« 西日本に中国から大気汚染物質(PM2.5など)がかなりの濃度で飛来の予測@1/29→1/29-2/3までの間 日本国中に大気汚染物質は飛来拡散 | トップページ | 円安は高止まりしたままの国際的な食料価格を反映して日本の食卓を直撃 貧困層では飢餓や栄養不足もしくはファストフード依存による肥満を引き起こす恐れありとの指摘 »

2013-01-29

産後の精神的不調を治療する 『校注婦人良方』(薛氏医案十六種本)を読む

現在、国内で文献調査中なのだが、最近読んでいるのは
 『校注婦人良方』(薛氏医案十六種本)
である。宋の陳自明(1190?-1270)の産婦人科の医書
 『婦人大全良方』
に、明の薛己(1486?-1558)が注釈と自験例を加えたもので、
 薛己が元のテクストを破壊している
というわけで、書誌学的には評判のよくないものである。てか、薛氏医案って叢書は、半分くらいがその口で
 古人の業績に、薛己やその一族が好き放題に突っ込んだり、自験例を放り込んだり
していて、ま、元になった医書の姿を知るにはよろしくないわけだ。校注以外、残りは薛己一族の書いた医学書だ。薛氏一族の手になる「校注」類の評判の悪さといったら、同じ叢書の中には
 薛己のパパ、薛鎧による銭乙(1035-1117)『小児薬証直訣』の校注本
もあるのだが、清代に
 至薛氏医案本、已為薛氏所乱、不足引証云。
 薛氏医案本に至りては、已に薛氏の乱す所と為り、証を引くに足らず云(とか)。(薛氏医案本の『小児薬証直訣』は、薛氏に本文がめちゃくちゃにされていて、テキストクリティックの役には立たないとか)
と周学海(19-20世紀)に指摘されるありさまだ。香港大学でこの
 薛氏医案本『小児薬証直訣』
を、そんな食わせ物だとは気がつかないで調査した後、どうもヘンなのでいろいろ調べて、事実を知ったときの衝撃は忘れられない。
道理で楊守敬が買わなかったわけだよ。(楊守敬は同じ『小児薬証直訣』でも、ちゃんと遥かにマシな版本の方を購入した)

それはともかく。
『校注婦人良方』を読むと、宋の陳自明の時代にも、明の薛己の時代にも、
 出産後の母親の精神的な不調や精神的な疾病が問題になっている
ことがわかる。21世紀の現在だって
 育児ノイローゼ
で追いつめられる母親がいるけれど、それは何も今に始まったことではないのだ。そして
 母親の精神的な不調あるいは疾病

 何とか治療しようと当時の医師達が努力
していたことも、『校注婦人良方』からは読み取れる。
更に、今読んでいるのは、江戸時代のある医家の蔵書だったものなので、
 一体どの程度舶来書を利用していたか
は、一目瞭然なのだ。中国の書物は白文だから、
 点が切ってあるかどうか
で、どの程度真面目に読んだか、すぐバレてしまう。
で、江戸時代初期のその医師は(同筆だからたぶん一人)
 産後の、精神的に不調だったり、精神的な病を発症した母親達の治療
に心を砕いていたことが分かるのである。
400年前の大阪近郊ののどかな農村でも、
 産後に精神的不調を訴える母親達
は少なくなかったようだ。

|

« 西日本に中国から大気汚染物質(PM2.5など)がかなりの濃度で飛来の予測@1/29→1/29-2/3までの間 日本国中に大気汚染物質は飛来拡散 | トップページ | 円安は高止まりしたままの国際的な食料価格を反映して日本の食卓を直撃 貧困層では飢餓や栄養不足もしくはファストフード依存による肥満を引き起こす恐れありとの指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109312/56650008

この記事へのトラックバック一覧です: 産後の精神的不調を治療する 『校注婦人良方』(薛氏医案十六種本)を読む:

« 西日本に中国から大気汚染物質(PM2.5など)がかなりの濃度で飛来の予測@1/29→1/29-2/3までの間 日本国中に大気汚染物質は飛来拡散 | トップページ | 円安は高止まりしたままの国際的な食料価格を反映して日本の食卓を直撃 貧困層では飢餓や栄養不足もしくはファストフード依存による肥満を引き起こす恐れありとの指摘 »