« 国は日本を代表する文学作品(本当は全集まで)を責任をもって電子化して世界に公開せよ 青空文庫など個人が入力した電子化テクストについて | トップページ | 寝れば治る »

2013-01-07

西田敏行畏るべし@大河ドラマ

昨日は、久々にパトリシア・コーンウェルにつきあっていたせいで、
 八重の桜第一回
を見逃したのだが、ま、土曜日に再放送あるし。

で、大河スレ【ドラマ/視聴率】綾瀬はるか主演のNHK大河ドラマ「八重の桜」初回視聴率は21.4%★2でこんな書き込みを発見。


19 :名無しさん@恐縮です:2013/01/07(月) 15:22:28.67 ID:8Qp+ZHhg0
問 下記の大河ドラマに出演した俳優の名前を全て正しい人物名に直しなさい
1584 西田敏行、西田敏行に小牧長久手の戦いで敗れる。
1598 西田敏行死去。遺児は後に西田敏行に滅ぼされる
1600 西田敏行、真田昌幸に進軍を阻まれ西田敏行の叱責を受ける
同年 西田敏行、上記にも関らす石田三成を関ヶ原に破る
1603 西田敏行、幕府を開き初代将軍になる
1605 西田敏行、西田敏行に将軍職を譲り、後に駿府城に移る。
1614 西田敏行が西田敏行を「関ヶ原には遅すぎ、大坂には早すぎる!たわけうつけ間抜けーッ!」と怒鳴り付ける。
1716 西田敏行、八代将軍になる
1745 西田敏行、徳川家重に将軍職を譲り、江戸城西の丸に移る。
1868 薩摩藩の西田敏行らと長州藩の西田敏行らが協力して幕府を倒す
1877 西南の役で、長州閥西田敏行総指揮の官軍に西田敏行軍は鎮圧され、城山で自刃。

40 :名無しさん@恐縮です:2013/01/07(月) 15:32:12.68 ID:p4JCkPSy0
>>19
1584 秀吉、徳川家康に小牧長久手の戦いで敗れる。
1598 秀吉死去。遺児(秀頼)は後に家康に滅ぼされる
1600 秀忠、真田昌幸に進軍を阻まれ徳川家康の叱責を受ける
同年 徳川家康、上記にも関らす石田三成を関ヶ原に破る
1603 徳川家康、幕府を開き初代将軍になる
1605 家康、秀忠に将軍職を譲り、後に駿府城に移る。
1614 家康が秀忠を「関ヶ原には遅すぎ、大坂には早すぎる!たわけうつけ間抜けーッ!」と怒鳴り付ける。
1716 紀州出身の吉宗、八代将軍になる
1745 八代将軍吉宗、徳川家重に将軍職を譲り、江戸城西の丸に移る。
1868 薩摩藩の西郷隆盛らと長州藩の桂小五郎らが協力して幕府を倒す


72 :名無しさん@恐縮です:2013/01/07(月) 15:51:13.21 ID:96R9YxeE0
>>19
西田敏行が大河出たのって、

豊臣秀吉  → 「おんな太閤記」
徳川家康  → ?何だっけ?
徳川秀忠  → 「葵三代」
徳川吉宗  → 「八大将軍吉宗」
西郷隆盛  → 「翔ぶがごとく」
桂小五郎  → ?

あと大河じゃないけど「坂の上の雲」出てたね。


91 :名無しさん@恐縮です:2013/01/07(月) 16:05:59.53 ID:2bhni6s00
>>72
wikiより

大河ドラマ(NHK)
新・平家物語(1972年) - 北条義時・横山相模介 役(二役)※初出演の大河ドラマだが、現存映像は総集編後編のワンシーンのみ
国盗り物語(1973年) - 弥八 役
花神(1977年) - 山県狂介 役
おんな太閤記(1981年) - 豊臣秀吉 役
山河燃ゆ(1984年) - 天羽忠 役
武田信玄(1988年) - 山本勘助 役
翔ぶが如く(1990年) - 西郷隆盛 役
八代将軍吉宗(1995年) - 徳川吉宗 役
葵徳川三代(2000年) - 徳川秀忠 役
武蔵 MUSASHI(2003年) - 内山半兵衛 役
功名が辻(2006年) - 徳川家康 役
八重の桜(2013年) - 西郷頼母 役

74 :名無しさん@恐縮です:2013/01/07(月) 15:52:33.82 ID:Pw8rGwns0
>>72
山本勘助 →「武田信玄」

も西田敏行。

19さんの最後の質問への答は
 1877 西南の役で、長州閥山県有朋総指揮の官軍に西郷隆盛軍は鎮圧され、城山で自刃。
だな。
 山県有朋=山県狂介(花神)
 西郷隆盛(翔ぶが如く)
ってことで。

しかし、NHKは西田敏行好きだよね〜。
もちろん
 安心して髷ものの芝居を任せられる俳優さんが減っている
ってのが、背景にある。

|

« 国は日本を代表する文学作品(本当は全集まで)を責任をもって電子化して世界に公開せよ 青空文庫など個人が入力した電子化テクストについて | トップページ | 寝れば治る »

コメント

西田敏行は誰を演じても「西田敏行」でしかないのが、見てて辛い…。

投稿: ADAM | 2013-01-08 01:08

映画をみたあと、まとめてドラマ録画分をみましたが、桂昌院(徳川綱吉の父)役も見事でした。

投稿: 麻酔科医 | 2013-01-08 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/56493367

この記事へのトラックバック一覧です: 西田敏行畏るべし@大河ドラマ:

« 国は日本を代表する文学作品(本当は全集まで)を責任をもって電子化して世界に公開せよ 青空文庫など個人が入力した電子化テクストについて | トップページ | 寝れば治る »