擺放婚禮聘書、禮書及迎親書,接著新人向孔老夫子上香、獻禮,搭配悠揚的音樂,新人身後16名佾[人+八+月]生也獻上佾[人+八+月]舞,場面隆重莊嚴。

水口拓壽為東京大學博士,他長期鑽研中國思想史與儒家禮樂。水口拓壽在中研院訪問期間,認識當時任職中研院歐美研究所的簡秀文。兩人完婚後,簡秀文就要隨先生到日本定居。

黄呂錦茹説,據考究,70年前、日據時代,台北市孔廟剛由民間人士完工,當時的禮生組組長楊文彬獨排衆議,堅持在孔廟完婚,之後孔廟就不曾辧過婚禮。

黄呂錦茹表示,此次儒家婚禮,有16名佾[人+八+月]生、14名禮生及20名樂生參與,包括服裝、儀式用品在内,共花9萬元,由市府支付。

孔廟執行祕書施淑梨説,孔廟將放為婚禮的場地,婚禮流程可兼具古禮及新人的想法,但經費要由新人支付。

【2011/12/24 聯合報】

写真を見るとわかるけど、儒教式の婚礼だ。

|

« 小長谷正明『ローマ教皇検死録』中公新書1605 2001年 | トップページ | 全日本フィギュア女子フリー競技開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/53566529

この記事へのトラックバック一覧です: 【業務連絡】水口拓壽さんが台北孔子廟で挙げた華燭の典が台湾紙で記事になる:

« 小長谷正明『ローマ教皇検死録』中公新書1605 2001年 | トップページ | 全日本フィギュア女子フリー競技開始 »