« 東日本大震災 社会調査と称して被災者の傷口に塩を塗る研究者よ、恥を知れ(その4)まだまだ続く「アカデミックの調査と称する被災者への精神的虐待かつ復興への妨害」 | トップページ | 京都市営地下鉄東西線の発車楽曲を京都市交通局が公開している件 »

2012-03-19

喪われる「旧制高校の記憶」

昨日、日文研の鈴木貞美教授の研究班二日目があったのだが、徳島大学の依岡先生のご発表
 「旧制高校はなぜ「アルト・ハイデルベルク」になったのか~「青春」と「郷愁」の概念をめぐって~」
を伺っていろいろ考えた。

京都大学教養部は、平成四年に総合人間学部に改組されて、大学院をもつようになり、大学院は人間・環境学研究科となっているのだが、改組前は少なくとも
 旧制第三高等学校の遺風
が、残っていた。
教養課程は
 語学によるクラス制
で、わたしのクラスは
 L4
すなわち
 文学部フランス語第一外国語クラス
だった。Lは文学部のことで、学部は一文字の略語で表される。たとえば、法学部はJ、経済学部はE、理学部はS、農学部はA、工学部はT、医学部はMで教育学部はPなので薬学部はΦだった。
で、L4なのだが、これは旧制高校の
 文丙
に当たる。他にも
 L3
は文学部ドイツ語第一外国語クラスで、これは旧制高校の
 文乙
ということになる。L1は英語第一ドイツ語第二、L2は英語第一フランス語第二だった。もちろん
 第二外国語に中国語
という場合もあるので、そういう学生は適宜クラスに編入された。
第二外国語でドイツ語・フランス語をやる場合と比べて、L3とL4は第一外国語でコマ数が多い。しかも
 L4はフランス語が週4コマ
と、他の第一外国語より1コマ多かった。初級の初めから
 仏作文がある
というとんでもないカリキュラムで、
 文法ゼロでも仏作文がある
のだった。
 文法・講読・作文・外人実習
という四本立てなのだ。

クラス担任は、フランス語の山田稔先生で、2年間お世話になった。みんな蔭では
 稔ちゃん
と呼んでいた。

L4とかL3というと
 教えて下さる先生方の気合が違った
のは間違いない。文乙・文丙ほどの授業数ではないけれども
 フランス語やドイツ語をたたき込む
という姿勢ははっきりしていた。それに比べると、L1L2の第二外国語は
 お客さん向け
だった。

その当時は、大学に入ると、コンパ解禁という時代だったので、クラスコンパやゼミコンパがよく開かれた。で、
 教養のコンパ
では
 歌う歌
が決まっていた、というか
 学部に上がると歌わない歌
があった。それが
 三高寮歌の「紅萌ゆる」
である。
 教養のコンパの締めは、教官も学生も肩を組んで「紅萌ゆる」を斉唱する
のが、作法であった。最近は
 未成年に飮酒はさせない
のが徹底されてるので、この
 教養のコンパ風景は絶滅
していると思う。

旧制高校の記憶の喪失は、旧制高校出身の教官の退官ももちろんその原因だけれども、
 大学の大綱化

 教養のコンパ絶滅
で、継承の場を喪い、消えて行った。

|

« 東日本大震災 社会調査と称して被災者の傷口に塩を塗る研究者よ、恥を知れ(その4)まだまだ続く「アカデミックの調査と称する被災者への精神的虐待かつ復興への妨害」 | トップページ | 京都市営地下鉄東西線の発車楽曲を京都市交通局が公開している件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/54260929

この記事へのトラックバック一覧です: 喪われる「旧制高校の記憶」:

« 東日本大震災 社会調査と称して被災者の傷口に塩を塗る研究者よ、恥を知れ(その4)まだまだ続く「アカデミックの調査と称する被災者への精神的虐待かつ復興への妨害」 | トップページ | 京都市営地下鉄東西線の発車楽曲を京都市交通局が公開している件 »