« フラグを立ててどうする 石原伸晃自民党幹事長「寝たきりの胃瘻患者はエイリアンみたい」発言 | トップページ | 第46回スーパーボウルはNY Giantsが逆転勝利(その2)NY Giants 40tの紙吹雪舞う"Canyon of Heroes"を凱旋パレード »

2012-02-07

フラグを立ててどうする 石原伸晃自民党幹事長「寝たきりの胃瘻患者はエイリアンみたい」発言(その2)「尊厳重視」と釈明

釈明は当然だと思うけど、そもそも
 言葉の選択にデリカシーが欠如している
ってのが、問題の根本にある。
 石原新党の最終目標は「ノブテル総理誕生」
とかいう話もあるそうだが、まあ、これだけ
 肝心な時に、一番まずい表現を選べる才能を持った父子
も希有で、
 石原総理誕生
は、父子どっちにしても、勘弁して欲しい。

NHKより。


“胃ろう発言”尊厳重視からと釈明

2月7日 20時38分

自民党の石原幹事長は記者会見で、口から食べることができずチューブで胃に栄養を送る「胃ろう」を受けている患者の様子を「エイリアン」に例えたみずからの発言について、「しっかりとセンテンスを見ていただきたい」と述べ、人間の尊厳を重んじる観点からの発言だったと釈明しました。
自民党の石原幹事長は、6日のBS朝日の番組で、「胃ろう」を受けている患者の様子を視察した際の感想として、「意識が全くない人に管を入れて生かしている。何十人も寝ている部屋を見せてもらったとき、何を思ったかというと、『エイリアン』だ」と述べました。
この発言に閣僚や野党の一部から批判が出ていることについて、石原幹事長は7日の記者会見で、「そんなダイレクトな言い方はしていないと思う。間違いだ。しっかりとセンテンスを見ていただきたい」と述べました。
そのうえで石原氏は「私は人間の尊厳を重んじていかなければならないということを絶えず言っていて、私自身も『胃ろう』のようなことは行わないと、夫婦の間で決めている」と述べ、人間の尊厳を重んじる観点からの発言だったと釈明しました。
「胃ろう」を巡っては、回復の見込みがない認知症の終末期の患者にも行うかどうか、学会などで議論が行われています。

医療費削減や終末期医療の延命措置について、きちんと議論したいんだったら、もっと慎重に言葉を選ばないとダメじゃん。
しかし、これが
 50を過ぎたオトナで、元与党だった自民党の現幹事長の発言
なのだから、いろんな意味で恐いぜ。

|

« フラグを立ててどうする 石原伸晃自民党幹事長「寝たきりの胃瘻患者はエイリアンみたい」発言 | トップページ | 第46回スーパーボウルはNY Giantsが逆転勝利(その2)NY Giants 40tの紙吹雪舞う"Canyon of Heroes"を凱旋パレード »

コメント

胃ろうしたら人間の尊厳がないと思っているのかも
しれない言い方はどんなものでしょうか。死生観は
色々で、家族の事情もあるから単純には言えないで
のではないのかな。

投稿: 近藤 | 2012-02-08 22:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/53929211

この記事へのトラックバック一覧です: フラグを立ててどうする 石原伸晃自民党幹事長「寝たきりの胃瘻患者はエイリアンみたい」発言(その2)「尊厳重視」と釈明:

« フラグを立ててどうする 石原伸晃自民党幹事長「寝たきりの胃瘻患者はエイリアンみたい」発言 | トップページ | 第46回スーパーボウルはNY Giantsが逆転勝利(その2)NY Giants 40tの紙吹雪舞う"Canyon of Heroes"を凱旋パレード »